2017/08/11

三つの太陽

私たちのこの太陽系の太陽(Sol:ゾル、ソル)・霊的な太陽シリウス・そしてコーディネーターとしての天の川銀河セントラルサン(アルシオン、アルシオーネ)。この三つの太陽からガイドしてもらい、支援してもらいましょう。それは私たちの「悟性」として降ろされてきます。個々人の生活面での現象としても降ろされてくるはずです。

「一の法則」(The Law of One)(20.35: 第20セッションの第35パラグラフ)によれば、愛と悟性の密度(領域)が第四密度つまり4Dである、として語られています。

http://www.lawofone.info/results.php?q=4D+understanding

さて、ここで一つ仮定してみましょう:5Dの地球はすでに存在している、と。

そして、独自の函数(思考処理・思考機能)を使って上の仮定をプロセス(処理)します。

すると、いくつかの命題(あくまで推論のたぐいです)が出力されます。以下に箇条書きします。

・プラトンの言うイデアとは5D地球における実在である
・5D地球での出来事が(時間を経て)私たちのこの3D地球に現象として現れる
・3D地球は5D地球によるマネジメントを受けている
・3D地球の個人においても現象は5D地球で出来上がった「鋳型」「青写真」が降ろされる形で生起する
・3D地球の個人においては、真剣に「光」を求めて思考すれば、それは「悟性」となって5Dから降ろされてくる。「悟性」とは、「ノウイング」「分かる・理解する」ということ
・さらに、3D地球の個人においては、「光」が強いほど、5Dにある「知性」を直知・直覚する確率が高まる

他にもまだまだありますが、割愛しますね。

5Dにおいては、「知性」が無限に広がっていると思っています。5Dの特徴は「光」と「知性」、「無限」ではないか、とみています。さらには光に対称的に対置されているのが「愛」である、と。そのようにみています。ですが上に示した「一の法則」では愛とは4Dの性質であるというニュアンスが伝えられています。どうなんでしょうか。

光と愛と。愛と光と。光=知性・情報・有・男性性。愛=?

0 コメント:

コメントを投稿