ピタゴラス派イルミナティ

西洋の正統なイルミナティについて情報発信しています

地政学と宇宙情報

世界情勢を宇宙レベルで把握すべく情報発信します

チームメイト募集中

政治家を天職としたいと想っている方、連絡してください。チームで動きましょう。

2016/04/29

Illumination:the Secret Religion - The Last Man/最後の男

OWOが形作ろうとする世界に対する、くっきりとした行程表を提供する有名な本はありますか?

歴史の終わり

冷戦の余波で出てきた時、フランシス・フクヤマの歴史の終わりと最後の男は驚異だった。ソ連圏はOWOをほとんど通さなかった。それが崩れた時OWOが入ってきた。
悪名高い『オリガルヒ』(もしこれまでで影のグループがひとつでもあったら)はロシアの最も有利な天然資源を掌握する権利を正当なお金と影響力で適切な時に正しい位置にあった。

石油、ガス、鉱物、金属。

彼らの富と力は息をのむようだ。
モスクワは今OWOパワーの中心としてニューヨークに匹敵する。
共産主義の崩壊は、OWOの手口を示しています。OWOは失敗した体制へ移動しないで強制収容所を準備しません。彼らは鎖でつなぐ、鞭打つ、監禁するという意味において住民を奴隷にはしません。彼らがすることは、すぐに自分自身のために最も貴重な資源を取得して、それから民主主義と市場の力に彼らの実証済みの数式を実装する。
彼らの西のよく似たもののようなロシア人は、現在ショッピングモールの素直な消費者である。うまくやることができない人々は、一日中ウォッカを飲む。誰も気にしない。

ブッシュはイラクで同じことをしようとしました。

(イラクの経済に注ぎ込まれた大部分のお金はブッシュとチェイニーの富裕層、企業の友人の手に終わりました。)

シーア派イスラム教がOWOに抵抗したので彼は失敗しました。
専制政治の異なるタイプ、黒を着たアヤトラとイマームが適用されます。
イラン人(シーア派イスラム教徒)は、イランのシャー(イラン国王)の形をしたOWOを打ち倒した。
シーア派イラク人はサダム・フセイン(スンニ派イスラム教徒)を倒そうとしたが、西によって裏切られた。
人々はかつてサダム・フセインがアメリカ政府とともにイランと戦った年に人気があったことを忘れがちである。
同様に、アフガニスタンの武装勢力(将来のタリバン)とオサマ·ビン·ラディンは、アフガニスタンがソ連の占領中のアメリカの同盟国であった。
シーア派イスラム教徒とは違って、スンニ派イスラム教徒はOWOへはるかに多く配置されている。
腐敗したサウジ王室を見てください。
ドバイのような国の高級ショッピングモール、豪華なホテルを見てください。
福山の論文では、共産主義の終わりが西部の政治的、経済モデルを採用し、全世界につながるだろうということでした。
アメリカが導くと皆が従うでしょう。
どんな対立もありません。
大きなイデオロギー闘争という意味で歴史は終わりがきました。
西洋の民主的な市場資本主義、OWOの権力基盤は至る所で誇らしげです。
OWOは彼らが常に希望した障害物で全世界を支配します。
「新世界秩序」はない。つまり単に旧世界秩序は最大限の限界まで拡張した。
福山はほとんど正しかったが彼はイスラム教を見落した。そして西とイスラム教の対立が何とかして解決されるまで、歴史は今のところOWOのために終わりません。
福山もイルミナティを見落しました。
歴史は遠くから行われる!
OWOは彼らの関心において世界を手にすることを妨げる。
福山は「最後の男」に言及しました。これはすべての大きな戦いが終わった歴史の終わりに存在する人のタイプです。
最後の男は「(without a chest)思いなしで」誰かです。
彼は弱々しいゾンビで些細な懸念と満足に取り付かれた男で、取るに足らないマテリアルを必要とする。
彼は、壮大な展望、気高さ、精神性を持ちません。
彼は危険を取らずに、こそこそと自分のためにできるだけ多くを取得しようとする可哀想な策士です。彼は地味で臆病です。自己の利益が全てです。
「最後の男」は、民主的な選挙で投票して、退屈な9時-5時の仕事を維持して、買い物に行きジャンクフードを食べてジャンクなテレビセットを見る、彼のスポーツチームを見に行く人です。
最後の男はすでにここにいる。彼は典型的な西洋の消費者です。
福山はヘーゲルの「マスターとスレーブの弁証法」に言及する。
我々はこの弁証法がどのように展開したかについて既に知っている。
OWOはマスターズで私たちの残りは奴隷です。
確かに、我々は綿畑や砂糖農園で働いていません、しかしそれでも我々はなお奴隷です。
奴隷制度はあなたが少数派を支持して大衆を罰するようになっているシステムに協力する時です、そして、あなたは大衆の1人であり少数派によって演じられていることは間違いないことである。
どうしてそんなに受動的なのですか?
どうしてそれを我慢するのですか?
あなたはそれについて何をしていますか?
奴隷は選択の余地がないと考えるのでそれに協力する人々です。
選択は常にあります。
福山の本を読んで、OWOがどのように動作するかについて学び、自分自身について学んでください。
手遅れではない。
遅すぎるということはない。

そして我々に勇気があるならば、我々はすべて最初の男になる機会があります。

*****

翻訳:N/A

2016/04/27

Illumination:the Secret Religion - Conspiracy Theories explained/陰謀論を説き明かす

イルミナティは懐疑論を勧める。私たちは羊を求めていない。
私たちは彼らの重要な能力を適用し、古い、偽宗教の妄想と嘘を越えて見ることが出来る人を求めている。イルミネーション - イルミナティの古代宗教 - は不条理な神と預言者に盲目の信仰を置く信者のためのものではない。私たちのメンバーの多くは懐疑論、皮肉と無神論者として彼らの旅を始めた。イルミネーションをそのような人々をもたらすためには、合理的ではない人はおそらく信じることができなかった、跪いて神を崇拝することに彼らの命を費やすことを望む牛と羊に説教するよりも非常に難しい仕事だ。それは彼らが間違っていると無神論者が確信させる唯一のことなので、イルミネーションは歴史の中で最も素晴らしい宗教である。

理由は単純です。イルミネーションの神はエホバ、アッラーやキリストとの共通点は全く何もない。
神が不条理な方法で定義されている時、不合理な結論は流れる。神の本当の性質を理解されるとき、生命全ての謎はつじつまが合う。
まず、
ステップ1-宗教について語る全てを疑い、あなたがそうすることができるように多くの欠点と誤りを見つけてください。

ステップ2-陰謀説について語る全てを疑い、あなたがそうすることができるように多くの欠点と誤りを見つけてください。

ステップ3-科学について語る全てを疑い、あなたがそうすることができるように欠陥のような多くの欠点を見つけてください。

ステップ4-哲学について語る全てを疑い、あなたがそうすることができるように欠陥と欠点を見つけてください。

ステップ5-今、真実にあなたの心を開く準備ができています。


陰謀論:新しい宗教?
「シミュレーションは独自の指示対象を廃止するとそれ自体で置き換えるために、十分な自律、十分に洗練されたものになった時、サインの任意のシステムで作成された状況です。」
-- ジャン·ボードリヤール
ボードリヤールは、私たちは時々、本物よりもより本物のように定義された超現実に入った、ということを教えてくれる。
それは奇妙な概念に思われる、まだおそらく私たちは良い具体例を陰謀論の激増で発見することが出来る。
RL-実生活-はしばしば事故、混乱、怠惰、不適当、不運、不測の事態、意図しない結果、偶然・・・混乱の瘴気、乱雑、障害、混沌、つながりのないことと関係している。
単純な満足の行く方法はなく、原因と影響が存在する。
人々は飾りのない現実が好きではない。
私たちは意味を成すパターンを常に探している。わかりやすい原因と結果。
雲を見るときでも、まとまりのない塊よりもむしろ確かな形(顔や動物のような)を見ていると私たちは想像する。
私たちにはどうしようもない - 私たちの心は有線です。
明らかな原因と結果を見つけることができない時、私たちは困惑したままです。苦しみさえ。
しかし、私たちの不安を治すことは比較的用意である。
我々は単に適切な原因と結果を発明して、それを問題の状況に課します。 
私たちは幸せにおいてより多くの原因と結果を詰め込むことが出来る。
私たちは世界を理解しているのを感じる。
私たちは真実が、把握することができる形でそこではないという概念に抵抗する。
全てを説明するという原因と結果の若干理解できるパターンがなければならない。
陰謀論に入ってください。
何も事故はない。何も混乱はない。
ハイパワーライフルを持つ孤独な変わり者はいない。
狂った人々は狂ったことをしない。
その代わり、全てが合理化され、素敵なきちんとした箱に入れ、美しいピンクのリボンで結ばれた。
今、世界は意味を成すので、ギフトラッピング小包は世界に提示され、誰もがうなずき微笑みます。
正気は回復する。
全てには賢明な原因があります。
もちろん、様々な陰謀論をサポートしていない多くの不都合な事実があるかもしれない。
しかし、それらの『事実』を捏造する陰謀に関して中にいる人々ではありませんか?
600万人はホロコーストで死にました。『誰が言った?』とホロコースト否定者は尋ねます。
『ユダヤ人が言った』と彼らの答えです。
なぜ?シオニストのアジェンダを促進すること。
そしてユダヤ人は密かに世界をコントロールしていませんか?
私たちはシオン長老の秘密プロトコルでそう言われませんでしたか?
それらはもちろん偽造された。
しかし誰によって?さて、シオン長老たちによって、自然に巧妙に真実を隠すために。
ホロコースト否定者によると、『ユダヤ人の陰謀』の真実を伝えるために、まったく偽造されていない『実績のある』偽造で信じると非難されるが、意図的にシミュレートされた偽造として配布された。
今では、反ユダヤ主義の烙印を押されるのを恐れて『ユダヤ人の陰謀』を誰も議論することはできず、軽々しく信じてひねくれた状態で偽造を認めるそしてそれはそもそも偽造の全体のポイントだった。
ただし、指摘として、それは偽造でなく、偽造の単なるシミュレーションだった。
この陰謀の背後に天才!
まあ、それは一部の人々が見る方法だし、あなたが言うか彼らの心を変更することができる事は何もない。
そしてあなたが陰謀の一部になっていることを実証することを試そうとさえすることである。
事実は陰謀論を払拭することが出来ると主張する人がいる。
これらの人々が住んでいるのはどのような惑星ですか?
ニーチェが言うように、『事実はなく、解釈のみがある。』
彼は更に極端に明確な記述を出したかもしれない。『事実はなく、誤解だけがある。』
事実は客観的な本当の物事であることをずっと以前に止めた。(私たちが科学の事実を受け入れると仮定する、いずれにせよ人間の脳内の電気信号でそれらは最終的には何もない。)
事実は信条であると私たちは現在理解している。
彼らは何でもサポートすることを使用することができる。
『事実』はとても柔軟であるので人々は正確に宗教的な信条を持つ。
あなたは、提供する上でそれら全てからあなた自身を拾い上げることができる。
あなたが嫌いなすべての事実を無視することが出来る。
それは信頼の前提条件です。(神の子イエス・キリストでしたか?人の子?死から人々を生き返らせ、自身は死から蘇りましたか?これらは事実ですか?またはイエス・キリストは、実際には少しも奇跡を起こさなかったイエシュア・ベン・ヨセフで普通の人間でしたか?彼も存在していましたか?)
陰謀論は同じ領土で動きます。
これらは信念体系でもあります。
何もそれらを克服することはできません。
確かに、それらの人々の多くは彼らの反証する信念で彼らの信条が倍加するという、より決定的に人々の信念は反証する可能性が高い、フェスティンガーの認知的不協和論の予測だ。
あなたが見る、それはハイパーリアルだ。
宗教のような陰謀論はずっと感情的に満足な説明をする。
彼らは大きい、怖い、無期限の質問を閉じる。
合理的な人々以外の誰が、パリのトンネルでの飲酒運転がダイアナ・スペンサーを殺したと信じたいと思う?
彼女の支持者はそれを受け入れることはない。
それで全ては精巧な陰謀論を歓迎する。
彼女は特定の理由、合理的な予定(世界中で1日に何度も何度も起こるタイプのいくつかの薄っぺらくて低俗な自動車事故が理由ではない)ために死にました。
いや、ただそれではダメだ。
より良く『反証』陰謀説本を書く恐竜思想家は本物になる。
というよりはハイパーリアル。
彼らの滑稽な事実は、そもそも彼らがこれまで存在していた(していなかった)と仮定すると、ずっと前に絶滅した。
真実あるいは陰謀論を議論しても意味は無い
それは宗教を反証するのと同じくらい無駄だ。
宗教信者は『しかしあなたは神が存在しないことを証明できない。』としばしば言う。
彼らは決して証拠として受け入れるだろうものを教えてくれなかった。
実際に、彼らは何も受け入れないだろう。
陰謀論と同じゲーム。
もちろん、私たちは一番最初の人間の陰謀 - 知識の木、最初の女性が最初の男を説得して特別な木からリンゴを盗ませた時 - とすべて精通している。
事実はその陰謀の決して邪魔になりませんでしたね?
神のゲーム
イルミナティは世界を敵に回す構想を練る日常的に不吉な集団として描かれている - おそらく人間ではない!
さて、なぜあなたはマイク・ホックニーによるゴッドシリーズにおけるイルミ主義の真実を自身のために読まないのですか?
戒めの言葉 - それがピタゴラス学派の存在論的数学に基づく時から、イルミ主義が何であるか理解するためにあなたは非常に知的である必要があるので、あなたが世界の利口な人々の一人であるか、無知で不合理な永遠に残ることを運命づけられ、創造神とその他のナンセンス全て、エイリアントカゲへの信仰にしがみつくならば、ここで確認するあなたのチャンスです。
デイヴィッド・アイクの本を読み、神のシリーズを読み、自身に問う、「これらのうちのどれが私たちに真っ赤な嘘をついているろくでなしか?」アレックス・ジョーンズやデイヴィッド・アイクやイルミナティのロゴスのような神話の間での違いを発見するのです。
トカゲやライプニッツ?
あなたはどちらの側? - その理由は、真実と正気や物語を話す、ファンタジーや狂気?
永遠に現実のあなたの見方を変える時が来た。真実のための時です。
そしてゴッドシリーズ補足し、イルミ主義とイルミナティの宗教的アジェンダと経済、政治をレイアウトするアダム・ヴァイスハウプトとマイケル・ファウストによる電子書籍を忘れないでください。
あなたが賢いならば、それから、これらの本を読み終える頃には、あなた自身はIlluminatedで、皆のために地球上にパラダイスを築きあげる準備ができています。
選挙によらず、責任を負わず、世界的エリートのワンワールド政府、世界経済と彼らの超政治的な「自由」市場を介し、こうして世界そのものをコントロールする超金持ち資本家を失脚させるために革命に参加してください。
符号化されたフィクション
マイク・ホックニーによる「The Armageddon Conspiracy - アブラハムの神を殺す驚くべき古代の策略。
マイク・ホックニーによる「The Last Bling King - 永久に全世界を所有するエリートの構想、そしてそれらを打倒するための独創的な対抗構想。
Prohibition A - マンハッタンに輸送される地獄のダンテの9サークル。
The Millionaires' Death Club- 彼らが「楽しむ」ため、殺人さえ、任意の長さに向かう魅力的なエリートから誰も安全ではない
あなたはコードを解錠しましたか?
イルミナティ革命に参加してください。
イルミナティ - 神になる方法
神のゲーム - 遊びたいですか?

イルミナティ

*****


翻訳:N/A

2016/04/12

Illumination:the Secret Religion - The Illuminati Network/イルミナティネットワーク

ほとんどの人々が知らない世界の歴史がある。それは「歴史は勝者によって書かれた。」というフレーズに要約される。負けた人々はどうか?彼らの物語は、勝利者の物語で失われる。彼らは余白のメモだ。彼らは「その他」だ。しばしば、中傷と名誉毀損を超えて彼らの成功した敵に向けられた少しが知られている。歴史は彼らの声を記録しない。
よく、彼らは文書を残さなかったか、それとも彼らの敵によってもたらされた破壊を生き残らなかったか。この失われた歴史は、強力な王または最も熟練した将軍を含む大国や有名な戦いの間の戦争には関係ない。その代わりそれは、多数に対して少数、部外者に対して部内者、圧制者に対して抑圧、持つ者に対して持たざる者、すべてのものをもつものに対して何もないもの、体制に対する社会のはずれの、強力に対する無力な闘争である。
非常に多くの場合で体制は勝ち誇っている。

しばしば、少数派(異教徒、叛徒、革命家、レジスタンスのメンバー、自由の戦士、それらの率いる代わりの生活、反体制、暴君に屈しない人々)は破壊されて絶滅する。
彼らは通常狂って凶悪で危険だと分類され、彼らの恐ろしい運命は同じ道をたどるかもしれない人々への警告として頓挫する。
メッセージは「彼らのようであれば、同じ報いを受けるだろう」ということだ。
The Armageddon Conspiracy The Armageddon Conspiracy
(2009/01/10)
Mike Hockney
商品詳細を見る
The Millionaires' Death Club The Millionaires' Death Club
(2009/01/10)
Mike Hockney
商品詳細を見る

歴史上のイルミナティ

イルミナティは現代の神話では、世界の人々の奴隷化を画策し、糸を引いて、体制の後押しをする人形使いとして烙印を押されました。逆は真なり。イルミナティは常に専制者に対する抵抗を導きました。時として、彼らはじらすように成功へ近くなってきましたが、彼らほとんどは壊滅的な敗北に耐えてきました。彼らは、体制へ潜入しようと試し、トロイの木馬の戦略の試み、ゲリラ戦術および大衆蜂起、知的・宗教的論争に勝つことを試し、体制を弱体化させ打倒しようとした。ほとんどの企ては、これまでより強力でじゃまされていない体制と共に大惨事に終わりました。しかし、降伏するか戦いを放棄することは容認できません。彼らが体制を脅かさず、体制の願望(コンプライアンスと服従、それらに立ち向かうための私達の拒否)が正確にある、ささいな快適さの彼らのミクロの世界の中へあまりにも多くの人々が退却する。

体制のゲームは何も新しくありません。

それは、マキャベリのプリンスに明示的に定め、パワーをそれの上に保持する必要があり、それらの無節操な法則を露骨に述べます。不誠実、不正行為、残虐、残酷さ、無慈悲、恐怖を煽る恐怖、厳粛な誓いを破る、偽善、貪欲、贈収賄と汚職、ライバルの絶滅、あなたにぴったりのあなたの敵と協定を作ることは、唯一それらを破る、必要なツールとして全ては提唱されています。この行動は、毎日、地球上のすべての政府からまだ見せつけられています。イルミナティは公の場で多くの外観を持っており、多くの同盟を形成し、暴政に対する進行中の闘争の中で彼らが特定の目的に使用した多くのグループを設立しました。しかし、目的は常に同じでした-旧世界秩序、強力な王朝の家族のネットワークと自分のために設計した地上の富と権力を持つ特権的エリートを破壊し、他の皆と地獄へ。旧世界秩序は数千年前は支配者で、彼らは今も支配者です。彼らは熱心にマキアヴエリの助言に従います。しかし、彼らは彼にゲームのルールを伝えるために彼を必要としませんでした。マキアヴエリは、彼らが数千年間何を行っていたか単に説明しました。
あらゆる災害を通じ、OWOは耐える。最近の財政危機は彼らの力をへこませていますか?わずかもない。
何も変わっていない。
人々は財政危機を行いそれらに対する行いについて話しているが、現実には何も起こりません。

システムは固定化されています。独自のパラメーターの範囲内でそれを変更することは不可能です。それは革命以外に抵抗力があるように設計されています、しかし世界に残されたいくつかの革命派があります。旧世界秩序のシステムは完璧に近いです。それは絶対的なコントロールのマトリックスである。少数の人々に(約6000人)世界は動かされ、まだ彼らは全ての弾圧の機関によってバックアップされています:
警察、軍、諜報機関、法律(金持ちの資産を保護するために、最終的に設計された)。
一瞬にして圧政を一掃することができた、世界の何十億もの普通の人々は、怖がって反撃ができません。彼らは脅しに屈しおとなしいです。彼らはニーチェが非常に愚弄して言及した「最後の人」です。イルミナティの使命は、ある意味で、最後の人が鎖を取り除き、一度まっすぐに立ち上がり、尊厳を取り戻すのを助けることです。
それをどうやってやりますか?
彼らのハイアーセルフと接触する人々を置いていました。
神の火花が個々に解放されたとき、彼はもはや奴隷の状態を許容しない、もはや時間を過ぎるために些細なことと無意味な追求に身を陥らせません。とりわけ、彼らの捏造された支配権が、彼らのハイアーセルフを発見しその恐怖を失った軍団によって挑戦した時、旧世界秩序は恐れるだろう。以下に示すように、多くの勇敢なグループがOWOに抵抗しました。OWOのはるかに多数の軍はそれらを砕き、しかしそれは必ずしもそうではなかったのです。

「夜明け前が一番暗い。」

*****
イルミナティにリンクされていた歴史から動きとグループを識別するには、普通の研究者のためのいくつかの鍵となる方法があります。おそらく生まれ変わりを教えた問題にあるグループ。
おそらく最も特権がない社会層に、自由と平等の異常に強いメッセージを向けた。
おそらく、貪欲で社会の抑圧的支配者から力と富を取り除きたかった。
おそらく、「聖霊」を強調しました。
またおそらく、キリスト教、ユダヤ教およびイスラムのような明らかに宗教によって洗脳され驚くほど異端に見えた主張。
これらの主張は、それが自己神格化になったのと同じ程度の自己高揚としばしばとらえられるでしょう。
「私は神になっている」一部の人々への声は狂った主張、しかし、そのような主張の背後にある意味は、彼らがハイアーセルフ(神のスパーク、神の秩序の一部と)とのファーストコンタクトをしたと、開業者が主張していたことでした。また、彼らは今共に神を分かち合うことを始める事ができた、すなわち、彼らは敬神の初期段階に到達し、十分な結合への進行を予想する可能性を成し遂げた。

啓示宗教は、最大のタブーのような主張を尊重します。

一方、ミステリー宗教については、彼らは、至高の真実、究極の知識の探求のための個人の集大成、聖杯自体です。この種のメッセージを教えたすべてのグループは、イルミナティと直接リンクされるとは限りませんでした。いくつかは、知識や噂の二手に基づいてイルミナティの模倣をし、いくつかは、罪によって社会から追放されていた反乱イルミニストによって導かれ、いくつかのインスピレーションを与える指導者は、ただの宗教とイルミナティの教えと共通の共有要素の哲学(通常啓示宗教に反対の)を作成するために起こった。

イルミナティは、あまりにも多くの人々がそれらにアクセスすれば、秘密が秘密のままでなくなるだろう、という単純な理由で多数のメンバーを持っていたことがありません。
そのためイルミナティは、「人形使い」と評された大衆運動としてフィールドを得るより、むしろ舞台裏での指導的役割を採用した。

下記は、イルミナティに関係がある、または、イルミナティに影響を受け、イルミナティによってリードされたグループや運動のリストです。
それは裕福なエリートに対する抵抗の歴史です。
同じように、政治勢力は本質的に首尾一貫した全体、国家間や時間で重複したので、それに対する抵抗です。決して、すべての抵抗がイルミナティに関連しているわけではありませんが、しかし、特定のタイプの抵抗は、常に上に記述された特性の種類です。
それは世界の最も魅惑的な秘密の歴史です。

*****
ソロモンの結社 - たとえ彼が最初の公式グランドマスターピタゴラスよりも数世紀前に生きていたとしても、ソロモン(イスラエルの有名な聖書の王)はイルミナティのグランドマスターと時々呼ばれます。彼は、イルミナティへの重要性の名誉のためにこのタイトルを遡及的に与えられました。
ソロモンの時代、イルミナティは聖人、神秘主義者と哲学者を彷徨っていました。これらのうちの1つはイスラエルの王国へ旅をし、ソロモンに紹介され、彼の啓蒙に成功しました。(ソロモン(彼の知恵で名高い)は、彼が伝えられていたことの真実を迅速に見ました。)
ソロモンはソロモンのオーダーと呼ばれるようになった秘密のグループを作成しました。
そのうちの課題は

A)ヘブライ人のエホバの崇拝を終了するために。
B)何かもっと驚くべきこと - 実際にエホバを殺すために。
(これはThe Armageddon Conspiracyという本の背景を形成している。)

ソロモンの結社はソロモンの死後崩壊、しかしそれはソロモンの神殿の貧しい騎士団の形でずっと後に生まれ変わった。有名なテンプル騎士団は早くに古代の財宝と秘密を再発見するため、ソロモン神殿の基礎の掘削に捧げた。

ドルイド教 - グノーシス主義のケルトバージョン。
(ローマの新興がトップに出現して、キリスト教のケルト・ローマバージョンがあったように、グノーシス主義のケルト・ギリシャのバージョンもありました。)
ローマ人がイギリスでドルイドを虐殺したとき、ケルトバージョンは事実上全滅しました。ドルイド教の残党は、アイルランドで生き残ったが、徐々にキリスト教に屈しました。(ドルイドはピタゴラス(イルミナティの最初のグランドマスター)に会って、イルミナティの教えの多くを採用しました。マーリンはアーサー王の伝説のなかで、ドルイド教と人間の「魔法の」力(ハイアーセルフと直接的で信頼できる接触を持つ人)両方を表します。

シモン・マグス(魔術師シモン)はイルミナティ最大の、そして最も尊敬されたグランドマスターだったために、開示されることはありません。初期キリスト教の教父は、彼を最も顕著で危険なグノーシス主義、一番の異教徒と見なしていた。イルミナティによって尊重されたすべて、多くのグノーシス主義の宗派が存在したが、各宗派の教えの間にかなりの相違がありました。

イルミナティと密接にリンクされていたグノーシス主義の宗派はカルポクラテス派(禁止Aに記載されている)、カイン派、オフィス派(オピスはギリシア語で蛇)やヨハネ派(アルマゲドンの陰謀を参照)であった。

ミトラ教 - イルミナティ率いるグノーシス主義の謎の宗教。イルミナティは、ローマ軍にとって魅力ある宗教を紹介し、それによって彼らはローマ帝国の軍事統制を確保できるようにしようとしました。多くのローマ兵士がミトラ信者になったが、ミトラ教固有の秘密によって最終的にそれに反対した。明白な理由で、謎の宗教はあらゆる重要な規模で公開することができません。そして大衆運動になってしまうことを防ぐことができます。キリスト教は、公的領域に入り、ミトラ教よりはるかに人気で強力になりました。それは多くのミトラの要素を盗み、徐々にミトラ教の脅威を中和しました。

マニ教 - 直接キリスト教に匹敵するであろう、マニは全ての人に開かれたグノーシス主義の宗教(よりはむしろミトラ教のように、入会者だけに承認された儀式のみ)を作成する任務を帯びたイルミナティのメンバーだった
それは光の宗教と呼ばれた。
そのアイデアはその後、最高のマニ教信者がイルミナティのより高い謎の宗教に導入されるだろうということでした。- イルミネーション。マニ教は一時的に非常に成功していたが、世界の主要な宗教によって最終的に破られました。マニは恐ろしい死をうけた。
26日間、彼は重い鎖で刑務所に監禁され、そして、生きて皮を剥がれ、わらを詰め込まれ、十字架に釘づけにされて、彼の教えに従った人々へ恐ろしい光景としてJundishapurの大都市の正門の上に吊り下げられました。彼の死体は断首され、そして、頭は釘の上に置かれました。

ヘルメス主義 - イルミナティによって設立されていない学派だが、多くの類似した興味について述べ、イルミナティが絶滅の近くに来た、ローマ帝国の崩壊と来るべき暗黒時代の間に、現存の秘儀の考えを維持することを助けました。
ヘルメス主義は、イルミナティにいつも大いに尊敬されています。
ヘルメス主義とグノーシス主義との間の主要な違いは、世界が邪悪なデミウルゴスの創造であり、その人間性が彼の悪意の力の元にあると、ヘルメス主義者が言わないということです。
もっと正確に言えば、精神のものの代わりに肉体の関係への一種の怠惰、無関心、麻痺、無知、欲望と奴隷化によって、人類が神から分離されている、と彼らは主張します。
もし人類が目を覚まし、唯物論的な考え方、官能的な快楽や気晴らしから自分自身を解放することができれば、それは神と直接に親しく交わる可能性があります。
グノーシス主義とヘルメス主義の両方は、ハイヤーセルフ、神の火花、人間が神になるための手段の探求に関係があります。
その程度まで、イルミナティは、ヘルメス主義のアジェンダを支持している。
地球が有害な力に取りつかれていると確信した、自分自身を見つけることはない人々は、ヘルメス主義経由でイルミネーションの真理の多くへの道をまだ見つけることができます。

イルミネーションとヘルメス主義は救いへの2つの道である。

イルミナティは、ヘルメスの道を辿る意志、ある日、彼らがより高い真実と洞察を発見するように、イルミナティと同じ道筋に到達することを常に教えてきた。
ヘルメス主義とイルミネーションの本質的な違いは片側に、キリスト教のような宗教、ユダヤ教やイスラム教の他の宗教に対し、後者の信者は、神から外部と疎外されて、彼らのレベル以上に遠く無限に遠いと考える。前者は内部に彼(神?)を参照して、悟りに到達した時、近くに、彼らと同じになる。
仏教徒とヒンズー教徒は、その間、悟りに到達したとき、神の本質は、素晴らしい永遠のワンネスに夢中になるだろうと考えます。言い換えれば、キリスト教徒、ユダヤ教徒とイスラム教徒は自分自身を常に神から離れたものとして考え、仏教徒とヒンズー教徒は神/自然は一体のもの(ただし完全に消滅し独自の個性を持った)、そしてヘルメス主義者とイルミナティは神となったと、しかし彼らの個性は保持された。

これはほとんどの人が把握するには難しい概念である。

最高の近代的な類推、それはホログラムのことです。
物理学者デビッド・ボームはホログラムについて
”...エフェクトの1つは、3次元と、可能な視点の範囲から、元の構造体の全体を見ている。(一方は窓越しにそれを見ていたかのように)。
我々はその後、小さな領域[ホログラムの]だけ照らすならば、まだ全体の構造を確認しますが、いくぶんはっきりと定義されたディテールと可能な視点の範囲の減少から(私たちは小さな窓を通して見ているかのよう)。それは、照射された対象"[このオブジェクトのホログラフィック画像]の部分の部品の間には11の対応していないことが、その後、明らかである。むしろ、各地域における干渉パターン[ホログラムの]は全体の構造に関連して、構造体の各領域は、干渉パターン[ホログラムの]全体に関連しています。」
と述べる。

神へのホログラフィックアナロジーと人類に存在する神の火花が見えますか?
それぞれの火花はまだ個々であるが全体(神)を含みます。
「まるで一人が小さな窓を覗いて見ているかのように」。
さらに、全体()は個々の部分に依存します。
では、あなたはどの道筋を選ぶのだろうか?
あなたは、キリスト教徒として、ユダヤ教徒として、イスラム教徒として、常に神の無限の影に立っていたい、あるいはあなた個人がもはや存在しないようにすることで彼に夢中になる、仏教徒とヒンズー教徒の代弁者として、あなたは個々のアイデンティを保持しながら神性を達成したいですか?答えは、どんな考えの人にとっても明らかでなければなりません。

反乱イルミニスト率いるグループの例としては、イルミナティの初期の数年にみたEuchitesMessalians)であった。イルミナティが落ち着いた組織になる前に、聖なる男性、神秘主義と哲学をさまよって始まった。
Euchitesは基本に戻って、再び物乞いで生きている遊牧民の聖なる男性になりました。
彼らは神の自我と交わった。したがって、罪の無能だったことを教えた。つまり彼らがしたすべてが良いと正当化された。
これは多くの場合、無政府過剰、特に性的な性質につながった。これは、我々が後のセクションで対処しなければならない"救いのための罪"の物議を醸す教育はイルミナティの腐敗を表していた。"救いのための罪は"高いレベルのコントロールと自己規律を必要とし、常に厳しい禁欲主義に活かさなければなりません。罪を犯す者のために罪を犯すことは身勝手で、非生産的であり、ハイアーセルフとの真正な接触につながりません。
しかし、偽の宗教の教えの意図的な攻撃として使用される「罪」は、超越的な解放の道具となることができます。罪のレトリックの多くは、善と悪と全てのコントロールに関して何の関係もありません。支配者の議題を促進するための集団洗脳に関して。
そのような「罪」の人間性を除去するほど重要なことはありません。 - オールド・ワールド・オーダーに定義されている罪、これは全く罪ではありません。

カタリ派 - 中世の南フランスのカトリック教会に深刻な宗教的課題を提起したグノーシス派。(カタリ派の先駆者は、パウロ派、Athingani、そしてボゴミル派などのグループでした。)カタリ派もゴリアール(12世紀と13世紀に酒好きのラテン語風刺詩を書いた聖職者の集団のこと。)とトルバドゥールの形をした強い文学の伝統と関連していた:これは、詩、芸術、絵画や彫刻を使い広い世界に隠された異端を伝えるため、カトリック当局に見つからず密輸し、コード化されたメッセージを渡すためのイルミナティの試みの幕開けだった。
カタリ派は、国教会を「サタンのシナゴーグ」とみなし、祭壇を地獄の口と考えました。
バチカンはそれらに対して聖戦を開始し、それらは事実上全滅した。
テンプル騎士団 - エルサレムのソロモン神殿遺跡から、特殊な宝物を取り戻し、特権的インサイダーの位置からカトリック教を侵食しようとした。おそらく正統派カトリック教の修道士で、実際にはグノーシス主義であった。バチカンは、最終的に危険を認識し、テンプル騎士団の命令を抑制した。
最後のグランドマスターは火あぶりの刑に処せられた。

Capuciati - フランス革命のジャコバン派クラブの先駆者。 12世紀の終わりには、Capuciatiは貴族に対しに立ち上がり、自由と平等に基づいた社会を実現しようとしました。彼らは残酷に抑制された。

錬金術師 - 科学とスピリチュアリズムを結合しようとしたグノーシス主義の思想家。精神的な啓発への疑似科学的な道筋を見つけるために。(一部の錬金術師は隠喩的な科学者であった。すなわち、彼らは精神的な洗練と気高さのプロセスを記述するために原始化学の言語を使用していた。彼らは真剣に科学実験に従事していませんでした。)
錬金術はそれがバチカンによる形式上の非難や迫害を避けるために、管理され秘密裏に行われた。錬金術師は、強力な諸侯の保護がない場合、めったに表立たなかった。

フリーメイソンは、錬金術師とテンプル騎士団の残党との組み合わせから生まれました。
自由な精神の異端は、中世のヨーロッパで繁栄し、開業医は罪を超えて(Euchitesのような)、完全な状態に達していたという考えに基づいた運動でした。彼らは、社会的、道徳的規範を否定し、しばしば非常に無差別だった。しかしながらこの混乱は、1960年代の「自由恋愛」に多く似ていた。それは頻繁に、薬物使用が伴い、愛とコミュニティを広げるように意図され、何よりもハイヤーセルフとの交わりと精神的な解放により、高い平面への導管であることを狙っていた。
グノーシス派やキリスト教徒は、 「聖霊」の概念は非常に異なる意味を持ちました。キリスト教徒にとって聖霊は三位一体の第三者で、カトリック神学では教会と聖なる秘跡(サクラメント)を介して作用しました。カトリック信者は秘跡を介する以外の聖霊へのアクセス権がありませんでした。プロテスタントでは、個人は、教会または任意の秘跡を必要とせずに直接、聖霊と対話することができます。グノーシス派にとって聖霊は、実際にはハイヤーセルフへのコード化されたリファレンス、神のスパークだった。その用語の使用によって、実際にグノーシス主義の教えを広めながら、彼らはキリスト教徒のふりをして、こうして異端という非難を避けることができました。
彼らがハイアーセルフへの連結に成功した場合、精神的、神秘的な理解で満たされるでしょう - グノーシスそのもの - それは、存在の本質を明らかにするでしょう。
彼らのハイアーセルフを介して作用する神の秩序の一部は、彼らはもはや罪を犯すことができないでしょう。
彼らは制約の自由と世界の苦悩から真に自由になるだろう。このような理由から、彼らはエルーセラリアンズ(Eleutherians)と呼ばれていました - ギリシャ語で"自由"の意味。
(いくつかのグループは他のものよりも自由だった。他の人が強く明確な精神的な目的を維持しながら、一方でいくつかは完全に無秩序と身勝手になりました。それは自由ではなかった。それ自体は重大な問題であったが、どのように自由が行使されたか。 無責任または、明確な焦点です。)

フィオーレのヨアキム(イルミナティのグランドマスター)とベーネのアマ、(上級イルミニスト)は世界が3つの時代に分割されているという革命的なアイデアを担当していた - 父なる神(エホバ/ユダヤ教)、神の息子(イエス・キリスト/キリスト教)と、神の聖霊(これはヨアヒムとアマのためアブラクサス/グノーシス主義を意味)。
ドルチーノ派、フラ・ドルチノの先導の下で、カタリ派に密接な関係にあるヨアキム派運動だった。彼らは、平等主義を提唱し、すぐに教会や貴族の敵意を集めました。彼らはテンプル騎士団員が逮捕され抑制されたのと同じ年、1307年に絶滅した。
フリースピリットの同胞、ホミネス・インテリゲンテアェ、アダムの子孫(初期キリスト教の宗派)、the Amalricans、ベギン会修道士/ベギン会修道女、ピカール、the Turlupins、わめく人と完璧主義者は、全ての同様のタイプのグループ、フィオーレのヨアキムとベーネのアマの律法主義の考えに触発され、そして絶対的な自由に捧げた。彼らは、社会の慣習によって自分たちが拘束されていると知覚しなかったため、頻繁に世論を憤慨させた方法で、秘密裏に、ときには公然と行動した。必然的に、彼らは教会の敵意を集め、それらのほとんどはどう猛に迫害された。
ヒエロニムス・ボッシュはthe Adamiteの宗派のメンバーでした、彼の絵画はAdamitesの教示にコード化されたリファレンスに満ちている。
ウィリアム・ブレイクの絵画や文章もグノーシス主義のシンボリズム、そしてコード化されたメッセージに満ちている。
(ブレイクの重要な絵画は大富豪の死クラブで強調表示されます。)

ヘシュカスム - 14世紀、ビザンチン帝国のマケドニアに現れたイルミナティの分派。彼らの活動は、アトス山( "ホーリー・マウンテン")の修道士コミュニティを中心とした。ヘシュカスムは真の神の光のビジョンを見ることを努めた神秘主義者だった。
彼らは、神の火花、ハイヤーセルフのカンパニーにそれらもたらす、できるだけ近くに神の秩序にそれらを取ること、この熟考を人類の最高の目標としてみなした。このように彼らは神と一体になる可能性があります。この経験は"ユニオミスティ"(神秘的な連合)、神とひとつであることの恍惚とした気持ち、のように記述することができます。
キリスト教正統派に該当するものとして、その実践を偽装するためにヘシュカスム、彼らが求めていた光は、「人間」と「神」が目に見えて一つになった、タボール山のイエス・キリストの変容は、キリストが神の神秘的な光で輝いていたと述べた。長い議論の末、ヘシュカスムは東方正教会によって非異端として受け入れられましたが、ローマ・カトリック教会によって平和的に拒否されました。光明派とスペイン発の似たようなアイデアは、非常に異なった運命に会った。

光明派(Aluminadosとしても知られている) - 15世紀から16世紀にスペインのイルミナティ分団。イグナチオ・デ・ロヨラは、テンプル騎士団の非軍事的なバージョンをモデルにした新しいグループを、カトリック教会に浸透させる任務を割り当てられた、光明派の上級メンバーであった。
彼によって設立されたグループはイエズス会だった。
光明派は 若干のConversosを募集- 彼らが国に留まるか、あるいはただ生き続けたい場合、スペイン当局によってキリスト教に改宗することを強制されていたユダヤ人。これらの多くはカバラの教えによく精通していた。「ムーア人」(ムーア人の強制改宗者)も募集されました。
イルミナティは、異なる伝統から新しいメンバーを得ることが常に幸せだった。提供されたそれらの人は主流の「宗教」に執着していません。Conversosとムーア人は、常日頃から既に元の宗教と不仲で、彼らはキリスト教に対する思い入れを持っていなかったが、どんな信念もなく単に便宜上改宗した。ヘシュカスム派同様光明派は、神のビジョンを体験することができるようになる完全な状態を達成しようと努力した。神との直接的で超越的な出会い。その時点で、彼らが「光」を受け取っていた時、彼らのハイヤーセルフと直接通信することができるだろう。
光明派は、スペインの異端審問によって迫害を受け、スペインを出発した。彼らが照らすとして知られていた、多くは、フランスの隣国に行きました。(そして時には彼らの地元のリーダーピエール・ゲラン、後のGuerinists)当局は、1635年にそれらを抑制した。新しいグループが18世紀に登場し、新たな迫害を受け、彼らは「フランスの預言者」として知られるようになったイングランドに逃亡した。
彼らの著述はジャン・ジャック・ルソーに影響を与えた。
フランスのイルミナティのもう一つの分団は、スペインConversosの祖先とカバラの教えの偉大な知識を持っていた、マーティネズデPasquallyによって設立されました。このグループは後に、マルティニストとして一般に知られるようになった。その後、彼らの新しいリーダーはルイス・クロード・デ・サン・マルタン。
この期間内にイルミナティにリンクされたもうひとつのグループは、フランコ・イタリアのカルボナリだった。一部の人々は、カルボナリはイタリアで19世紀に設立されたと主張しますが、実際は、その起源はフランスで16世紀に横たわっていた。
ジェスイットオーダー(イエズス会)はカトリックに潜入し、内部から権力を掌握する別の試み(テンプル騎士団に続く)としてイルミナティによって設立されました。テンプル騎士団のように、騎士修道会ではなかったのに、「キリストの兵士」として知られていました。

薔薇十字団 - フリーメーソンの公に垣間見ることを提供した最初の重要な秘密結社。
彼らは頻繁にコード化された言語のいくつかに不可解な謎と鼓舞するマニフェストを発表した。彼らは明るみに出てこなかったので、それによって迫害と破壊を避けました。
薔薇十字の哲学者として、
あなたは魔術師でなければならない、
そのふりをすることはもうない、
トリスメギストスが以前より、
ピタゴラス、年寄りのゾロアスター、
そして彼らのマスター、アポロニウス。
(サミュエル・バトラー)
(薔薇十字団の結社は徐々にイルミナティから切り離され、他の影響を受けて下落した。
それは今日まで続いている - http://www.amorc.org.ukを参照してください
薔薇十字団はもはやイルミナティともはや関係ありませんが、イルミナティ独自の教えの多くは現代の薔薇十字団の考えではまだ明らかであることに注意してください。
ジーン・ロッデンベリー、スター・トレックの生みの親はAMORC(薔薇十字団)のメンバーだった。
スター・トレックは、もし我々が旧世界秩序の自分自身を取り除くことができれば、我々の社会は次のようになる、非常に強力なイメージを表しています。
スター・トレックは、貪欲と宗教的な教条主義の自由、人類の冒険好きなビジョン、インテリジェント、野心的、無欲、誠実、正直、貴族、実力主義を推進しています。
誰がこの未来的な楽園を実現することから私たちを妨げている? - それは旧世界秩序。)
フリーメーソン - 君主制とキリスト教の支配的暴政を打倒するために設計された、啓発的思考の産物。徐々にそれが政治勢力に潜入し完全に壊れていった。それが今では旧世界秩序の大黒柱です。フリーメーソンはイルミナティの最も深い後悔と最大の不幸である。
第三代アメリカ大統領トーマス・ジェファーソン、独立宣言の主要な作者、そして情熱的な共和党員、フリーメイソンとイルミナティのアメリカでも有数のメンバーだった。彼は有名な 「自由の木は愛国者と暴政者の血で時から時を経て新しくされていかなければならない。それが自然の肥料である。」と述べた。その感情は、当時のイルミナティの非常に特徴的な考えであった。
アメリカは、宗教の教条主義、貴族、王、皇帝を打倒するための方法のイルミナティのモデル、世界のため偉大な指針であることを常に意図した。
すべてのために正当に支配する方法。すべてがうまく開始しました。ジェファーソンは、国家の開発のすべての側面に関与していたが、彼がオフィス、彼の力とイルミナティを去った後、衰退し旧世界秩序は熱心に彼らの最大の勝利の確保について設定します。ゆっくりと、しかし確実に、彼らはアメリカの完全なコントロールを想定した。彼らは、貴族、君主や王たちではなく、しかし代わりにヨーロッパの貴族と同じくらい強力な、影響のある大きな富を持つ王朝の家族を作りました。彼らは民主主義を茶番に変えました。それは彼らの継続的なパワーを確保するための単なる乗り物となりました。そういうわけでブッシュ親子 - 最上位の二人のOWO馬鹿 - は両方ホワイトハウスに達した。
イルミナティがかつてどのように強力な、現在の世界のハイパーパワーを持っていた事実を把握し明らかにすることは、同じようにその力を再構築し、その敵を打ち負かしている旧世界秩序の輝きを明らかにする。
旧世界秩序によって、普通の人々の卑しい本能に容赦なく訴える事がらは、常に成功すると知っている。イルミナティの課題 - それが露見したひとつとしてほぼ不可能 - それは人類の崇高な側面と高い志を磨くことによって獲得するものです。
ジャコバン・クラブ - イルミナティが率いるフランス革命の最も急進的な政治団体。彼らは、最初に大きな成功を収めたが、革命を根絶することを望んだ欧州の列強すべてと戦争を行うことを余儀なくされて緊張下に崩壊。ジャコバン派の指導者は斬首刑に処せられた。
二十世紀の帝政ロシアでは、イルミナティは、ボリシェヴィキが壊れた帝政の政権を転覆するのを助けることを選んだ。イルミナティは共産主義に反対したが、彼らは暴政者や独裁による統治と比べて、ましなほうとしてそれを見た。残念なことに、共産主義は間もなくスターリン専制政治下になりました。

*****

イルミナティは、いくつかの共同謀議論者が主張するものに反して、中世ドイツのホーリーフェーム自警団の秘密結社とは関係を持っていません。ホーリーフェームの表面的な理解さえ持っていれば、彼らが熱心にイルミナティのメンバー追いかけ処刑していた、と誰でも知っているだろう。
他には、イルミナティとハサン・イブン・サッバーフによって設立された暗殺教団の結社との間に関係があったと主張している。暗殺教団とイルミナティに正式なつながりはありませんでしたが、お互いを尊敬していました。テンプル騎士団は、12世紀に暗殺者と遭遇しそれらに好奇心をそそられ、暗殺が旧世界秩序の暴政に対する合法的な武器として展開することができればと思った。さらにテンプル騎士がアサシンの不可解でコード化されたモットーを賞賛したことも事実です。「何も真実ではない。すべてが許される。」正しい力量の唯一の人だけがそのようなスローガンを理解することができます。愚かな人々は額面通りにそれを信用し、それをある種の無政府状態と虚無的な声明と考えてしまうだろう。それは決してそうでありません。
Roshinaya/ Rawshaniyya16世紀のアフガニスタンの秘密結社もまたイルミナティに関連していると言われました。繰り返しますが、これは誤りです。Roshinayaはイルミナティではなく暗殺教団に関連していた。RoshinayaもペルシャのNuqtawiyya15世紀に登場し、神秘主義や輪廻転生を教えた宗派に、そのルーツを持っていた。(繰り返しになりますが、イルミナティは、これらのグループに対する敬意をもっていた、しかし絆はなかった、さらにこれらの宗派が、外観においてはグノーシス主義であったと言って差し支えないだろうから。)3つの宗派はみな攻撃され迫害され、大部分は破壊されました。
仏教やヒンドゥー教とイルミナティの関係は別々に扱われる対象となります。イエス・キリストとイルミナティの関係に関しては、これはまた、個別に扱われるでしょう。多くのグノーシス主義の宗派では、「クリスチャン」(しかし、キリストの彼らの見解は、キリスト教正統派のそれとは非常に異なっていた)として自らをみなしますが、しかしイルミナティは、いかなる意味でもクリスチャンではない。
キリスト教は啓示宗教とみなされているが、それはグノーシス主義の謎の宗教のように扱うことは確かに可能です。福音書の中の謎めいた発言の多くは、非常に特徴的な語彙とグノーシス主義の象徴である。キリスト教のそのようなバージョンでは、キリストは救いへの道筋でグノーシス主義の手本となります。完全に人間に生まれ、イエスはグノーシス主義の教えによって下に置かれた正確な道筋をたどり、彼の神の火花で完全な結合に到達した。
その時点で彼は二つの完全に表現された性質(人間と神)を一つの人間の中に持っています。彼は「神の子」と神自身の両方です(すべての神の火花を記述可能ように)。彼は完璧であり、罪を犯すことはできません。彼はグノーシスの頂点に達したため、キリストの復活は、実際には生まれ変わりのサイクルからの最終釈放です。キリスト教の正統性は、イエス・キリストが地上における神の化身だった特殊なことを教示しているのに対し、グノーシス主義のキリスト教は、彼が単に誰でも成し遂げることができるものの例であった、と言います。誰でも霊知を達成することができる。誰もがキリストであることができます。奇跡的な「実現」は一人一人の中で繰り返すことができます。世界は現人神達でいっぱいかもしれません。キリスト教の設立は、遠く離れた異端のような概念に関しては、しかし実際にイエス・キリスト自身が福音書の中で述べている何も矛盾していません。

*****

現代におけるイルミナティは、古いものよりはるかに少ない影響力のため、いくつかの傾向があります。消費者の台頭、一般的には、霊性から離れ、人類の多くによって唯物論に向かって、「ジャンク」エンターテイメントの容赦無い進出、人々は本物の自由と選択肢を持っていること広範な妄想、彼らは政治権力の度合いとその指導者を変えることができることを、普通の人々に説得する「民主主義」の成功、技術によって提供される使いやすさと快適さ、スポーツの偏在、音楽、人々を延々と散漫に保つ映画やTV、メディアは洗脳機械、皮肉な広告機械の有効性、有名人の文化や大金持ちの完全支配。
それは世俗主義と科学の時代の人々にとって、悪性の、スピリチュアルな力が世界に働くことを受け入れるには難しいです。多くの人々は、世界は下劣な場所だと思いますが、それが人間の欠点だと考え、純粋な人間の向こうにある邪悪な共謀には全く気が付かない。過去の偉大な運動の多くは、只に現代には存在できませんでした。知性はもはや存在しません。旧世界秩序は、人間性を矮小化し、抵抗する能力を剥ぎ取られています。OWOの力は、現在より大きくありませんでした。彼らを打倒するには巨大な努力が必要だろう。
新たな組織を紹介するイルミナティの計画、上記のもののいくつかとは違って、誰でも参加でき、旧世界秩序の新しい抵抗の中心となるだろう。さらなる詳細は後で用意されるでしょう。誰もが参加する機会を持つことになります。
しかし、誰もイルミナティのメッセージを誤解してはいけません。
イルミナティは、カトリック教会、ユダヤ教やイスラム教のようなことは何もありません。
それは、トーラーやコーランにあなたの顔と盲目的にすべての単語を崇拝する要求、聖書のような 「聖なる」テキストを誇示することはありません、。
イルミナティは、あなたを「救う」ことができると主張しません。他人があなたを救うことは決してありません。
イエスキリストは確かにあなたを救うことが出来ない、プロテスタントの福音があなたに伝えることは関係ありません。
あなたは自分自身のみ救うことができる。
イルミナティはガイドとして行動し、他には何もありません。
彼らはあなたの靴で歩くことができません。
誰もあなたに代わってグノーシス(霊知)を達成することはできません。
私たちは人々から多くのメッセージを受け取ります。しかしそれらの多くは、主要なポイントを得るのに失敗する。
あなたの人生への答えを他人に見てはいけない(奴隷だけがそれを行う)自分自身に目を向けて。
答えは全てあなたの内に含まれています。
あなたは、ただそれらのロックを解除するキーを見つけなければなりません。
「シンプルに?」実のところ、それはすべての中で最も困難な作業ですが、しかし他にどんな可能性があるだろうか?
神になる過程が他の何かよりも考えられる最大の課題だろうか?
あなたは強さ、想像力、ガッツと究極の探求のための知識を持っていますか?
あなたにイルミナティは必要ありません。
必要とする物すべてを既に持っています - あなた自身です。
それらを持っている人は、イルミナティへ自分の道を見つけることができるだろう、しかしあなたは誰を必要としないことを決して忘れない。すべての最も自由なアイデアは、彼らが世にでることが出来れば、誰でも既にすべての答えを含んでいる。
あなたはそれがあるべき姿とまったく同じだと思いませんか?
生命の意味を見つけるために、あなたのまわりの世界に、外側へ目を向ける必要はありません。あなたの視線を内側に向けた時、必要とするすべてを見つけるでしょう。
答えはいつも古代の知恵に含まれていた。「下にあるものは 上にあるものの如し。」

大宇宙と小宇宙は見るべきビジョンを備えたものには全く同一です。

*****以上翻訳*****
翻訳:N/A

2016/04/10

Illumination:the Secret Religion - The-Secret-History/秘密の歴史

当ブログ管理人による解説
以下は、イルミナティの公式サイトからの翻訳です。現在ではそのページにはアクセスできません。イルミナティの旧・サイトに載っていた一連の記事の中の一つです。翻訳文章の中で日本語として文法や語法にミスが散見されますが予めご了承ください。

*****

歴史書に現れるものは世界の本当の歴史ではありません。本当の歴史は秘密裏に行われ、ほとんど文書化されたことはありません。少数の秘密結社と閉ざされた団体と共に、本当の歴史は一握りのパワープレイヤーを中心に回ります。本当の歴史はその本に現れるように、犯罪現場の調査に似ているのに対し、全ての歴史に対する陰謀についてです。イベントが行われて、歴史家が後からやって来て何がそれらのイベントの原因になったかを理解しようとします。しかし、犯罪現場の捜査官は決定的な法医学的証拠を集めるのを援助するための精巧な科学的技術がある間、歴史家は公的な記録で利用できることだけにアクセスして、それはしばしば信頼できません。

公的な記録がなければ、歴史家は想像力以外に頼るものがありません。

原因と結果を確立するため、イベントを結ぶために物語を作ります。しかしそれは、すべて物語、うわさ話です、それは真実ではありません。

本当の原因は常に歴史の視線から隠されています。

愚か者だけが事実としてイベントの歴史家の解釈をします。歴史は文芸批評と同じくらい意味があります。歴史家は常に頼りにならないナレーターです。映画ゴッドファーザーの終わりで、マイケル・コルレオーネは新しいゴッドファーザーに任命されているのを見ることができます。そして彼女が信頼出来ない部外者であるため、ドアは彼の妻に直面して閉められます。それは観衆の顔も閉じられます。それは歴史の比喩です。ドアは重要な決定が行われいる時、私たちの直面する瞬間で閉じられます。起きたこと、誰が何を言ったか、誰が進めて何を議論したのか、誰が反対したのか、どのような視線が交換されたのか、何が囁かれたのかは決して聞こえません。私たちが得る全ては、歴史家の前世代の物語と中古のソースからの働きで、そこにいなかった歴史家の推測です。

歴史全体は世界規模のゴッドファーザーと考えられるかもしれません。

強力な人々は公開審査から遠く離れた秘密の部屋で共謀し、それから彼らの意志を実行するためのエージェント、暗殺者と戦闘犬を送り出します。大統領、法王と王子はエージェントでもあります。これらの人々はそれ自体で強力に見えるかも知れませんが、本当の意思決定者は目立たない所に立っているので目には見えません。多くの場合大統領は彼らの主人の命令をするため、地位に就いている傀儡です。それは宣戦布告を伴う恐れがあり、人形使いに有利な新しい法律を導入し、人形使いの支持する企業に有利な契約を授け、人形使いの同盟者を不可欠な高給の仕事に任命し、人形使いの敵の評判を落とし、物語を植え付けて、暗殺さえも実行します。

全てのことはもちろん否定されます。

さて、それはないでしょうか?

そして当然、彼らは姿を隠して敵をけなすために誤報、偽情報、スピンやプロパガンダの巨大な機械を持っています。

陰謀論者は常に狂ったように解雇されます。

誰が陰謀論者の評判を落とすことで利益を得ますか?
もちろん、共謀者。
彼らの最大のトリックは、彼らが存在しないことを普通の人に信じさせることです。
裸の王様のお伽話で、詐欺師の織工職人はバカや自分に相応しくない仕事をしている者には、王様の(存在しない)新しい服は見えないと言います。類似した何かが、逆に陰謀説に起こります。陰謀がわかる人は誰でも、バカか職は務まらないと言われます。
しかしそれぞれのケースでは、現実は私たちを騙そうとする人々によって言われるものの正反対です。歴史家はこれまで陰謀説を真面目に取り扱いません。彼らにはそうする余裕がありません。陰謀説が存在すると認めるならば、主要な歴史のイベントの原因が彼らから永遠に隠されると認めているので、彼ら自身が失業しているようにしています。歴史家は彼ら自身の課題を推進し、彼ら自身の重要性と意義を誇張します。共謀者は歴史家が少しのトラブルも起こさないことをあてにします。それは利己心の同盟です。多くの陰謀説は不合理です。それは陰謀説が存在しないという意味ではありません。陰謀説について核心は共謀者だけが密会で何が起こるかわかっているということです。それで他の皆は推測に従事しなければなりません、彼らは自身の偏見、お気に入りの話題とファンタジーを混ぜて加えます。間もなく、人々はイルミナティがジップアップ人間のコスチュームを着て扮装する異次元からのトカゲであるか、彼らの本当の姿だけ特定の過渡的な点で垣間見ることができる精巧なシェイプシフトを使用する、と人々は主張しています。これは陰謀説とSFとファンタジーが結合するところです。

この考えの大部分は、サイエントロジーの創始者(SFライター、ロンLハバード)の職場から始まります。イルミナティは千年以上の間、多くの共謀に関与しましたが、圧倒的多数は失敗しました。イルミナティは非常により強力な共謀者と直面しています。まれに、彼らはなんとかして旧世界秩序の秘密議会を浸透させることができました。そして彼らがOWOのやり方についての知識を確立したのはこれらのエピソードからです。しかし彼らには内部に誰もいません。同じ理由で、侵入者はこれまでに最高レベルに接近しなかったが、2,3の出来事で敵はイルミナティに潜入させました。イルミナティのメンバーさえイルミナティの支配的な議会と事実上直接接触しませんでした。イルミナティを非難する人々の多くは、今日まで、フランス革命に嫌悪感を覚えて、革命派のイルミナティ影響を受けたスローガンを嫌う、裕福な、右翼の、君主制推進ファシストです:
自由、平等と兄弟愛。
あなたがフランス王ルイ16世は偉大で高貴な男であり、上流家族と金持ちのエリート集団が世界を動かさなければならないと考えているなら、イルミナティに反対しなければなりません。一方で、すべての人は公平な機会を与えられるべきで、彼らの才能、富、地位と彼らの両親の社会的繋がりに関係なく保証するのと同じくらい遠くにある社会に入らなければならないと思うならば、あなたはイルミナティを支持しなければなりません。
そう、私たちは新世界秩序を設立しようとしています。
そう、私たちは専制君主を倒そうとしています。
そう、私たちは特権のネットワークを打ち砕きたいです。
そう、私たちはキリスト教のような極悪非道な宗教を廃止しようとしています。
それは常にイルミナティの任務でした。
あなたは願望は悪であると思いますか?
イルミナティの敵は凶悪な人、人々に陰謀を企てます。
イルミナティは虐げられた人々と抑圧された人々を解放しようとしています。
その願望を共有していない人は誰でも人々の敵です。
新世界秩序とイルミナティに対して反対意見を述べる人々は特権的なエリート集団のプードルです。
新世界秩序の設立は弁証法的確実性です。
最終的には自由が勝利します。エリートは悲しい運命です。
これらは彼らの夕暮れです。一般人が日光に入る時間です。
旧世界秩序は悪の枢軸です。
特にアメリカの支配階級と英国は、人々がこれまでに自由であることならば、押しのけられなければならない人々です。
下記のセクションでは、ジョナサン・ブラックによる「The Secret History of the World」を読んだ人々からのいくつかのメールに応じて、私たちはその本と我々の反論からの直接的な引用を提示しました。
私たちも世界を動かすために存在している必要がある少数の人々を許可する成分について調べます。
どのようにして6000人が世界を支配することができるか
ちょうど6000人が世界をコントロールします。それはどうしたら可能ですか?
どの要因がそれだけの力を持つ少数の人々にとって適所にあるに違いありませんか?
16000人は共通の展望と共通の目的がなければならない。彼らが互いに絶えず戦うなら、それは彼らにとっての災難でしょう。旧世界秩序はお金と力に対する飽くなき欲求によって連合します。6000は彼らが莫大な富を共有することを許す数です。それ以上-60万や600-であったら彼らの富と権力は大きく減少します。また、彼らのランクの中での意見の相違はとても可能性が高くなりそうです。
26000人はその場所に皆を保つために力の脅威を利用しなければならない。軍と警察はこの力の要素を提供します。
36000は他の皆を見張る事ができなければならない。シークレットサービスはこの機能を提供します。
4)大衆に政治的な選択の幻想を与えなければならない。民主政治はこの役割を果たします。
5)大衆は彼らが自由であると思っていなければならない。この終わりまでに、彼らは否定的な自由を提供しています。これは政府による干渉(もし人々が政府に疑問を呈する何もしないと定めるならば)から解放されていることです。
6)大衆には沢山の選択肢がなければならない。消費者主義はこの必要を満たします。人々には選ぶことから終わりのない製品があります。彼らは本物の選択で消費者の物を選ぶ能力を混乱させます。
7)大衆には供給されて楽しまなければなりません。ローマのようなパンとサーカス。スーパーマーケットは大量の安くて便利な飲食物を提供します。テレビ、映画、演劇、音楽、ナイトクラブ、バー、プレイステーションその他は、大量のエンターテイメントを提供します。
8)時々、大衆は一時的にその背後に、日々の問題を置くことができる精神の変化した状態に姿を消すことができなければならない。薬はこの機能を実行します。アルコール、タバコと鎮静剤は、当局により提供される合法的な薬です。当局もそのたくさんの違法薬物が利用できることを確実とします。(最終的に、それは国際麻薬取引の利益を得る6000人です。)
9)大衆は重要な何かを「所有する」のを感じなければなりません。資産は選ばれる手段です。多くの人々は彼らの家を実際に崇拝して、自己の拡張と彼らのアイデンティティの要点とみなします。「イギリス人の家は城である。」
10)大衆は彼らの不平の原因が対処されると思っていなければならない。法律制度はこの機能を提供します。
11)大衆は「不正行為者」が罰されると思っていなければならない。刑務所システムはこの目的を果たします。
12)大衆には来世に若干の希望がなければなりません。宗教はこの機能を提供します。
13)大衆には彼らの運命の急進的な変化の希望がなければなりません。宝くじ、ギャンブルと「アメリカンドリーム」はこの必要を満たします。
14)大衆には親密な、優しい、サポートシステムがなければなりません。家族はこれを提供します。
これら14要素は、直接日々の関与なしで少数の人々によって自動的に支配されることができる安定した社会の基盤を提供します。とりわけ、大衆は合法的な権威のソースとして6000を尊重しなければなりません。彼らは6000に従わない結果を恐れなければなりません。
2次世界大戦で、ナチ強制収容所の親衛隊は比較的少ない仕事を果たしました。
根絶の日課(チクロンBの容器をシャワーに落とすこと以外)に彼らは密接に関係していませんでした。ほぼすべての仕事はユダヤ人自身に任されていました。ナチスが多くの都市で確立したユダヤ人ゲットーは、ユダヤ人の長老の議会によって導かれておかれました。これらの議会は、秩序を維持するため警察の執行者を選任、ナチスなどへの破壊活動を引き渡し、食べ物、飲み物と薬を割り当てられる死の収容所への移送に誰が乗るかを決めた。
それは全て直接ナチの関与することなくスムーズに働きました。
ナチスはユダヤ人(彼らが皆殺しにしていた正にその人々)によってなされた仕事を介して望んだ結果を得ました。
全体の人々は、従わなかった場合に何が起こるかの純粋な恐怖のうち、自身の破壊において共謀すると主張するできました。しかしいずれにしろ何が起こったか見て下さい。
それを認めるかどうかにかかわらず、私たちはユダヤ人と類似した位置にいます。私たちの主人が楽しい人生を楽しむことでやっていく間、私たち自身の屈辱で共謀すること。
私たちは彼らのための汚れ仕事をして、自身を管理下に置き、結局収益を手渡します。
彼らは高級なレストランで座り、最もすばらしいシャンパンをちびちび飲んで、私たちを笑います。
階層は暗黙の力に基づきます。あなたが階層で上司の言うことを聞かないなら、制裁があなたに課せられるでしょう。誰でも階層で彼らの位置を受け入れなければならないことは旧世界秩序の成功にとって必須です。一度人々が序列に自身を置くならば、階層-旧世界秩序自体-の最上位は安全です。
The Last Bling Kingという本の中で、旧世界秩序に対する蜂起は階層から自らを開放する人に依存しています。階層がもはや認められない時、それは力を有しません。階層はマスター/スレーブ弁証法と密接に関連があります。奴隷は自然に一列に落下して指揮系統に従います。奴隷の社会は厳格な階級が至るところで認められる社会です。私たちはそのような社会です。階層が維持される間、マスターは無制限の力を行使することが出来ます。
イルミナティによる代替の社会の展望は何ですか?大部分の詳細は空前の最も影響力のある哲学作品の一つで見つかります。ジャン・ジャック・ルソーによる社会契約。
ルソーはイルミナティのメンバーではなかったが、彼の政治的意見はイルミナティのそれらと実質的に同一でした。ロベスピエールとサン=ジュスト(フランス革命の最も偉大な2人の啓蒙主義者)は社会契約に頼りました。 ルソーの政治的な考えは、もう一つのセクションで論じられます。
朝鮮戦争では、多数の捕虜のために収容所を造って、慎重に彼ら全員を守ることが資源の浪費であると中国人は理解しました。 
彼らは代わりに強い個性-指導者か役員かどうか-を持つ囚人全員を見分けることと他者から引き離すことを行いました。彼らはこの少数(総数のおよそ5%)を守り、彼ら自身の装置に他者を残しました。無防備な囚人の誰もが逃げようとはしませんでした。
彼らを奮起させ駆り立てるための自然な指導者なしでは、彼らは羊のようでした。
彼らはトラブルを起こさずあてもなくぶらつき、中国人が彼らを養うのを待ちました。
旧世界秩序は似たような戦術を採用します。彼らは大衆のリーダー-5%-を特定して、OWOの下位のレベルでボード上にそれらを連れてくるか、投獄する、あるいは排除することによって、いずれにせよ彼らはそれらに対処します。
リーダー無しで、大衆は朝鮮戦争の囚人のように、あてもなく漂いぶらつきます。
大部分の人々は、無意味な活動において彼らの時間を遊んで過ごします。
OWOはそのような人々を決して気がかりにしていません。
OWOの帝国が建設される他の要素は他に3つの罪を加えたいわゆる7つの大罪の専門家の操作です。
完全な10の罪は以下の通りです。貪欲、怒り、妬み、怠惰、欲望、誇り、大食、臆病、わがままと虚栄心。
OWOはどの罪がどのひとに適用するかについて確認する方法を知っていて、彼らを滅ぼすか無害にするためその知識を使うことの達人です。
歴史は2つの力から成ります。それはこれまで増加性の自由の方向に弁証法的に動いていてしますが、その旅に関するあらゆるステージで、その全ての形で罪を通して戦わなければなりません。
罪は、自由の進歩に対する歯止めです。 罪は、永久の正反対です。 
罪は、人間の弱さ、もろさ、弱さ、欠点、脆弱さ、衝撃と欲求のアリーナです。
OWOは罪を経由して自由を遠慮させようとしています。
彼らは自身の目的に合わせて罪の使用におけるグランドマスターズです。
彼らが構築した世界は偽装の傑作です。
自由の幻想はとても強力ですが、まだ世界は巨大な監獄です。
OWO自体だけが自由です。
大衆は彼らの罪に応じて執拗に操られます。
Prohibition Aという本では、「救いのための罪」の概念が議論されます。
それは私たちが戻らなければならない主題です。
大衆は罪に対する彼らの態度を再定義しなければなりません。
その場合にのみ、彼らはほんとうの自由に対する決定的な措置を講じる事ができます。
OWOは「罪」を人々に対して使用される武器として考えます。
彼らは罪を強調する、全ての良い大衆を制御するために宗教を構築します。
キリスト教徒、ユダヤ教徒とイスラム教徒は罪に取り憑かれています。
そういうわけで彼らが自由になることは決してありません。
最も効果的な監獄は何ですか?あなたが自身の頭に持ち歩くもの。罪とは何ですか?あなたの携帯できる監獄。
隠された歴史
ジョナサン・ブラック著のIn The Secret History of the Worldにおいて、「イルミナティと不条理の高まり」という題名の章があります。
私たちはブラックによってなされる様々な論争のコメントをハイライトし、短い返事を提供しました。
「イルミナティの物語は秘密の歴史におけるより暗いエピソードの一つです。そしてそれ以来ずっと秘密結社の評判を汚しました。」
これはイルミナティについて言われるいつもの戯言です。
イルミナティが不吉と見なされているのは、彼らが
a)キリスト教、イスラム教とユダヤ教(何世紀にもわたって人類に影響をあたえることを許されたにも関わらず、良い高貴な世界を構築するという観点から、あらゆる点で失敗している宗教)のような悪魔の宗教を打倒してほしい。また
b)専制君主(君主、暴君、独裁者、寡頭政治における支配者、超金持ち)を打倒する同じように惨めな失敗をして、より高いレベルに人類を前進させるために許しがたい人々
を望むことを明示的に述べているからです。
そうです、イルミナティは常に旧世界秩序を探し求めていました。人類はそれを叫んでいす。10億人以上を奴隷にした古くて失敗した道を廃止する時ではありませんか?
イルミナティは旧世界秩序から栄える人々全ての敵意を招いてきました。金持ち、特権的エリート、彼らの群れ(羊)を騙す宗教指導者、そして被害妄想の教育水準の低いバカ(新世界秩序が彼らの解放の唯一の希望であるのを見ない、全ての洗脳された反新世界秩序陰謀説のファン)。
超金持ち、偽の預言者達、黒のような冷笑的なメディアハックと旧世界秩序のプロパガンダに倒れた普通の赤ちゃんの不自然な同盟はイルミナティに対して配列されています。
どのように自由を達成するイルミナティの素晴らしい、歴史的なミッションは「暗いエピソード」として見なすことが出来ますか?
新世界秩序に反対する人々は解放の敵です。
世界は現在世界をコントロールする勢力のため、どのくらい暗いエピソードに耐えなければなりませんでしたか?
1776年、バイエルンの法律学教授、アダム・ヴァイスハウプトはイルミナティと呼ばれる組織を設立、彼の生徒の中から最初の同胞を募集しました。」
ヴァイスハウプトはイルミナティの偉大なグランドマスターの一人でしたが、結社は彼が生まれる何千年も前に設立されていました。
それは古代ギリシャの哲学者、数学者で神秘的なピタゴラスが謎の学校と秘密結社に変えるまで、神秘的主義者と聖なる男の放浪する思想家の緩い団体として当初は存在していました。
彼はイルミナティ初の公式グランドマスターで「哲学者」-知恵の恋人-という言葉を使用する最初の人でした。
イルミナティの大部分のグランドマスターは哲学者でピタゴラスのように神秘主義者でした。(アダム・ヴァイスハウプトは非常に教養がある教会法の教授でした。そして高度な哲学に精通して、啓蒙の価値のチャンピオンでした。彼は一部のとんでもないギャング、悪党やサイコパス、とても頻繁に旧世界秩序の操り人形によって描かれているような人物ではありませんでした。)
「イエズス会士のように、イルミナティ同胞の関係は軍事的ライン上で動きました。メンバーは個々の判断と意志を引き渡すよう願い出ました。初期の秘密結社のように、ヴァイスハウプトのイルミナティは古代の知恵を明らかにすると約束しました。高等でより強力な秘密はイニシエーションのはしごの上まで進んだ人々に約束されました。入会者は個室で作業していました。知識は「知る必要性」の基礎(この新しく再発見された知識も危険だったので)と呼ぶ現代のセキュリティサービスに応じて個室の間で共有されていました。」
知識は「再発見され」ませんでした。イルミナティのメンバーは決して個々の判断と意志を引き渡すように頼んだことはなかった、しかし、明らかに彼らは結社の規律を維持することを求められます。
イエズス会士はイルミナティの組織に基いてではなく、他の方法で回避していました。
(ロヨラのイグナティウスはイエズス会の創設者でイルミナティのメンバーでした。徐々に侵食しカトリックの知的基盤を疑うだろう、表面上保守的なカトリック知識階級のトロイの木馬を作ることの任務を課せられていました。暗闇と無知を払いのけるため、イエズス会結社のシール(印)には燃える太陽のシンボルが含まれています。)
彼らが一時的に結社を抑制したのは(1773年から1814年の間)、バチカンがイルミナティによってイエズス会士が潜入していたことを疑い始めたからでした。
復活した時、以それは前より厳しいバチカンの支配下にあって、イルミナティは彼らに対する影響力を失いました。
抑圧の期間の間、彼らはもはやイエズス会士とは呼ばれていなかったが、バチカンに忠実な多くのイエズス会士は、まだ影響力のある立場を維持することが出来ました。
彼らは結社の中でイルミナティの関与の噂について愕然とし、アダム・ヴァイスハウプトを倒すことを誓いました。
彼らは彼に対する主な煽動者であり、彼を攻撃し、彼の名を汚すため他の人に援助を与えました。
ヴァイスハウプトとイルミナティの最もヒステリックな批判家の一人は、フランスのイエズス会の司祭Abbé Augustin Barruelでした。
彼はフランス革命はイルミナティとジャコバン派(ロベス・ピエールとサン・ジェストが主要なメンバーであった過激派グループ)により計画され実行され、人々が望まなかった革命に羊のように導いたということを書きました。
言い換えると彼は、フランスの人々は貴族に対するどんな不満もなく、不吉な操作のために反乱が起こった、ということを言おうとしていました。
実際、イルミナティとジャコバン党員は恨みの火口箱に火をつけるため、単に火花を提供するだけでした。
それから彼らはリーダーシップを提供しました。しかし、人々のもっともな激怒がない状態では何も起こらなかったでしょう。
「旧い政権は悪魔のような体制である。イルミナティの気高い歴史的使命は、サタンの意志を遂行しその暗い奴隷に人類を保持しているアルコン - 世界の王子 - を破壊することにより男のハイアーセルフを解放することである。彼らの腐敗はフランスでその頂天に達している。その悪魔の様な専制政治は破壊の機が熟している。必要とされる全ては火の粉である。我々は火の粉である。」
アダム・ヴァイスハウプト(イルミナティのグランドマスター)1789
はい、多くの秘密は梯子をさらに上がるイルミニストに与えられます。
彼らは高度な知恵の暴露に値することを証明しなければなりません。
そうです、個室はイルミナティを通じて使われて、多くのメンバーは他のメンバーの身元を知りません。
12の支配的議会だけが全結社の全景を持ちます。
個室構造のおかげで、これまでイルミナティは高度なレベルに侵入されることはありませんでした。
1777年にヴァイスハウプトはフリーメイソンに入会して、すぐにイルミナティの多くが続き、ロッジに潜入しました。彼らは上席の地位まで素早く昇りました。」
イルミナティのメンバーがフリーメイソンリーで上位の役割があった理由は、イルミナティがフリーメイソンリーを作ったからでした。
歴史を通して、イルミナティは彼らのメッセージを運ぶために第二の車両を作成しました。
The Armageddon Conspiracyで明らかにされるように、イルミナティはフリーメイソンだけではなく、カタリ派、テンプル騎士団と錬金術士を設立しました。
フリーメイソンとイエズス会士はテンプル騎士団のための2方面からの置き換えでした。
(テンプル騎士団員のようなイエズス会士は多分忠実なカトリックだったが、実際は、当初、カトリック教義を倒すことに取り組んでいました。プロテスタンティズムもイルミナティの促しの理由のため起こりました。イルミナティは巨大な分裂がキリスト教を破壊するだろうと望みました。彼らは間違っていることが証明されました。)
「それから1785年にジェイコブ・ランツと呼ばれる男がシレジアに旅立って稲妻に打たれたことが起こりました。彼が近くの教会で倒れた時、バイエルン当局はイルミナティの秘密の計画を明らかにしている書類を体から発見しました。これらの書類から、ヴァイスハウプト自身の手を多く含み、国中で踏み込んで押収される他と共に、全体像は確立されました。」
申し立てによると「明確に」 - 暗号化されていない自分に不利な文書を送信する秘密結社の見込みは何ですか?ゼロ。
重要な特使がちょうど雷に打たれたることが起こった可能性は何ですか?ゼロ。
ヴァイスハウプトの側にいる間ランツ(ヴァイスハウプトの友人)が稲妻に打たれたというのは本当で、それは神話が生まれたというこの事実からありました。
しかし司祭のランツはイルミナティのメンバーではなく、少しもイルミナティの文書を決して受領していませんでした。
「イルミナティ内で広められた古代の知恵と秘密の神通力は、常に冷笑的な発明で詐欺であったことを押収された著作は明らかにしました。教えの精神的な要素は単に偽装であることを発見するだけだったので、志望者は等級を進みました。」
それは「冷笑的な発明で詐欺」であったと書いて、それからそのメンバーシップの間にこの情報を回すことにする秘密結社の可能性とは何ですか?ゼロ。
これが真実であるならば、イルミナティはどんなメンバーも決して持っていたことなかっただろうし、持ちません。
これは彼らの敵の評判を落とすため、圧政的な体制のシークレットサービスにより広められるまさにいつもの誤報で偽情報です。
もしヴァイスハウプトに不利な物的証拠が発見されるなら、なぜ彼は反逆罪のために逮捕されて処刑されなかったのですか?
これらのイベントは、アメリカ革命の余波と右翼ヨーロッパの体制が過激派を恐れた時、フランス革命への宣伝において行われていたことを思い出して下さい。
イルミナティの敵がバイエルンでのヴァイスハウプトの生活を困難にして彼は去ることを余儀なくされた(ただし、バイエルン政府からの年金の提供 - 彼が国家の致命的な敵と見なされた場合にあなたが期待しにくいもの)のは本当です。最終的に彼はザクセン=ゴータ・アルテンブルグ公アーネスト2世の保護を与えられたゴータに定住しました。
彼が王の後援を受けたという事実は、イルミナティ計画の全容は完全に秘密のままだったという最も確かな証拠です。
イルミナティは結社の性質を知らなかった何人かの貴族と繋がりました。
イルミナティは彼らの計画を進めるためにこれらの影響力の有るつながりを利用することが出来ました。
過去2030年間まで、イルミナティは彼らがVIPとの「友情」を深めるため、すなわちこのような行動するより他に手はないと感じました。
特権的な円内で動いていたイルミナティの一部のメンバーが堕落したので、今は金持ちと強力であるものとの接触を全て避けています。
啓蒙のずっと前に、イルミナティは啓蒙の価値を説いていました。
啓蒙は科学と理由を進めて、正当な宗教を弱体化させるイルミナティの努力の結果でした。
ヴァイスハウプトの時代において、法王ピウス6世はイルミナティを非難したが、その時にはもはやカトリック教会にはイルミナティと戦う能力がありませんでした。
「唾を吐かれて、スピリチュアリティは揶揄にされました。イエス・キリストの教えは、結婚と家族の絆、全ての宗教制度の、全ての中身の廃止を求め、内容は本当に純粋に政治的であったと言われました。ヴァイスハウプトと彼の共謀者の狙いは純粋な物質主義の根拠、革命的な新しい社会で動く社会を設定することになっていました - そして彼らの理論をテストすると決めた場所がフランスでしょう。」
それどころか、イルミナティは世界を鼓舞させる新しいスピリチュアリティを育てることによって、物質主義と消費者主義の呪縛を解こうとしています。
イエス・キリストは偽預言者でサタンのアルコンです。
キリストのメッセージの多くはいかにも政治的です。
歴史で最も貪欲な誇大妄想狂の多くはキリスト教徒でした。
今日、世界で最も裕福、最も貪欲、冷酷、右翼、保守的、反動的な人々の多くはキリスト教徒です。
ブッシュ家と英国王室 - 旧世界秩序の二つの柱 - は自ら認めるキリスト教徒です。
世界で最も影響力のあるキリスト教徒の身元の中で、より悪性のキリスト教はどうかという明確な証拠はありません。
宗教はどのような君主、非常に金持ちで強力な家族の王朝と、富と機会における広大な格差の原因となりますか?
イルミナティは資産の廃止を要求しませんが、彼らはその不当な配布に反対します。
彼らは家族の王朝、大部分の特に王家に反対します。
彼らは全てのサタニック宗教に反対します。
彼らは革命的な新世界秩序を擁護し、解放された人間の精神で満たされます。
旧世界秩序は非常に強いと証明されたので、彼らは歴史を通して何度も彼らの理論を実施することを試みて彼らの努力のために迫害されました。
アメリカはイルミナティの壮大な計画でした。
しばらく専制的な英国君主制を退位させた、生まれたての共和国、偉大なアメリカが世界を照らすビーコンであるようでした。
夢は長くは続きませんでした。
旧世界秩序は新しい国家を腐敗させ、彼らの暗い展望の中心的存在にすることが出来ました。
アメリカは旧世界秩序の悪性(不平等と反実力主義のまさしくその源)の座として大英帝国にとって代わりました。
アメリカン「ドリーム」はこれまで歴史に適用された最も皮肉なラベルです。
「最終的に、究極の秘密は秘密がないことであることを候補者の耳に囁かれました。」
これが言われたのは本当です。彼らが真実で生まれ変わることができるように、絶望(比喩的な精神的死を達成するため)にそれらを減らすため候補者に適用されたテストでした。
文脈から取り出すそのような声明にとっての一般的な方法とイルミナティの敵によりひどく誤解されました。
「このように、候補者達の最悪の本能に訴えた、虚無主義的で無政府主義的哲学に彼らは入れられました。ヴァイスハウプトは自由な人々を設定しない文明を破壊するが、他人に自分の意志を課す喜びのために陽気に取り壊すのを予測しました。」
イルミナティはニヒリズム、無秩序と実利主義と戦っています。
はい、イルミナティは旧世界秩序の圧政を取り壊すことを予想しています。
「ヴァイスハウプトの著作は彼のシニシズムの程度を明らかにします。『隠蔽に私たちの強さの大部分がある。この理由のため私たちはもう一つの結社の名において自分たちをカバーしなければなりません。フリーメイソンリーの下であるロッジは私たちの高い目的にとって最も適当なマントです。』
はい、イルミナティは隠蔽を使い彼らの目的を進めるために、他の組織を作ります。
フリーメイソンはそのような創作の一つでした。
アメリカの最も偉大な建国の父、トーマス・ジェファーソンはヴァイスハウプトについて言います。
「ヴァイスハウプトは専制君主と聖職者の圧政の下で生きたので、情報と純粋な道徳の原則を広げる際にさえ注意が必要であることを知っていました。したがって彼はフリーメイソンにこのオブジェクトを取り入れさせ、彼らの機関の対象に科学と美徳の拡散のためにリードすることを提案されました。彼は専制政治の稲妻の恐怖に比例するグラデーションによって、彼の体に新しいメンバーを引き入れるつもりでした。これは彼の意見にミステリーの空気を与え、彼の追放、フリーメイソンのための転覆とロビンソン(Barruleとモールス)の彼に対する戯言にとっての言い訳で、その本当の恐れは技術が男の間で情報、その理由と自然の道徳の広がりによって危険にさらされるだろうということです。
この主題が私にとって新しく、あなたにとってもそうであるなら、あなたがわかる際に同じ満足を受け取るかもしれないと私は想像しました。そしてその分析を形成する際に持ちました。それからヴァイスハウプトがここで、賢明かつ高潔な男性に与えるために私たちの努力は必要ない場所、と書いたならば、彼はその目的のために少しも秘密の機械についての考えを持っていなかっただろうと、あなたが私と一緒に考えるだろうと思っています。」
ヴァイスハウプトの公然の任務がもたらすことになっていたもの:「偏見と迷信の雲を払いのける、理性の日によって理解を啓発するイルミネーション。」
彼は卑金属を金に変える(人類の神の火花を放出するため)錬金術のゴールを成し遂げるため、イルミネーションを使うことにより人間性を完璧にしたかった。
言われているように、ヴァイスハウプトはイルミナティの創設者ではありません。
彼が設立した秘密結社はPerfectibilists(「完全主義者」)の結社でした。
Perfecti(パーフェクトに仕上げる、パフェ)として知られているカタリ派の司祭職から、名前のためのインスピレーションは来ました。
イルミナティはPerfectibilistsに潜入して、それがイルミナティと同じように多くを持つということが分かりました。
ヴァイスハウプトはそれからイルミナティによってリクルートされ、そのような献身と、最終的に彼は現職の死後、グランドマスターに選出されたというメリットを示しました。
イルミナティの中で彼の選ばれた名前は、旧世界秩序を転覆することへの言質と、彼らの残酷な主人に打ち勝つために奴隷を導くことへの彼の関与を示す「ブラザー・スパルタクス」でした。
「ダントン、デムーラン、ミラボー、マラト、ロベスピエール、ギョタンと他のリーダー[フランス革命の]は『照らされました』。」
はい、フランス革命、歴史で最も大きなイベントはイルミナティにより触発され主導されたが、このリストに記載された人々全員がイルミニストであるというわけではありませんでした。
ジョナサン・ブラックは優しい光で専制君主ルイ16世を描こうととします。
世界はブラックのような王党派と旧世界秩序の支持者でいっぱいです。
「[ルイ16世]が群衆と話そうとする時、彼はドラムロールにより短く切られたこれは想像を絶する扉を開いた、地球上で最も文明化された国の中心部で起こるべきことです。」
ブラックは凶悪な、専制的な君主による支配が「文化的である」そして、人々(その手は罪のない人の血で赤い)の圧制者を処刑することが考えられないと思っています。
彼が言う全ては、旧世界秩序に対する彼の盲目的な愛情によって着色されます。
ブラックはBarruel、ロビンソンとモースの伝統に属しています:革命の意義をひどく嫌った親君主制主義者。
「それは男を追って足場へジャンプして叫んだ『ジャック・ド・モレー、あなたは復讐されます!』と乱闘で言われた、これが本当であればその感情は王の恵みと慈善とは全く対照的でした。」
ブラックは彼のプロ君主制主義の感情を表明する少しの機会に抵抗することが出来ません。
ジャック・ド・モレーはテンプル騎士団(フランスの子分のフィリップ4世により、長年残酷に拷問されてその後1314年に火計で燃やされた)の最後の英雄的グランドマスターでした。
テンプル騎士団はイルミナティにより設立されました。イルミナティはフランスの王に対して復讐するため、確かに元気づけられました。
ジョナサン・ブラックの本を読んで彼ら自身の結論に達するのを私たちは誰でも奨励します。
彼の資料の多くは誤解を招く、不正確で馬鹿げている間、彼はそれでも真実の探求者が注意すべき分野の多くに触れます。彼らはより深く研究を解明する出発点として、ブラックの本を使わなければなりません。