2017/04/04

フルフォード英文レポート 2017.04.03.Mo.

US and Japan are close to civil war as Rockefeller death leaves power vacuum



ロックフェラーの死が権力に真空状態をもたらし、アメリカと日本が内戦に近い!
デービッド・ロックフェラーの死がもたらした権力の真空状態は、if not diffused、アメリカと日本において内戦へと繋がってゆくだろう、とCIA・ペンタゴン・日本の軍事情報機関ソースは述べる。 状況は、アメリカ軍がCIA・連邦準備制度理事会の使い走り政治屋と雇われ泥棒たちと戦うためにワシントンDCへと行進する・すべきポイントに達した、とソース(複数)は述べる。

一方、日本では東京において傀儡政府の界隈を拠点としたアメリカにコントロールされた勢力と、大阪エリアで最も強い(影響力を持つ)国民主義的で、さらに北朝鮮と繋がりのある勢力との間の不和が生じている状況である、と日本の軍事情報機関ソースは述べる。

日本の今上天皇明仁の事実上の譲位は、日本の王座をめぐる権力抗争を作り出した。と、皇室に近いソースは述べる。 明仁が(昭和天皇)ヒロヒトの本当の息子ではなく、デービッド・ロックフェラーの代理人であったという暴露・発覚(en:revelations)が日本の右翼ブロックを大混乱に陥れているという。 これが理由となって、皇位継承をめぐって皇太子ナルヒトを推すグループが一方にあり、片や他の派閥は、外国に影響されつつ明治時代以降(日本を)支配してきた皇室に変わるものを推している状況で、戦いが激化している。とソースは述べる。 京都に拠点を持つヤタガラス秘密結社は、日蓮宗派閥や台湾人ならびに北朝鮮人と並んで、根本的な変化をプッシュしている。と彼らは述べる。 彼らが推す候補の一人は小野寺Naoshiである。この人物は皇位への対抗主張者(en:rival claimant; 同じように皇位を主張する者)である。とソースは付け加える。

https://kauilapele.wordpress.com/2012/03/19/benjamin-fulford-3-20-12-rival-emperor-stakes-claim-to-japanese-throne-shows-evidence-he-is-the-real-deal-the-10-commandments-were-given-to-his-ancestors-by-celestial-beings/

現在の皇室の背後にいる東京のエスタブリッシュメントは、皇太子ナルヒトについても心配事がある。とソースは述べる。 彼の妻=雅子妃殿下は創価学会の宗派のメンバーである。この理由で、日本において天皇の必須の仕事の一部である神道(関連)のセレモニーに彼女が参加を拒否しているのである。と彼らは述べる。 雅子はまた小和田ヒサシ(漢字:恒;(おそらく))の娘である。小和田はロックフェラーの親友である。と、彼らは注意を促す。 だが、もしナルヒト自身が彼の方でちゃんと様々な神道(関連)のセレモニーを実行すると約束するならば、現在のエスタブリッシュメントはナルヒトと協調する意思がある。と彼らは述べる。 さもなければ彼らは現在の支配家族の中から継承者を探す。おそらくは皇太子フミヒトであり、フミヒトには息子がいる、(つまり)相続人がいる。と彼らは述べる。

現在の皇室家族を権力の座に留めようとプッシュしているグループはまた、問題となるのは機関であって実際の血脈ではない、と主張している。

日本の政治家小沢一郎は、彼としては、アジア中を訪問しており、ヘンリー・キッシンジャーが彼に油を塗ったと主張し、そしてナルヒトが皇位を取得すれば、彼のコントロールのもとでマレーシア・北朝鮮・韓国そして日本を単一の国へと統合すると主張している。と、日本の右翼筋は述べる。 小沢と日本の旧エスタブリッシュメントの奴隷政治家らが見落としているのは、キッシンジャーにすでに権力はなく、彼らは皆、歴史のゴミ箱行きとなる運命にあるということだ。

北朝鮮の独裁者(en:strongman)金正恩は、状況に対してとても怖気付いており、常にアンフェタミンでハイになっている状態で、毎夜、アメリカのドローンによって消されるのを心配して寝る場所を変えている。と、日本の軍事情報機関筋は述べる。

一方、伝統主義者は、西洋の帝国主義者が日本を19世紀以降秘密の植民地へと変えたその前のかつての状況へと戻す必要があると述べる。 彼らはこの地域のための、西洋の影響のない完全な独立を欲している。とアジアの秘密結社ソースは述べる。 これはCIAやアメリカ軍部が受け入れる可能性のないものである。
何れにしても、日本の皇室をめぐる秘密の戦いは世界規模で波及する。 明らかに、現存する金融システムの頂点には最古の王統 - 日本の王統なのだが - が新しいマネーの創造を許可する最終的な印章のコントロールを有している。と、皇室ソースは述べる。

デービッド・ロックフェラーと皇室の代理人がいなくなった今、ロックフェラーによって主宰されていた戦後秩序の崩壊に伴って、カオスが、前アメリカ大統領バラク・オバマが米軍警察によって逮捕されるというところにまで達した。とペンタゴンと日本MI(=軍事情報機関)筋は述べる。 オバマのいわゆるブラック・ハウスまたは反トランプ本部もまた火がついた、とソースは述べる。 オバマは逮捕されてからはCIAの麻薬取り扱い派閥の彼のボスたちの名前を言い出している。とソースは述べる。 その結果、アフガニスタンのヘロインと北朝鮮のアンフェタミンを乗せた飛行機がSt.ビンセントのアーガイル国際空港とカリブのGrenadines(の国際空港)で押収された。と、ソースは述べる。 この薬物飛行から調達された資金は、Daesh(以前はISISと呼ばれていた)の事業資金調達に使用されることが意図されていたという。 この押収は、4.2トンのコカインを乗せたオバマと繋がりのある船の捕獲に続くものである、とソースは指摘する。

http://www.whatdoesitmean.com/index2262.htm

オバマの拘留以来、当局はアメリカへの麻薬輸送を体系的にインターセプトしている。 先週16トンのコカインが押収され、主要なヘロインリングが破棄された。

http://www.foxnews.com/us/2017/03/31/drug-seizure-bonanza-newest-coast-guard-cutter-has-banner-week-busts.html

http://abc7ny.com/news/mugshots-nypd-busts-massive-drug-ring-involving-new-fentanyl/1824452/

オバマにより提供された、麻薬資金によって工面されたダーイシュ(Daesh)傭兵軍についての情報はアメリカ軍の、イエメン、ソマリア、ナイジェリア、リビアでの米軍のダーイシュに対する作戦(actions)へと繋がった。と、ペンタゴン筋は述べる。

世界自閉症デーを讃えるツイートと共に、ドナルド・トランプは製薬会社に対して行動を起こす用意があることを示したようだ。 彼の息子バロンは汚染されたワクチンを接種して自閉症になってしまったという噂がある。

アメリカ政府はまた、トランプをしてAIPACロビーの三月年次会合をボイコットすることでハザールとの休憩を(・決別を; en:break with Khazarians)サインとして送っている。と、ペンタゴン筋は述べる。
ロスチャイルド・ハザール派閥は、ロンドン証券取引所とドイツ証券取引所との合併がEUによって拒否されたので大きな敗北を喫した、とペンタゴン筋は述べる。

ロスチャイルドとロックフェラー・プラス・ブッシュ/クリントン権力のこの敗北は、現在の米ドル/ユーロ/日本円の西側金融システムの頂点のコントロールが危機にさらされていることを意味する。 理論的には、適切な担当者と、現在の西側金融システム下の新しい(日本の)皇帝・天皇のもと、新時代をファイナンスするための何兆・何京ものドルの発行を承認できる。と複数のソースは合意・賛成する。

この古代のシステムをサポートする世界ネットワークを有するフリーメーソンたちは、3月25日、イエズス会とバチカンと関連のあるCSISのラルフ・コーサ(もしくはコーザ)(Ralph Cosa)をグランドマスターとして選出した。と、日本皇室筋は述べる。

https://www.csis.org/people/ralph-cossa

コーサが何を計画しているかは不明だが、彼にコンタクトを試み、読者のためにより多くを理解しようと私たちは試みるつもりだ。 私たちは、それが世界平和であり黄金時代の始まりであると推測している。

言うまでもなく、現在の金融システムについて世界中のより多くの人々が認識するようになった今、人々は金融システムが現代化され、より透明で民主的な制御の下に置かれる米ではないのか、と不思議に思っている。 金融システムはこの惑星の本当の力の源泉なので、そのコントロールをめぐる戦いは本質的に惑星地球のコントロールをめぐる戦いであり、その生きとし生ける生命と未来をめぐる戦いである。

アメリカ軍とドナルド・トランプに集まるアメリカ人は連邦準備制度理事会を国有化して、それを民主的に選出された役人のコントロール下に置くことを望んでいる。

しかし、アメリカは破産しているため、もしトランプ政権がアメリカをファイナンスしている人々(主に中国と日本)に相談することなくFRBを国有化してしまうと、最悪の場合、アメリカの貿易が停止し、世界中に展開されたアメリカ軍の給与支払いが終わってしまうという事態につながる。 これは、次々と戦争へと繋がり、人類の90%の死滅、北半球の破壊へとつながるだろう。

こういうわけで、今週ドナルド・トランプと中国の書記長(President)習近平との間で開かれる首脳会談にはものすごいことが懸かっているのである。

ペンタゴン筋は述べる:「トランプは首脳会談に先立って、義理の息子Jared Kushnerが、彼(=Jared)をして中国の資産=所有物となってしまうのではないかという国家安全上の懸念から、Jaredが中国の保険業者Anbangとの4億ドルの取引を握りつぶすことを強要されたのを受けて『翼をもがれた』。」

中国の秘密結社筋は認める:中国人はヒラリー・クリントンに彼女の大統領選出のために大金を投資し、選挙で彼女が破れたことに失望していた。だから、おそらく、彼らは今トランプ政権内の贔屓を買うことで(訳注:誤訳の可能性があります en: by buying the good graces; good gracesの訳出困難のため)追いつこうとしているようだ、と。 この目的のために、中国の産業家は、トランプ政権との関係を向上するために、中国人はアメリカにおける多くの製造拠点の建設をオファーする予定である、と述べた。

いずれにせよ、ロシアのキリル大司教、エリザベス女王、フランシス法王、トランプの人々はアジアの長老とともに、戦後体制の根本的改善の機会を得た。 これは、サタンを崇拝するハザールマフィアのテロリスト的で虐殺的な活動を永遠に終わらせることを可能にするはずだ。 さらに、合意が成立すれば、京単位とは言わないまでも何兆ものドル(人民元など)が、貧困を終わらせ、環境破壊を止め、自然と調和して人類が宇宙へと指数的に展開してゆくために作られ得る。



それを望む者すべてに利用可能な不死を可能にするための大規模な投資も作られ得る。 私たちは、平和の黄金時代のための合意が達成されれば、この地球を文字どおり天国へと変えることができるのだ。
-->

***
翻訳 monadic photonoid
Powered by all assisted/created engine
Victory of the Light!
***

0 コメント:

コメントを投稿