ピタゴラス派イルミナティ

西洋の正統なイルミナティについて情報発信しています

地政学と宇宙情報

世界情勢を宇宙レベルで把握すべく情報発信します

チームメイト募集中

政治家を天職としたいと想っている方、連絡してください。チームで動きましょう。

2017/03/31

フルフォード英文レポート 2017.03.27.Mo


ソース:http://benjaminfulford.net/2017/03/27/immortality-and-exponential-expansion-into-the-universe-will-come-after-final-cabal-defeat/

Immortality and exponential expansion into the universe will come after final cabal defeat


不死ならびに宇宙への指数的な広がり・展開は、カバールの最終的な敗北ののちにやって来る



誰かが先週私のコンピューターをハッキングした。コンピューターを起動するとすぐに下のリンクのビデオが再生されるように。 この映像が主張するのは、NSAのような、アメリカ合衆国(US)の情報機関にいる多くの人々が主張するように、破壊されるブラック・ナイト・衛星(Black [K]night Satellite)である。このブラック・ナイト・衛星は、人類が惑星地球から発つこと(訳注:宇宙へ飛び出すこと、と同義)を阻んできた。

https://www.youtube.com/watch?v=Ge_oAywLRWE&feature=youtu.be

このニュースはNASAによるアナウンスと同時に起こった。そのアナウンスは、年齢退行(アンチエイジング)をもたらす錠剤(=訳註:広義に「薬」)ならびに、新しく発見された地球に似た惑星(複数)を私たちが訪問することを可能にする超光速テクノロジーについてのものであった。

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-4343142/Human-trials-age-reversing-pill-start-six-months.html

http://www.sciencetimes.com/articles/9507/20170228/nasa-researches-on-how-to-travel-faster-than-light-after-discovering-trappist-1.htm

CIA筋によると、フリーエネルギー技術と既存のアンチエイジング技術をリリースする秘密の大統領令が与えられたという。

今では、不死や宇宙への指数的な広がり・展開というこの未来から人類を妨げている唯一のことは、連邦準備制度理事会や日本銀行、欧州中央銀行、BISで金融コンピュータのコントロールに執着する少数の人々である。 無制限の資金の発行を許可して、人類が翼を広げて飛ぶことを可能にするためにはこれらのコンピュータを物理的に押収する必要がある。

新時代のための財政的支援を妨げていると法的に特定された個人は、連邦準備制度理事会のジャネット・イエレン、ECBのマリオ・ドラギ、日本銀行の黒田晴彦、BISのアグスティン・Carstinsである。 特別部隊は、これらの個人を逮捕し、惑星地球のための資金の開放を確実にするために、中央銀行のコンピュータセンターを直ちに(訳註:en:ASAP; なるべく早く、という原意)占有する必要がある。

これらコンピュータとそれらを支配している寄生虫が除去されれば、単に兆ではなく実際1000兆単位のドルが貧困や環境破壊を終わらせるために、また不死と宇宙への無制限な展開・進出の研究を融通するためにリリースされ得ると複数の多様な慈善団体ソースは述べる。

中央銀行が監督するこれらのバビロニア的な債務奴隷制度のコントローラーたちとの戦いは、最終的勝利に向けて継続している。 バラク・オバマ前米国大統領は公の場から姿を消したが、おそらく尋問を受けている。 また、ビル&ヒラリー・クリントンの長年の仲間であったヴィンセント・フォスターが先週発掘され、後頭部に2つの銃弾穴があるのが見つかった。つまり、死因が自殺から殺人に変わったということ。 この発見はクリントン夫妻の殺人罪での訴追へとつながるとペンタゴンとCIAソースは述べる。

http://newsfeedhunter.com/autopsy-results-from-vince-fosters-exhumed-body-cause-of-death-to-be-changed/

大カフナ、デービッド・ロックフェラーの死も、先週、家族によって公式に発表された。 ロックフェラーは数ヶ月の間南極の基地で植物昏睡状態にあった。家族が諦め、彼はもう私たちと共にはいないと公表した。そうCIA筋は言う。

筆者が日本の当局から西側のエリートによる、90%の人類を病気、飢餓、核戦争で殺すという計画を始めて聞いた時、ロックフェラーがビルダーバーググループ、外交問題評議会、三極委員会や西側の他の権力ブローカーの長(ヘッド)として座っていることを示す文書を彼ら日本の当局から手渡された。 したがって、彼はこの恐ろしい計画の創始者としての主な容疑者だった。

しかし、私がロックフェラー氏に実際に会った時、心の深いところでこの男は自分は惑星にとって良いことをしていると思っているのだと、私はそんな印象を持った。 予定されている真実と和解の研究者/捜査員たちが答えねばならない質問は、自然と調和した統一された地球という彼のヴィジョンがいかにして悪夢のような殺戮計画へと変貌してしまったのか、ということ。
ロックフェラーで始まった法廷の軌跡は

ジョージ・ブッシュ・シニアとそのハザールマフィアのナチ派閥へと続いた。 この人たちは911と2001年のナチによるアメリカ乗っ取りに関連している人々であった。 そこから軌跡はイタリアのP2ロッジと黒い太陽の崇拝者へと続いた。

それ以来、白龍会、ペンタゴン、機関としてのホワイトハットとアジアの同盟者は、古い西側権力構造のトップランクに位置する人間たちを体系的に解体してきた。 それは2013年にはMaledict法王の辞任に始まり、その年のオランダのベアトリクス女王、カタールのSheik Al Thani、ベルギー王アルバート2世の譲位があり、2014年のスペインの王フアン・カルロスの譲位へと続いた。 その後、クリントン/ブッシュ派閥はアメリカで権力を失い今では自らの犯罪を捜査されている。 今や、日本の天皇が譲位を公表し、彼の秘密のコントローラーことデービッド・ロックフェラーは死んだ。 英国エリザベス女王とスウェーデンのカール・グスタフ王は王位にとどまっているが、それは彼らが殺戮計画の一部ではなかったから、とCIAソースは述べる。

これらハイレベルの人たちの譲位や権力の喪失は今、これまでは隠されていた世界の権力階層が明るみになってきた。 Japanese imperial family sources point to the mysterious Cabot family in Switzerland (the controllers of North Korea’s Kim Jong Un among other things) and their high ranking bagmen with names like Eisenberg and Rosenberg.

惑星地球を解放するための戦いは、as hold-outs of the New World Order struggle to remain relevant(であるため=asに相当か?)、アメリカと日本でもっとも熾烈を極める。

日本では、韓国と日本に対するカバールによる支配を継続を確実にするためにヘンリー・キッシンジャーが政治家小沢一郎に命令を与え続けている。と、皇室ソースは述べる。 小沢は、彼とキッシンジャーが現在300人委員会のヘッドであると人々(; people here)に伝えている。 不幸なことだが、権力構造の中にいるいく人かはまだ彼のことを信じている。 しかし、真実としては、今や彼らは浪人であり、目的なくさまよう、主人なきサムライなのだ。
首相安倍晋三と日本の財相麻生太郎は、彼らとしては、権力から取り除かれる寸前である。というのもブッシュ/クリントンというボスがアメリカでの権力を失ったからだ。 安倍は先週ヨーロッパへ赴き法王に会おうとしたが謁見を拒否された。つまり彼が権力を握っている日数は数えるほどでしかない。

日本の財務官僚の類いの人々は次期首相として麻生をおしているが、彼は日本軍部と警察に嫌悪されている。なぜなら彼は賄賂を受け取り、その引き換えにフランスのロスチャイルドという主人に日本の水資源を売ろうとしているから。

イエズス会が運営するCSISは麻生を権力の座に就けようと試みているが、それは日本がその秘密資金を通じての重要な貨幣機(マネーマシン)になっているからだ。 日本の政府の2017年における公式予算は97.45兆円である。 対照的にその秘密予算は250兆円以上である。 この予算はガソリン、アルコール、タバコに掛かる税金を源泉としており、これらは議会による精査の対象とならない収入(歳入)を生み出す。 その250兆円のうち200兆(約2兆ドル)は「アメリカ人にわたり」、50兆は財務大臣に行く。と、皇室ソースは述べる。 ヘンリー・キッシンジャー率いる日本におけるCSISの人々は、彼らのボスであるデービッド・ロックフェラーが他界した今、何としてもこの秘密の日本の予算の流れを保全しようと望んでいる。と、ソース(複数)は述べる。 アメリカ軍部のホワイトハットはキッシンジャーその他を止めるべきだ。そしてこの収入の流れをより恩恵的な目標へと方向を変えるべきである。

誰がCSISの背後にいようと、その存在はFBIの長ジェームズ・Comeyと副大統領マイケル・ペンスの、ドナルド・トランプを追い出そうとする秘密の努力の背後にいる。と、CIAソースは述べる。 どうやら、バラク・オバマがドナルド・トランプが大統領としての選挙活動を展開している時に(en; when he was running for president)違法にトランプを盗み聞きしていたのはComeyだったようである。

https://subjectpolitics.com/trump-just-won-doj-lawyer-just-leaked-james-comeys-worst-nightmare-live-tv

https://www.rt.com/usa/382236-nunes-committee-trump-russia

アメリカ大統領ドナルド・トランプがコントローラー達に対する戦いにおいてin way over his headであるという気障りなサイン(きざし)もある。

このことは、アメリカの医師たちとアメリカ人に対する寄生的な支配を確立した犯罪ギャングへの対処にどう見ても完全に失敗したヘルスケア改革を(法律として)通過させようとした彼の敗北に終わった試みに看て取れる。 以下のリンク先にあるグラフは、赤字で、この人々がいかにアメリカ人の血液とも言えるようなお金を吸血しているかを示すものである。

http://www.zerohedge.com/news/2017-02-21/over-regulation-has-criminalized-practice-medicine

米国医師会本部への強制捜査と製薬会社の取締役たちの大量逮捕を見るまでは、アメリカのヘルスケアの費用は上がり続けるのみであり、一方でアメリカ人の健康と寿命は下降を続けるであろう。

アメリカ軍部とホワイトハットは、今日、アメリカの外部でより良い仕事をしている。 ペンタゴンソースは述べる。 Daeshに対する彼らの戦争は、トルコ、サウジアラビア、湾岸協力評議会などのDaeshスポンサー国発の飛行機でラップトップを禁止することにより先週新たな財務面での局面を迎えたという。

イスラエル人は、彼らとしては、複数の前線で深刻な脅威にさらされているため、偽のムスリム・ダーイシュ(Daesh)軍のレバノンへの撤退を余儀なくされている。と、モサドソースは述べる。 また、イスラエルは先週、アメリカのユダヤ人コミュニティのセンターへの偽の爆弾による脅し(fake bomb threats)の源泉として特定されて恥をかいた。と、ペンタゴンソースは述べる。

ウクライナのハザリアンナチスはまた、弾薬の集積場で核兵器が発射された時、それが大規模な爆発を伴い、結果彼らから重要な武器供給(源)を奪こととなったのだが、これにより大きな打撃が加えられた。と、ソース(複数)は述べる。 爆発の動画は以下のリンクで観れる。

http://www.veteranstoday.com/2017/03/25/exclusive-nuclear-explosion-in-ukriane/

ペンタゴン筋は今では、惑星地球のための戦いの最終局面を7月あたりには迎えることを期待している、と述べる。 「[中国の主席(President)]習[近平]とトランプの4月サミットで、予定ではトランプと[ロシア大統領ウラジーミル]プーチンとの7月サミットをご用立てすることになっていて、その目的は、シリアとウクライナの紛争を終わらせて、イスラエルにおいて二国解決を強要することであり、それによって世界的な通貨リセットが起き得るようにすることだ。」とペンタゴン筋は述べる。





***
翻訳 Rintaro
Powered by all created/assisted engine
Victory of the Light !
***


2017/03/20

フルフォード英文レポート 2017.03.20.Mo

Rothschilds surrender US Corporation bankrupt USA Republic accepts shared human destiny


出典:http://benjaminfulford.net/2017/03/20/rothschilds-surrender-us-corporation-bankrupt-usa-republic-accepts-shared-human-destiny/

ロスチャイルド家の降伏、株式会社アメリカの破産、アメリカ共和国が人類共通の運命について認める


先週全ての前線でサタン崇拝のカバールが壊滅的な敗北に苦しんだ、と複数の情報源が合意する。中でも大きなニュースは先週のアメリカ大統領ドナルド・トランプによるアナウンスだ。1861年に設立されたカバール運営下にある株式会社アメリカが1776年に設立された共和国アメリカ合州国によって置き換わったという発表だ。詳しくはここで確認できる。

http://alcuinbramerton.blogspot.jp

3月15日に上限に達する20兆ドルの米国債務残高によって合州国の政府機能が閉鎖されるという話があったが、それが現実化しなかったのは、上に示したことが理由となっている。負債・借金は株式会社・コーポレーションに所属するものであり共和国に所属するものではない。(アメリカという)株式会社・ザ・コーポレーションは倒産したのだと宣言され、負債は空っぽである。複数の情報源が合意する。この理由は以下に示される。株式会社合州国の国務長官とコーポレーションの奴隷であり筆頭株主であるデービッド・ロックフェラーJrとレックス・ティラーソンが先週アジアに居てコーポレーションへの資金提供を得る努力をしたが水泡に帰した。これが理由。アジアの秘密結社ソースは述べる。

日本皇室の情報源が言うには、ロックフェラーのカバン持ちことヘンリー・キッシンジャーがレックス・ティラーソンと一緒に現れて、皇室を脅したが無駄に終わった。偽の4京円(40兆ドル)相当の世界銀行の債券を現金化しようとして、それで合衆国株式会社を延命し、さらには彼らの使用人である小沢一郎を日本の首相に据え置こう、という魂胆であった。小沢は日本の政府界隈では嫌悪されている。だから首相の座に近い地位にすら就くということはまずない。だからその要求は拒否された。日本の右翼筋はそう述べる。

だが、アメリカの軍部は安倍首相と財務大臣麻生太郎を引き摺り下ろすことに躍起だ。この二人は取引に立ちはだかった。そしてアメリカ軍部は国際活動を維持するために資金が必要なのだ。だから、彼らが日本のメディアに安倍スキャンダルを大量に流しているのである。安倍は中国と戦争を開始したがっている極右派閥の代表であるので、スキャンダルは汚れた代物でもある。そして安倍はおそらく取り除かれるだろう。

安倍の後任を誰にするかについての議論が継続している。白龍会としては東国原英夫を推している。彼は比較的クリーンで能力もある。一時的な総理大臣に据えれば日本の官僚機構と他の権力のブローカーたちのコンセンサスを代弁・代表・代理することが期待される。アジアの秘密結社ソースが彼らなりに言うには、安倍の代わりとなる存在はおらず、安倍は新しい原稿を渡されてそれを読むべきだ、という。議論は継続中だ。

新しい黄金時代を記録するために西洋をベースとしたグレゴリオ暦に代わる暦の体系が予備的な議論としてテーマになっている。これが意味するのは、新しい世界カレンダーの下で暦の上での年がゼロにリセットされるということ。この暦システムは太陽と月の両方の動きに基づいたものとなる。エキスパートからなる委員会が詳細について協議し詰める。

ロスチャイルド家とロックフェラー家は自らの破産を未然に防ぐ為北朝鮮を乗っ取った。北朝鮮は貴金属の宝庫であり、地下資源の宝庫でもある。これらの宝物は朝鮮のPaektu山の付近にある。と、アジアの秘密結社ソースは言う。

今となって確証できることがある。ロスチャイルド家のフランス分家がKim Yong Namの最近のマレーシアでの偽の暗殺劇を自作自演して、それで金ジョンウンの評判を落として彼を権力から取り除くことを目的としていた、ということを。彼らはジョンウンの代わりにKim Yong Namの偽の長男(Kim Han Sol)を据えることを意図していた。この長男が朝鮮の王座に対する正当な後継者であるとして提示されることを彼らは期待した。アジアの秘密結社はこれごときには微塵も騙されることはなかった。そして彼らは、失敗に終わった暗殺計画はCIAではなくてロスチャイルドが裏にいたのだと教えられた。と、白龍会ソースは述べる。

レックス・ティラーソンも彼の役割を果たしつつ彼の主人たるロックフェラーの代わりに、先週軍事力で北朝鮮を占領・掌握するという脅しを公の場でかけてみせた。「レックスは好きな時に好きなだけロッキー(=ロックフェラー)のために吠えれば良い。だが朝鮮半島での戦争は許されない」という言葉はペンタゴンがこの件について言わねばならなかったこと。

しかしながら、ペンタゴンを占拠しているサタン崇拝者たちを陥落させるという目的のために、中東地域では戦争が起きているかもしれない。

イスラエルをして平和を作り出させるために、アメリカのトップ将軍ジョゼフ・ダンフォードが先週ヨルダンの王ことアブドゥラ二世と面会した。その目的は反イスラエル同盟を強固に・不動のものにするためである。と、ペンタゴン筋は述べる。その結果「イスラエルは今やシリア、レバノン、ヒズボラ、エジプト、ヨルダン、イラク、イラン、トルコからなる軍事連合に囲まれている。そしてBig 3 (中国、アメリカ、ロシア)がイスラエルが平和を作り出すよう強制している。」とソースは述べる。

この事態に直面したサタン崇拝者ことベニヤミン・ネタニヤフ=イスラエル首相は3月19日に中国へ飛び、トップの習近平にプロテクションを求めた。ペンタゴン・ソースは次のように予言・予想する:「ビビ(=ベニヤミン)は習からは何も受け取らないだろう。習はきっとイスラエルによるシリア攻撃を止めるよう要求するだろう。ゴラン高原の返還とパレスチナにおける二国両立という解決策、そしてISISが敗北することを要求するだろう。そうすれば中国は中東を再建し、ユーラシアの融合・合体を促進できる。」

日本とインドネシアの両国で庇護を得ることに失敗したサウジ王家は今中国にいてプロテクションを求めている。WDSソースが述べる。日本では明らかに偽の「サルマン王」がTVカメラの前でパレードをしている姿が映った。彼の姿は実際の王よりもものすごく若く、そして本当の王のようには老齢ではなかった。これが意味するもの。それは本当の王は死に、アメリカナイズされたムハンマド・ビン・Nayef王子が今、サウジアラビアの王であるということだ。

サウジの王子ビン・サルマンが先週ワシントンに飛んで行ってドナルド・トランプのプロテクションを求めた理由はこれで説明がつく。プロテクションは拒否された、とペンタゴン・ソースは述べる。トランプはサルマンからの賄賂を拒否した。この賄賂の目的は「911反サウジ・テロ法」をサルマンに実施しないよう働きかけることであった。ビル・ゲイツと孫正義がサルマンの代理人であるかのように振る舞い、1000億ドルの投資ファンドというオファーをサルマンに提供していたという事実をトランプはキャッチしたようだ。彼らペンタゴン・ソースは述べる。

先週、ドイツ首相アンゲラ・メルケルからの賄賂もトランプは拒否した。その賄賂はジョン・マケインやヒラリー・クリントンといったロスチャイルドの使用人たちを追求しないようにするのが目的であった。と、ソースは続ける。これが、公の場でトランプがメルケルとの握手を拒否したことの裏にある事情だ。

ペンタゴン・ソースは次のように述べる:「フランスや特別部隊、そして潜入CIAに働きかけて、オバマ[原註:ロスチャイルドのもう一人の使用人]をタヒチから引き渡してもらって麻薬、盗聴、扇動、その他の課目に直面させる圧力がかかるかもしれない。」

CIAソースは彼らなりに次のように述べる。アンソニー・Weinerと他の小児性愛犯罪者らは「カナリアのように鳴いており」西側の権力構造のトップにおける、高ランクに位置する小児性愛者や関連する多くの脅迫状についての証拠をFBIに提供している。

トランプ政権は決意している。南米の不法麻薬産業を終わりにすることを。だからこうした理由でアメリカの湾岸警備隊が「予算切り下げを免れて、それどころかもっと多くのお金、海軍、情報機関と軍部のアシストを与えられるかもしれない。それでもって仏所のコロンビアとメキシコの犯罪カルテルを一掃するために。」とソースは述べる。

麻薬のマネーロンダリングを止めるための努力が報われてきているという証拠もある。アメリカの金融産業のソースが言うには、南米のドラッグ・バロンら(=麻薬の重鎮的なニュアンス;訳註)は彼らの麻薬マネーでイラク・ディナールを買ってそれでロンダリングをしていたし今もしている。だがクリントン/ブッシュ派閥が選挙に敗れて以降、これらディナールが使用可能な通貨になることは決してありえない。とのことである。

アジアの秘密結社とWDSソースが合意するのは、「麻薬戦争」に費やした何年もの努力が結局、年間2〜3兆ドルの不法な麻薬ビジネスを根絶することには決して繋がらなかった。そして長期解決策としては麻薬物質の合法化と規制であり、それで被害を最小限にとどめ、お金を犯罪ギャングの手に渡らないようにすることである。ということ。この目的に向けたトップ・シークレットな協議・交渉が継続している、とこのソースは述べる。

西側権力が米ドルシステムのコントロールを手渡すことを拒否しているため、このシステムが徐々に「4または5つの」鍵となる通貨を基にしたシステムによって置き換えることを期待している、とアジアの秘密結社ソースは述べる。

同時に一方で、共和国アメリカ合衆国は中国の「共通の運命を持つ人間共同体」という概念をサポートすることに賛成した。この中国のアイデアは先週の国連常任理事会で満場一致で可決した。

http://news.xinhuanet.com/english/2017-03/18/c_136139045.htm

世界をより相互接続するような大規模インフラの惑星地球という計画を推し進めるための青信号を中国は与えられた。この一環・パーツとして、共和国アメリカはアフリカや中東といった地域での軍事活動への支援を全部ストップする計画があり、これで中国のインフラ作戦を妨害する目的を持っている、とペンタゴン・ソースは述べる。

西側の権力のセンターは、WDSの提案を受け入れ始めた。その提案とは西側未来計画局を設立して世界の生活水準を高めるプロジェクトを組織したり、生態系を回復・向上させるといった提案だ。大洋を再び魚で満たしたり、雨林の回復、砂漠や北極を緑に変えること、そして宇宙へと展開していくこと…こうしたことをこれは意味している。願わくば、近いうちにこのエフェクトについてのアナウンスがあり、それを可能にするほどの大量の資金の開放がこれに続くことを!

翻訳 : Rintaro

2017/03/14

フルフォード英文レポート 2017/03/13 (月)



出典:http://benjaminfulford.net/2017/03/13/world-freemasons-gather-in-tokyo-to-select-new-leader-and-golden-age-dawns/

World Freemasons gather in Tokyo to select new leader and golden age dawns

新しいリーダーを決めるために東京に集結する世界のフリーメーソンたちと黄金時代の夜明け

日本の軍部情報機関によれば、世界規模の新しいグランドマスターを決定するために今週と来週、東京に世界のフリーメーソンたちが集結する。同情報源によれば、この会合は今週始まり、東京タワーに近いフリーメーソンの地下施設で行われる。そして3月25日、サンノ・ホテルにて、指導者を最終決定する。フリーメーソンの長期目標であった善なる世界政府の設立が完成に近づいたのでこの会合が催されるのだ、と情報源は続ける。

また複数のソース(=情報源)によると、3月15日に何かイベントが計画されているという。15日、つまり3月の"Ides"(訳注:Idesはアイズと読む。この日は古代ローマ時代にカエサルが殺された日でもある。転じて不吉な事を予感させる日である。NONES後の8日目。NONESとは古代ローマ史においては3、5、7、10月の7日を表す。NONESの語源はラテン語の"nonus"であり、idesを含む日から9日前を意味する)だ。この日はジュリアス・シーザー(=カエサル)が暗殺された日。またアメリカ政府の債務上限に達する日でもある。アジアの秘密結社は3月19日に重きを置いている。この日は明王朝最後の皇帝が死んだ日である(また、筆者の誕生日でもある)。何が起きるかの特定は難しいが複数のソースの一致した合意としては、3月後半に数多くの世界の変化が見られることは明らかだということ。

さまざまな権力の中枢がきたる世界連邦での確固たる地位のために策動しているため、世界中がものすごい緊張に包まれている。と、さまざまなソースが同意する。

統一された朝鮮(United Korea)の王座をめぐって日本と朝鮮半島ではその緊張が特に高くなっている、と日本の軍事情報機関筋は述べる。中国の情報機関筋によると、ロスチャイルドと中国は、かつての最高指導者キム・ジョンイルの長男であるキム・ジョンナムの長男であるところのキム・ハンソルを王座に着けたがっているとのことだ。こうしたわけで、これが日本においてロスチャイルドの傀儡政治家たちが北朝鮮への先制攻撃を提唱し出した理由です。

http://www.reuters.com/article/us-northkorea-missiles-japan-idUSKBN16F0YE

またこれが理由となって、複数のメディア報道がアメリカ大統領ドナルド・トランプが韓国に核を搭載できる戦闘機B-52を配備するよう提案するという状況になっている。

http://www.dailymail.co.uk/news/article-4298020/Donald-Trump-send-B-52-nuclear-bombers-Korea.html

だが、北朝鮮の人たちによれば、次期「皇帝」として提示されているキム・ハンソルは偽者であるとのこと。本当のキム・ハンソルとは違う偽の写真が出回っている、と述べる。北朝鮮は、彼らの意図を納得させるために日本にある米軍基地を攻撃可能なミサイルを複数発射させた。また彼らは、と、これは日本の軍事情報機関からの情報だが、小型核兵器で武装した特殊部隊を10万人、名古屋、大阪、東京に配置した。

キム・ハンソルの背後にいる人々が彼らなりに言うには、キム・ジョンウンは単にスイスのCabot家、ならびにナベシマ一族のフロントに過ぎない。ナベシマ一族は三菱グループの背後にいて安倍首相を支援している、とのこと。

もちろんのことだが現在の日本の皇室もフェイクである。だが実際に王座を占めるということはいくばくかの正当性を彼らに与えるものでもある。同じことがキム・ジョンウンについても言える。

日本について話してみよう。ここ日本での権力抗争もまた緊張感のある緊迫したものである。ハザールマフィアは日本の選挙システム泥棒である機械のコントロールを日本のソフトバンクの孫正義に譲った・手渡した。孫は今ではフォートレス投資グループ(Fortress Investment Group)をコントロールしている。同社は(幾つかのペーパー・カンパニーを経由して)株式会社ムサシ・エンジニアリング(Musashi Engineering)を所有しており、ムサシ・エンジニアリングは日本の選挙システムを泥棒する投票計測・開票マシンの製造会社である。

http://www.bloomberg.com/news/articles/2017-02-15/why-is-softbank-buying-fortress-son-gets-brain-trust-for-deals

最近、ドナルド・トランプを訪れるために現れて彼に1000億ドル相当のサウジ・マネーを贈賄しようとしたまさにその人がこの孫(ソン)である。

このオファーはトランプと彼のバックにひかえている軍部/エージェンシーを揺さぶってサウジ王室をプロテクト(=守る・保護する・守護する)させようというものだったが失敗したようだ。なぜなら、サウジの王と25人の王子、そして1500人の側近・お供が、インドネシアに亡命したからだ。インドネシア在住のCIAソースによれば。これはインドネシアのニュースでも一部うらを取れる。つまり、サルマン王がインドネシア滞在を3日間延長したがその理由は「インドネシアにおいて中東への観光を促進するため」である、というニュースだ。

http://www.indonesia-investments.com/news/todays-headlines/king-salman-s-visit-to-boost-middle-eastern-tourism-to-indonesia/item/7666

これが意味すること。それは彼=サルマン王が日本への訪問も延期したということ。日本滞在期間中にフリーメーソンの集まり=会合に参加する予定であった。と、日本の軍事情報機関ソース(=訳者評:軍事情報機関筋="Japanese military intelligence sources"という表現は古歩道さんの英語レポートでよく目にするのですが、結局は自衛隊のこと?今週の日本語でのレポートと突き合わせて判断すると、情報源が錯綜しているのがわかります。これについてはまたTPOを改めてお伝えします)が確証する。
訳者評:2017年3月13日(月)時点でサルマン王とその大所帯ご一行が日本に着き、岸田外相からの表敬訪問を受けましたが。NHKが報道しています。古歩道さんの言葉のニュアンスというか時系列がよくつかめませんネ

日本の軍部はまた東京で失敗した生物兵器による攻撃は新宿区にある国際感染症センター(Disease Control and Prevention Center)と埼玉県にあるその姉妹施設に原因・ルートを追跡・特定(=trace)した。

ハザールマフィアによる、核と生物兵器で世界を脅迫するというこれらの試みは、他の試みと合わせて、イスラエルのすべての核施設を示す地図が公表され、これらの施設をミサイルで爆撃するぞというイスラエルへの脅しがなされた結果、未然に終わった・止められたのだ、とモサド情報ソースは述べる。

アメリカ軍部とロシア政府によって、イスラエルとそのハザールマフィア現政権への圧力が先週適用された、とペンタゴン情報ソースは述べる。

イスラエル・サウジアラビア・トルコをしてダーイシュ(元ISIS)・キャンペーンを終わらせるという計画は3月7日にトルコで行われた、アメリカの将軍ジョセフ・ダンフォード(Joseph Dunford)とロシアならびにトルコのカウンターパートとの会合において作られた。と、同情報ソースは述べる。情報ソース(複数)が言うには、こうしたことがあって3月9、10日にロシア大統領ウラジーミル・プーチンと会談したイスラエルのベニヤミン・ネタニヤフとトルコのレセプ・エアドガン(Recep Erdogan)が「きつくお叱りを受けた」のだ、とのことである。

ネタニヤフとのこの会談でプーチンは、パレスチナ問題に二国両立という解決策に達するようネタニヤフに圧力をかけた、と彼ら(=情報ソース)は言う。これに続いてトランプ大統領が翌日パレスチナのリーダーであるMahmoud Abbasをホワイトハウスに招いて同じことを議論した。と、情報ソースは続ける。

悪魔崇拝のハザリアンたちのパージがアメリカ政権内で熾烈な戦いとなって継続している、と複数の情報ソースは合意する。ニュースでもこれは確認できる。レックス・ティラーソンによる国務省のパージとジェフ・セッションズによる46名の検察官の罷免・解雇と言ったニュースだ。このように情報ソースは注意を促す。

だが、CIA長官マイク・ポンペオによるウォール街のCIA、ブッシュ、サウジとイスラエルの派閥に対するパージは堅固な抵抗に直面しているとペンタゴン情報ソースは述べる。

これが理由でアメリカ軍部がvault 7という、CIAが違法にアメリカ人民をスパイしているという情報をリリースしたのだ、と彼らは言う。「CIAが人民の敵として訴追されるかもしれない。というのも彼らは法的な指令・命令もないのに違法なハッキング・ツールを使い、まるで多国籍犯罪組織であるかのように振舞っているので。」と、ペンタゴン情報ソースは付け加える。

vault 7のリリースはモサドへの攻撃でもあった。そして、トランプをして「イスラエルの寄生虫を捨てて「同盟関係にある」外国エージェントによる潜入を止める」よう強いるような、さらなるリークが続くかもしれない、と情報ソースは続ける。

ディープ・ステートに対する戦争で愛国者の助けをホワイトハウスは必要としている、というサインを示すために、3月10日の記者会見でホワイトハウス報道官Sean・スパイサーは、ジャケットの襟元の星条旗バッジを上下逆にして会見に臨んだ、とソースは注意を促す。「これは苦しみを表す軍事的サインであり、善い者たちへのコード化されたメッセージなんだ」とペンタゴン情報ソースは述べる。

バルチック、旧ユーゴスラビア、ウクライナからハザリアンの影響を止めるための動きがとられたことで、ロシアもまた東ヨーロッパのハザールマフィアを捕らえようとしている。と、ロシアのFSB情報ソースは述べる。ロシアのニュース報道は、違法にハザリアンらによって権力の座に据えられたナチス・ウクライナは余命60日もないと主張する。

西ヨーロッパの状況もまた、数学的に不可避なユーロの崩壊と民主的でないEU統治構造の終焉の軌道をたどり続けている。

南米のファシストたちについても同じことが言える。例えば、資源掠奪者であるブラジル大統領ミシェル・Temerは、「ゴースト」(指向性エネルギー兵器か?)が出る大統領宮殿から撤退すると発表した。

https://au.news.yahoo.com/world/a/34621845/ghosts-drive-brazils-president-from-residency-report/#page1

ブラジル以南でも不可解なことが起きている。南極についてのペンタゴンからの暗号じみたメッセージは次のようなものである:「ロシア=アメリカの合同部隊が参加したのを受けて、防衛関係の最大の契約先であったロッキード社は、南極で働く人員を1000名雇用し始めた。」

上に示したような世界の変化がまさに起きているわけだが、これらは、現実世界のとても深い秘教的な・エソテリックなレベルでの権力シフトが起源・原因になっている。筆者に降りかかった法廷裁判の経緯を簡単に以下に再び概説してみよう。そしてその体験が「黒い太陽」というエンティティーへと導き、そのエンティティーの敗北がこれらの変化を可能にしたということを示してみよう。

何年も前のこと。当時の日本の財務大臣だった竹中平蔵のエージェントたちに言われたのが、「環境を守るため」に人類の90%を殺す計画があるということ。これと同じ内容をアジアの秘密結社はモレック(バール、セト、サタン)を拝むボヘミアン・グローブでの会合を盗聴してキャッチした。こうした悪魔崇拝者との戦いで助け舟を出すことをアジアの秘密結社がオファーしてきた時、私はこのアジア人たちに次のように提案して述べた。西側の問題は世界の権力構造の頂点に集中しているのだということと、平均的な西洋人は人類の90%を殺すというような観念を聞いたら呆れかえるだろう、と。そして私たちは結論に達し、問題への解決策は西洋権力のトップのトップ、つまり頂点をターゲットとすることにあるということになった。

これはレオ・ザガミが東京にいる私を訪問するということにつながった。ザガミはP2フリーメーソン・ロッジに所属している。彼はイタリアのP2を訪問しないか、と私を招待した。そこで私はVincenzo MazzaraというCavalier of the Teutonic Knights(=ドイツ騎士団の騎士・ナイト)に連れられてミラノの大聖堂へと案内された。そこでは彼らの神である黒い太陽のステンドグラスがあった。マッツァーラ(Mazzara)が私に言うには、この黒い太陽は銀河の中心にあるブラックホールであり、ガンマ線のスペクトラム(=ガンマ線の周波数域)を通じて彼らに通信をしてくる、とのことだった。

大聖堂で私が遭遇したのは、反・生命的で、生命力を餌・食料とするようなエンティティー(=実体)として描写できるような黒いvoid(=何もないこと・欠如・空隙・真空・虚空、etc.)であった。

どうやら、この存在(=エンティティー=実体)は何千年にもわたり一部の選ばれた少数に権力と富を与え、その見返りに食料として人間や動物の生贄を交換してもらっていたようだ。これが私がサタンを崇拝するハザールマフィアと呼ぶ存在である。マッツァーラのようなP2のメンバーが抱いていた未来像は、全面戦争とこの惑星の破壊であり、それは不可避のものであると彼らは考えていた。

だが、ものすごく強力なlight force entity(=光の力である存在)がこの黒い太陽に立ちはだかり、この黒い太陽が引き下がらなければ全宇宙を0か1に、または黒か白に消去してしまうぞと脅しをかけた。それは何故ならforces of darkness(=闇の勢力・闇の力(複数))は相当な強さを誇り、宇宙の全構造を脅かす存在であったからだ。このエンティティは引き下がり、この宇宙から逃げた。これはノルウェーの螺旋イベントとして見られた。

https://www.youtube.com/watch?v=80__LLZK4zg

その結果が以下である。この出来事の前は宇宙は制御の利かないトップスピン(訳注:トップスピンとは「球技で、打球に与えられる全身回転。順回転。」(大辞林による定義))状態だったが、今や相対するが互恵的な力(forces)つまり陰と陽あるいは男性と女性として知られるような調和的なバランスの状態に戻った。こうした理由で、サタンとして知られた存在は生命を破壊する絶対悪であることをやめて、恩恵的な(benevolent; 善を行う、善意の)女神として変容し、宇宙の男性的側面と調和して協働するようになった。

このエンティティが宇宙から逃げたので、これの下で働いていた悪の度合いが低い存在達はもはや光の勢力(=forces of light; 訳注:光の力?ニュアンスがわかりません。forceはもちろん単数形では力を意味しますが、複数形にすると勢力や軍勢を意味します)に抵抗することができない。システム的に彼らはパージ済みであり、近いうちに最後に残っている存在も片付くはずだ。

この時点において、この惑星に課された隔離状態はやがて持ち上げられ(=lifted)、地球上の生命は宇宙へと自由に展開してゆくようになる、とこれら秘教ソースは述べる。

私たちが指数関数的展開を経験する寸前なので、最も最適で可能な水準の初期の始まりの枠組みを設定することがとても重要だ。これが、透明で民主的で能力主義的な世界連邦を諸文化のベストなものを合わせて、人類の宇宙への展開・進出を主宰するような形で作ることが私たちにとって今必要である理由だ。

見ることが信じることであるのはもちろんのことだ。そしてこれらの変化を実際に個人的に見て体験するまでは人々は自分のリアルライフの「今ここ」を向上・改善するべきだ。願わくば、the rest we shall see。

***
翻訳 Rintaro

2017/03/07

フルフォード英文レポート 2017/03/06 (月)

オリジナル記事:
Desperate counter attack by Satanic mafia failing on all fronts as human liberation nears

人間の解放が近づいていると同時に悪魔的マフィアが全ての前線で陥落している、そして悪魔的マフィアによる自暴自棄なカウンター攻撃


最近の敗北の数々をひっくり返して権力の座に留まろうとする悪魔崇拝のハザールマフィアによるがむしゃらな試みの数々を我々は今目撃しているところだ。これらの試みは全ての前線で失敗し、ますます多くの名だたるサタニスト達が姿を消している。

悪魔主義者達がプッシュしている「全部ロシア人の仕業だ!」キャンペーンだが、これは司法長官ジェフ・セッションズを退任させるという目的を有する。またこのキャンペーンは子ども殺しの政治屋たちの逮捕を阻止するために使われている。こうしたキャンペーンが起きているワシントンDCでは熾烈なバトルが繰り広げられ、盛り上がっている。なおペンタゴン情報筋は次のことを事実として認める。つまり、ドナルド・トランプがアメリカ大統領としての就任してから、1500人の小児性愛者が逮捕されたこと。そして、大陪審がDCとニューヨーク全域の範囲で既得権益層を形成する人物たちへの起訴手続きを準備しているということ。

物事が本当に変わり始めたということを実感出来るまた別のサインとして、アメリカにおいて私的部門が経営する監獄奴隷"収容所"(=刑務所のこと;訳注)に対して法的アクションが始まったということが挙げられる。

http://www.msn.com/en-us/news/us/thousands-of-ice-detainees-claim-they-were-forced-into-labor-a-violation-of-anti-slavery-laws/ar-AAnOvss?li=BBnb7Kz

アメリカにいるサタニストらのカウンター攻撃は、前大統領バラク・オバマやAmazonのジェフ・ベゾスのような召使いを解き放ってトランプ政権に対抗した動きを取らせているところのロスチャイルド家やブッシュ=クリントン・マフィアによって仕掛けられている。先週、Valerie Jarretをアドバイザーとする反トランプの本部をホワイトハウスから2マイル離れたところに設立している最中だとオバマは発表した。この動きはトランプのツイート内容を受けて、それに続く形で行われた。トランプのツイートはオバマを「悪なる、もしくは病んだ奴」としてトランプを盗聴したことを責め立てるものであった。オバマというハウス奴隷(訳注:一部アフリカ系アメリカ人の過去に主人宅に常駐する奴隷であった過去があり、そうした奴隷はハウス・ニグロと呼ばれていた。その表現をもじったのがハウス奴隷)への私たちからのアドバイス:ロスチャイルドという奴隷主人の代わりに自らの命と自由を危険にさらさないこと。

Loretta Lynchというロスチャイルド家のもう一人のハウス奴隷にしてオバマ(時代)の司法長官だった人物は、デモ行進と血、そして死を通りに溢れかえらせようと訴えかけた。

http://www.wnd.com/2017/03/loretta-lynch-need-more-marching-blood-death-on-streets/
これらのハウス奴隷達があなた達をだましてサタン崇拝をする奴隷の操縦士たちの代わりに反対運動を起こすようなことの無いように、と私たちはアフリカ系アメリカ人達に助言する。

児童虐待者であり元クリントンの(選挙)キャンペーンのマネジャーだったジョン・ポデスタにベゾスがプロパガンダ製造マシンであるワシントンポスト紙に職の打診をした時、その時に現在盛り上がっているこのバトルの激烈さを知るサインがある。ポデスタはワシントンポスト紙のための軍資金6億ドルを与えられたが、これはならず者[ブッシュ系]CIAによってプロパガンダを目的として与えられた。

https://conservativedailypost.com/trump-leak-now-points-to-bezos-hidden-600m-deal-with-obama-cia-to-feed-washington-post/
https://www.washingtonpost.com/pr/wp/2017/02/23/john-podesta-joins-the-washington-post-as-a-contributing-columnist/?utm_term=.26aa428a65a0

そして、ベゾスがこれを発表した直後、amazon.comのサーバーは重くて長時間持続した(サイバー)攻撃を受けた。

http://www.theverge.com/2017/2/28/14765042/amazon-s3-outage-causing-trouble
ベゾスその人が今後長生きするのはちょっとありえない、とCIAとペンタゴンの情報筋は言う。

かつて支配的だった企業プロパガンダ装置一式の無能ぶりを見ると、それはサタニストがアメリカ人に対してのコントロールを失ったことがよく分かる明らかなサインであるというのがわかる。トランプを重点的に扱った企業メディアによる放送のうち88%が反トランプ的だったにもかかわらず、上下両院の前で先週演説したトランプの(議会)演説を79%のアメリカ人が好意的に見ている、という(世論)調査がある。

https://www.rt.com/usa/379270-mrc-study-trump-negative-coverage/
下院の民主党のリーダーを務めるナンシー・ペロシがトランプのスピーチの間に見せた表情をちょっと見て欲しい。私からすれば、誰か(あるいは別のエンティティ)が死の恐怖に怯えているようにしか見えない。

https://pbs.twimg.com/media/C5zxvh9WYAAT_jl.jpg
できるだけ早く真っ先に引きずりおろさねばならない上級のナチ派閥サタニストはおそらくマイクロソフト社のビル・ゲイツだろう。日本の軍事情報機関の情報によればビル・ゲイツは日本の軽井沢の地下に巨大な隠れ家複合体を建設中である。ゲイツは筆頭日本人召使であるSoftbank社の孫正義と協働している。そしてパソナグループのYasuyuki Nambuとも。孫のソフトバンク社は「フォートレス投資グループ」を買収した。

https://www.forbes.com/sites/antoinegara/2017/02/15/softbanks-big-fortress-takeover-is-a-bet-on-infrastructure-senior-housing-and-mortgages/#6cae43fc3733
日本の選挙を捜査歪曲するムサシ・エンジニアリング社を今や彼がコントロールすることをこれは意味している。孫は、勿論のことだが、日本におけるロスチャイルドの上級召使に過ぎない。

ロスチャイルド家のフランス分家のために働くエージェント、つまりダビド(虚偽の容疑で警察に指名手配中)とベニヤミン(ピグミー族を殺していることで避難されている)・de・ ロスチャイルドは先日、筆者を東京の赤坂にあるNambuの本部へと誘いこんで罠にはめようとした。Nambuと孫(ソン)は今では天皇に近い右派から標的にされている、と日本の右翼筋は言う。

ロスチャイルド家は日本に対する2011年3月11日に起きた津波と核のテロ攻撃の究極的責任者だが、召使いたちを権力にとどめおいて、大量殺人事件に対する仕返しを阻止すべく躍起になっている。だが、ロスチャイルド一族はすでに戦いに敗れており、彼らの日本ネットワークは解体中である。

悪魔的な下請け連中のリストにダライ・ラマの名前を私が含めておいたことに対して多くの読者からその理由を問う質問が寄せられている。情報公開のためにここで私は認めなければならない。私にはダライ・ラマへの個人的な恨みがある。彼とサタン崇拝者達が送ってよこした北朝鮮の女性エージェントがいる。彼女は私の人生を台無しにするために送り込まれた。だが逆に彼女と私は恋に落ち、彼女は私たちの子どもを妊娠した。彼女が妊娠五ヶ月の時、彼女が勤めていたネパール雑貨店が、ネパールで何か品物を買うミッションを彼女に与え、彼女をネパールに送った。彼女がかの地に着いた時、彼女は麻薬を盛られ、病院で目が覚めた時にはもう妊娠はしていなかった。店のオーナーが言うには、彼の父はダライ・ラマのために働いていたのだが、その父がダライ・ラマの命令を受けてそれをした、とのことだった。別の言葉で言うと、この通称「聖なる男」は児童殺人者なのだ。この一件の後、このガールフレンドは日本の警察署へ向かい、私が麻薬服用者であり、虐待的であるという虚偽の報告をした。彼女に向き合ってこのことを問いただすと、これをしなければ家族を殺すぞ、と彼女の家族が脅されていたのだ、と彼女は述べた。だから、こうしたことがあって私にはダライ・ラマに対して個人的な恨みがある。彼の目を見入ることがあったが、皆さんに言えるのは、彼は極度の悪(evil)であるということだ。彼は間もなく死ぬだろう、彼の魂もまた同様だ。彼は二度と永遠に転生することはないだろう。

どんな場合でも、ビル・ゲイツによる「3000万人以上」を殺すというほのかな脅しに続いて、https://www.forbes.com/sites/brucelee/2017/02/19/bill-gates-warns-of-epidemic-that-will-kill-over-30-million-people/#5053abfe282f
日本の軍事情報機関が言うには、生物学的戦争用の病原体が世界中で撒かれているという複数の報告がある。ゲイツの発言後、東京はケムトレイルと放射性毒物による重度の攻撃に見舞われている。知人のみんなは、私も含めて、明らかに最近咳がひどくなっている。だが、東京への攻撃は今では消散し、死者を一人も出さない結果となった。中国とインドの政府も口を揃えて、自分達の国に対して生物学的戦争用の病原体が使用されていると述べている。(中国の記事は2013年のものである)

http://www.eurasiareview.com/27022017-is-india-under-weaponized-biological-attack-oped/
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2307170/China-bird-flu-outbreak-Officer-accuses-United-States-secret-biological-attack.html
Sorcha Faalはアメリカ海軍の情報機関だが、その報告のほぼ90%は大抵偽情報である。だが一方で、世界中に広がる生物戦争的な攻撃についての以下の報告はきっと本当だろう。大量死について語っているところは本当のことではない、というのも生物戦争用の病原体は効果がない結果となったからだ。

http://www.whatdoesitmean.com/index2254.htm

今ではビル・ゲイツは相当追い詰められていて、白龍会によってアメリカ軍は彼の軽井沢の隠れ家を早急に包囲・掌握するべきだと助言された。ゲイツのアメリカにおける私有財産もまた早急に掌握される必要がある。ワシントン州のシアトル近郊にあるビル・ゲイツの豪邸には、スケルトン(=骸骨)で敷き詰められた部屋があり、それは死を崇拝することに捧げられた部屋である、とかつてかの豪邸を訪れたことのあるハイテク・オリガルヒが述べる。

他の上級サタニストらは、見世物が終わりに近づいていることを悟って逃亡を図っている。サウジアラビアの王サルマンは、25名の王子を含む側近のために、インドネシアのバリ島にある五つ星のホテルを5つ予約した。インドネシア、マレーシア、中国にサルマンは保護を求めるだろうがきっとそれは叶わない、とCIA情報源は言う。

サルマンが逃亡した理由は、ペンタゴン情報筋が言うには、ダーイシュ(注釈参照)への対抗キャンペーンがイエメンにまで拡張されたからだ。(筆者から読者への注釈:女神ISISをこれ以上侮辱することのないように、また彼女の名をこれらの一連の悪魔的テロリストたちと関連づける恐れのないようにと、私たちは決定した)。サウジはフランスの石油大手トタル社と協力して、国際法を破ってイエメンのオイルの65%を盗み続けてきた。

http://ahtribune.com/world/north-africa-south-west-asia/war-on-yemen/1537-saudi-arabia-yemen-oil-total.html
シェルターを探しているもう一人の別人物はイスラエル首相ベニヤミン・ネタニヤフだ。もしサタニストたちに対抗するようなことがあれば核施設を全滅させるぞ、という脅しをイスラエルが受けた後、ネタニヤフはロシア大統領ウラジーミル・プーチンに保護を求めた、とロシアFSBや他の情報源は述べる。この保護は保証されることはないだろう、とロシアの複数情報源は言う。

アメリカの売国奴の長であるジョン・"ダーイシュ"・マケインはトルコ大統領エアドガンに保護を求めたが彼はそれを得ることはないだろう、とペンタゴン情報筋は言う。

人類はもうすぐ自由になる。

******
翻訳:Rintaro