2016/06/28

フルフォード英文レポート 2016/06/27(月)〜完全版

EUは破産している。だから統治構造は根本的に変わるだろう





Posted by ベンジャミン
2016年6月27(月)
http://benjaminfulford.net/


欧州圏から離脱するという投票をした先日のイギリス人らの国民投票を含めて、進行中の欧州連合における困り事の本当の理由は、EUが破産しているからです。過去を顧みれば、ポーランドがドミノの第一弾として役割を果たす結果となったワルシャワ条約機構の崩壊も元はソビエト連邦が破産が原因でした。同じような理由で欧州連合の崩壊のドミノの第一弾がイギリスだったと予測できます。

生じつつある満場一致の見通しは、ペンタゴンのアナリストが表現に任せれば、「Brexit(イギリスの欧州連合離脱)はFrexit(フランスの離脱)へと続いていく可能性がある。そして銀行の崩壊・ポピュリズム(民衆主義)・ナショナリズム・反グローバリズムへと続くだろう」。ハザールマフィアがスポンサーになっているイスラム教徒の移民も終焉へと向かうだろうと予測できます。

フランスの状況もますます混沌じみたものになってきていて、フランス警察が言うには国内全域で毎日起きている粗暴なデモに対処するのに警察は疲れきっているとのことです。11%の支持率しか持ち合わせていないフランス大統領フランソワ・オランドはデモを禁止しようと躍起になっています。ですが誰が彼の「禁止」案に正統性を持たせるのかはとても確認しづらいです。つまり別のことばでいえば、フランスは革命に向かっているということです。


「これは私が思い出す限りで最悪の時期だ。このような事態は他にないです」。これはBrexit投票に続いたマーケットのカオスと一般的状況を描写してアラン・グリーンスパン・元米連邦準備制度理事会議長が述べたものです。


http://www.zerohedge.com/news/2016-06-24/greenspan-worst-period-i-recall-theres-nothing-it


グリーンスパンと彼のスポンサーであるロックフェラーやブッシュにとっては思い出せ限りの最悪の時期かもしれません。だがロスチャイルドはすべての株式市場を空売りして強気のゴールドを保有することで2.5兆ドルを金曜日の1日だけで稼いだと述べています。彼らにとってウォータールーのインサイダー取引以来最大の一儲けです。ロスチャイルドは言います「鮮血が通りに飛び交っている時、その時が金を儲ける上での絶好のタイミングである」。

実際、流血沙汰になりかねません。欧州とアメリカで革命が差し迫っているとCIAの上級エキスパートも公然と述べているほどです。


http://thespiritscience.net/2016/06/26/ex-cia-spy-a-global-open-source-revolution-is-about-to-begin/


ですが、事態が上手に取り扱われれば、アメリカ、欧州、残りの世界すべてにとって状況は良くなります。不適切に扱われれば、それはカオス、戦争を、また欧米と日本に、そして全世界に困難をもたらすことになります。

破産したEUは、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンによればソビエト連邦以上に独裁的になっていました。プーチン自身のことばでは「参加している諸国に対して欧州議会が下した強制事項の比率はソビエト高等評議会のそれよりも大きい。」
http://www.informationliberation.com/?id=55071


グノーシス派イルミナティと白龍会内部の情報源によれば、事態が適切に取り扱われれば、最終的に起きることとしては欧州諸国がロシアを含む広範囲でより大きく、緩やかで自由な同盟・ユニオンを築くということ。このシナリオでは英国は中立的な国となり自由貿易によって欧州とリンクします。スイスのようになる、とのことです。

ロスチャイルドの銀行家一族によれば、EUの破産は欧州随一の巨大銀行ドイチェバンクの破産が引き金になっている、とのことです。ドイチェバンクは今では中国の制御下にあると彼らは言います。もし中国が介入してドイチェバンクを救わなければ、崩壊はドミノ現象を起こして欧州全土と西側の銀行制度を崩壊させるにまで至っただろう、と複数の情報源は意見を一致させて述べています。


この破産には太平洋での軍事活動にまで原因を追跡できる秘密の側面がありました。中国とアメリカの大艦隊による大規模な「演習」がフィリピンの海域で行われたのです。


http://www.mirror.co.uk/news/world-news/chinese-warships-join-forces-massive-8255107


ペンタゴンの公式ホームページでも、27カ国からなる米中両国を含んだ海軍の共同演習がハワイ沿岸近くで6月30日に行われると公表されていて、それを確認することができます。


http://www.defense.gov/News-Article-View/Article/799099/rim-of-the-pacific-exercise-2016-begins-june-30

**後半**

WDS筋によれば先週行われた演習の本当の目的は、ハザールマフィアの潜水艦基地があるインドネシアのNabireからゴールドの密輸を潜水艦によって遮断することにありました。


https://en.wikipedia.org/wiki/Freeport-McMoRan


CIA筋が言うには、フリーポート・マクモラン社の炭鉱がオーストラリアのフロント企業経由で中国人にオファーされています。これによりインドネシアが、昨年中国に融通された200~300億ドルを完済しようと期待しています。

同じくして、フリーポートの以前のオーナーたちは「グラスバーグ炭鉱から5〜7マイルのところにある別の山に移動するだろう。そこはフリーポート社の現在の採掘エリアだ。誰かが痛い目にあっているが...いじめようとは誰も思ってない」。大規模な共同の海軍の実演は「ただの目くらましだ」と思う、と情報源は言います。

中国人は次のことを思い出さねばなりません:「スハルト統治下の時代からフリーポートの50%のオーナーはキッシンジャーであり続け、その当時スハルトとキッシンジャーボーイズ、つまりカバール[ハザールマフィア]との間で他のサービスと収益を見込めるジョイントベンチャーとの交換の見返りとして分け前を与えられた」ということを。


炭鉱がキッシンジャーとロックフェラーに与えられたもう一つの理由として情報源は、それは1975年にインドネシア大統領スハルトが東チモールを侵略して併合するための許可を得るための支払いとして行われたものだった、と述べます。




炭鉱からは大半のゴールドがすでにからになった・一掃されたとみる方が賢明なので、これが意味するのはEUやアメリカの対アジアと残りの世界に対しての貿易赤字を補填するだけの十分なゴールドをハザールマフィアはもはや持ち合わせていない、ということです。アジア人は紙の上に印刷された空虚な約束をもう受け入れていません。そして、アジアンバーの女の子たちが言うように「お金(ゴールド)がないなら、ハニーもお預け」なのです。



次にどう動くかについてハザールマフィアの上層レベルではシリアスな内部闘争が起きている、とロスチャイルド家の情報源は言います。家族会議が進行中で、WDSとその盟友たちに7月まで待つようにお願いしたと、彼らは述べます。彼らに与えられた締め切り猶予は7月10日までで、その日を超えると、新しい、より公平で地球に優しい金融システムの設立に彼らは一切参加することができません。完全で絶対的なボイコットに彼らは直面しそれは彼らを破産か引退にまで最終的には追い込むでしょう。



ペンタゴンのインテリジェンスが事実として認定することがあります。かつてジョージ・ブッシュ・Sr(シニア)によって率いられていたハザールマフィアの派閥は今では、例えば ブッシュのトップモブスターだったドナルド・ラムズフェルドとディック・チェイニーはドナルド・トランプによる保護を模索しています。一方でブレント・スコウクロフト、ハンク・ポールソン・リチャード・アーミテージはヒラリー・クリントンによる保護を模索しています。


ですが、これらの候補者はこれら犯罪者を長期にわたって守れるだけの地位には立ちえないでしょう。トランプに近い情報源は、トランプはチェイニーとラムズフェルドと今の間は歩調を合わせるだろうがそれは一時的な対処だと述べます。

FBI内部にいる情報源が言うには、もし必要であればバラク・オバマと代理人ロレッタ・リンチ将軍を引きずり下ろし、その後にヒラリー・クリントンにまで至るだろうと述べます。



ペンタゴン筋がこうも言っています。「ユダヤマフィア(=ハザールマフィア)は大西洋を挟んだ両サイドでパニックモードになっている。乗員が4つの銃規制規則を6月20日に阻止したせいでオーランド偽旗作戦は失敗。上院はFBIによるウェブ閲覧と電子メールへのアクセスを拒否した。6月22日に、令状なしで。そして最高裁はオバマの移民計画を反故にした。」

明らかに、多くの国が世界の権力構造のトップで変化が起きていることに目覚め始めています。例えば、一つの指標があります。それはイスラエル、エジプト、シリアが上海協力機構に参加申し込みをした例です。つまり、「最大の敵」であるイランも参加している軍事どうめいにイスラエルが参加申し込みをしているということです。上海協力機構はまた、彼らが長年同盟者としてまた保護者として守ってくれていたアメリカとNATOに理論上は反対する機構です。


http://www.fort-russ.com/2016/06/syria-egypt-israel-apply-to-join-sco.html

東欧のポーランドや他の諸国も事態が今変わってきているとの理解を示しています。なぜなら彼らは中国の新しい「一帯一路イニシアチブ」に参加することに同意したからです。このイニシアチブはつまりロシアと中国を通じて主要輸送経路を東へと開拓するために輸送手段を開拓していくという計画です。


http://news.xinhuanet.com/english/2016-06/21/c_135454841.htm



東とのリンクを建設することはポーランドにとっては賢明です。なぜなら、EUがコントロールを失っていることが彼らには見て取れるからです。欧州にいるCIAの情報源は、欧州中央銀行は膨大な量の鋳造されたユーロを発行していて、つまりそれは担保となる現物がもうないということだ、と述べています。


ペンタゴン筋も同意しています。いわく「ユーロは各国の通貨に置き換わるかもしれない。人民元がゴールドで兌換され、新しいアメリカドルは印刷されて今、世界通貨リセットが公表されるのを待っている。そして何百兆ドルもの盗まれた基金の開放を待っている。」




世界通貨リセットはしかし、イカサマでブッシュ/クリントンマフィアのメンバーによって吸血鬼達に売られたジンバブエドルなどは含むことにはなりません。ですがイラクのディナーるに投資した米軍のメンバーたちには許可が下りるかもしれません。ですがそれがブッシュ/クリントンマフィアに利益をもたらすことがなければの話です。とWDS筋は言います。


最後に。日本の地下組織もまたメッセージを受け取りました。政権変革のための重大な準備がなされているところです。日銀総裁の黒田はるひこも「アベノミクス」は失敗だったと認め、日本は新しい戦略を採る必要があると認めています。ジャパンハンドラーのマイケル・グリーンバーグに今後何が起こるかをロスチャイルド家の情報源は尋ねましたが、得た回答は「彼は牢屋に入る」でした。リチャード・アーミタージはアメリカにいる彼のゴーストに会いに行けますし一方でケネス・カーティスは一人ぼっちになるでしょう。

**記事翻訳ここまで**

翻訳:Rintaro

0 コメント:

コメントを投稿