ピタゴラス派イルミナティ

西洋の正統なイルミナティについて情報発信しています

地政学と宇宙情報

世界情勢を宇宙レベルで把握すべく情報発信します

チームメイト募集中

政治家を天職としたいと想っている方、連絡してください。チームで動きましょう。

2014/07/28

古い世界秩序 Old World Order (OWO)

古い世界秩序

出典:

私たちは二つのグループに抵抗しています。1つは古い世界秩序(Old World Order)であり、1つは古い世界秩序の連中の背後にいるグループ。さしあたり、カーテンの後ろにいる組織についてはこれ以上は何も述べません。古い世界秩序は、まんまと騙されている人たちで、自らが騙されていることに彼らは気づいていません。彼らのゲームはもっとも古いゲームです。すなわち権力(パワー)にまつわるゲームです。いかにして権力を得て、そして維持するか。
以下はOWOについてのキーポイント:

1)OWOは、一連の支配者家族群れの世界的ネットワークである
2)彼らのミッションは、この家族群れの権力と富を永続させること
である
3)その他の人々はこの特権階級に加わることを許可されるが、それ
OWOの利害をアシストできる場合においてのみである。
4)OWOは一般人の福祉については何の配慮もしていない。一般人
が期待される通りの月並みな生活をする限り、一般人が彼らのレ
ーダーに入ることはない。
5)収容所や奴隷用の野営地だったりなんであれ、そうしたものを建設する計画はOWOにはない。このような施設は莫大な資源を要するし、不必要なトラブルを招く。また役に立つ機能を果たさない。テレビ、ハリウッド、コンピューターゲーム、ポルノ、音楽、アルコール、たしなみで味わうドラッグ、スポーツ等、をつかってOWOは人々をなだめられる。このような気を紛らわすものは、人々が決して立ち上がることがないことを保証してくれる。目的や思慮のない大衆向けの娯楽が存在する間は、人々をコントロールするために収容所を建設する必要はOWOにはない。
6)ブッシュ家はOWOの好例。父と息子はイェール大学の秘密結社スカルアンドボーンズに所属し、両方とも大統領になった。もう一人の息子は前フロリダ州知事であり、潜在的には未来の大統領だ。一体どうやって、いわゆる民主主義社会にあって1つの家族がこのような権力を達成できるのだろう。
7)ブッシュ家は、OWOの仕組みを見事に描写してくれる:ものすごくリッチで、とても力があり、結束力が高く、アメリカの政治シーンに何世代にもわたって君臨しうる。
8)OWOは生活の全ての側面を執拗にコントロールしているわけではない。彼らがすることといえば、自分達と仲間たちが他の人と比べて人生におけるチャンスを数的に圧倒的で優位にするために多大な努力を惜しまない、ということ。ジョージ・ブッシュは、限られた才能にあってもし名がブッシュでなければ人生で意義のあることは成し遂げなかったはずだ。ただ彼の名はブッシュなので、彼はアメリカの大統領だった。OWOはいつでも才能よりもファミリーを重視する。これはアメリカの原理原則においては玉座を占める価値観で、人々はこれを大いに支持する。だがこうしたことが保証するのは無能な家族群れが何千年にもわたって君臨するということ。ブッシュ家がこうした家族群れになるのは明らかなことだ。
9)大抵の人々はアメリカの支配者家族群れを知っている。連中は以下の事に関連付けられて考えられている。オイル、銀行業、娯楽、メディア、軍事、諜報機関、政治。
10)OWOは国際的な広がりを持つ。アメリカの支配者貴族らは、普通のアメリカ人よりもロシア貴族達と共通点を多く持つ。
11)古い世界秩序がモデルとするのはアウグストゥス=カエサルの時代のローマ帝国やヘンリー8世のころのイギリス王制(在位:1509-47)である。
12)OWOは支配者群れによる支配の提唱者である。アメリカを見よ。ジョージ・ブッシュ(父と息子)--- 両方アメリカの大統領。ケネディ一家にしてもOWOのルールを破って代償を払わなければ何十年にもわたって君臨し得ただろう ― クリントン一家。夫は大統領だったし妻もまだ大統領になれる。その娘も将来なれるかもしれない。現代アメリカでは一連の家族群れによる大統領の職位が社交界の必要要件になってしまった。なぜこうなってしまったのか。偶然か、それとも意図的に?
13)ローマの帝王たちは「パンとサーカス」を提唱した。市民がファーストフードと安っぽい娯楽でなだめる限り、重大なトラブルを起こす事はない。一般人が空腹で、注意をそらすものがなにもないときに革命は起きる。これらの要因なしに革命が引き起こされることはあり得るだろうか。
14)ローマにはパトリキウス階級(裕福で権力を持つ人々)と平民階級(一般人)があった。
アメリカも同じではないか?スーパーリッチ、アイビーリーグ内輪グループ、甘やかされた女相続人、政治・メディア・軍事・ビジネス・銀行業・法律職のエリートたち。彼らがアメリカのパトリキウス階級だ。他の人たちは全員平民。

15)ローマのグラディエーターは平民にこよなく崇拝された。アメリカ人にはなにがあるだろうか。こうだ:アメリカの平民軍団に崇拝されるハリウッドのスーパーセレブ、TV、ロックンロールにスポーツ。

16)古代ローマでは芸術家やインテリゲンツィアは取るに足らない存在であった。彼らは普通、ギリシアからの奴隷であった。アメリカにおける芸術家とインテリゲンツィアを見て見るがよい。彼らは国家意識の最前線には居ない。平民の間に知性が存在する事をOWOはとても嫌う。そして平民がほとんど教育を受けないようにするためには最善を尽くす。連中は、「愚民化」を提唱し推奨する。

17)ローマ帝国は奴隷制度の上に成り立っていた。アメリカもそうだった。アメリカの一般人は今だに奴隷である。現代との唯一の違いといえば、あからさまに苦しめることがないということだけだ。

18)英国王室を見ると良い。女王は英国人を彼女の「臣民」と呼ぶ。国家の首長として彼女を取り除くことができない。彼女の王冠、地位、富、権力は彼女の息子に譲位される。他の誰もその権利を有さない。英国において才能は、効率的に不法なのだ。というのも、国家元首はいかなる能力主義的な評価基準にも従わなくて構わないのだから。英国は世界でももっとも階級分断の進んだ社会だ。
19)英国の政治屋たちを見ると良い。高度の特権的バックグラウンドから
出てきたトニー・ブレアは先ごろ首相であった。今では彼の子ども達が、彼の足跡をなぞるべく訓練を受け未来を嘱望されている。英国保守党のリーダーは英国でも指折りの裕福な人物だ。彼は古きイートン校出身であり、オックスフォード大学のスーパーエリート集団ブリントンクラブのメンバーであった。直近の同僚たちは似たような特権的バックグランドを持つ。ロンドン市長と影のChancellorは、キャメロンとともにブリントンクラブに加わっていた。
20)200810月の時点で、アメリカには43人の大統領を持っていて、内二人は父と息子なるブッシュ家チームからであった。今後の見込みはどうだろう。
21) 43人の大統領のうち、3人が小規模でエリート秘密結社ことスカルアンドボーンズのメンバーだった。今後考えられる可能性はなんだろう。2004年の大統領選挙における民主党選出者ジョン・ケリーはスカルアンドボーンズのメンバーだった。つまり、2004年の選挙で民主党に投票しようが共和党に投票しようが結果はスカルアンドボーンズの人間がホワイトハウスに就くことに変わりはなかった。それでもなお選択肢があると御思いか?いわゆる民主主義という諸制度にあっては選択は幻想でしかない。人民をコントロールし、OWOの圧政者たちに投票させるために使われる道具が民主主義である。あなたが投票した人間にあなたが反対する確率はほとんど無い。こうやって彼らのマインドコントロールシステムに盲従するというわけです。彼らが選ぶ2人を目の前に出されて、その2人しか投票できないとしたら、投票にどのような利点があるのだろう。彼らは自分たちが永続的に統率できるようにするために、選挙のプロセスをコントロールする。そしてそのプロセスによって大統領が選び出される。あなたが投票するとき、それはあなたの陣営の誰かではなく彼らの一味に投票することになる。

22) まだまだより多くのブッシュ家の人間、ケネディ家の人間、スカルアンドボーンズのメンバーが今後のアメリカ政治の高官の地位を占めるべく列をなしている、というのは疑いようがない。

23) もしパトリキウス階級ではないのなら、あなたは誰でもない。Nobodyだ。人民は立ち止まってこれについてなにか対策を講ずることもできるのだがそうしない。なぜなら彼ら人民は、パトリキウス階級がつくりだすレトリックとプロパガンダで麻痺しているからであり、終わりなきまでに注意をそらすパンとサーカスに酔っているからである。彼らには崇拝するべきグラディエーター英雄が居る。サポートすべき帝国的征服劇のための軍隊がある。侮辱すべき陰謀論者たちがいる。そして吹聴すべき「自由と民主主義」がある。

24)古い世界秩序の象徴的なトップは英国女王である。彼女が通りをパレードするとき、人民の大群が旗を振り声援を送る。彼女の臣民たることに彼らは悦に浸る。その様はまるでどの角度から見ても彼女の公認の下級下僕である。このことは専制君主のパワーといったものをまざまざと見せつけてくれる。行政上の権力を遺伝的な君主制で維持する様を想像して下さい。これが古い世界秩序が追求することだ。彼らは王家の結婚を夢見ている。アメリカの王子と中国の王女が結婚する未来を想像せよ。古い世界秩序がその野望を全て叶えたら、起きる将来である。

古い世界秩序とは、永続的パトリキウス階級を作り出すことが全てです。「神授の権利」によって任命される君主制という中世のコンセプトを待ちこがれ、永遠に家系内で王冠を相続できるような君主制を待望しています。

実際には、アジェンダのうち90%を古い世界秩序は達成しました。正真正銘の権力と最善の仕事という観点で言えば、一般人には勝ち目がありません。そもそも一般人はゲームに参加していません。彼らは平民。さらに悪いことに彼らにはそれがふさわしいのです。彼らは自らの手中にパトリキウスをいつでも追放するだけの力を握っているのに彼らは連中に支配されることを許しています。言い訳は存在しません。

映画マトリックスはOWOの仕組みを示す恰好なメタファーです。マトリックス支配者たちがOWOで、大半の人民は真実について忘れやすいのです。ごく少数が気にし、そしてその少数のみが「現実」を見通します。Mr.スミスと仲間のスーパーエージェントたちは、抵抗を示す全ての人間に対処するOWOの助長者。だが彼らが介入する必要はほとんどありません。というのも問題を起こす人間がほぼ皆無だからです。真実を味わった存在でさえ(例えばサイファーのように)隷属の世界へ戻ることを選好します(幻想の力でもって喜びを与えられるちょうど「本物の」ステーキの味のように)

マトリックスに従順な市民である事に幸せを覚えますか。それともレジスタンスに加わる準備ができていますか。目覚めなさい。OWOへの投票をやめなさい。彼らをサポートするのをやめなさい。彼らの生活を容易にするのを止めなさい。彼らが裕福だからといって彼らにお辞儀するのをやめなさい。彼らの富は操作によって集められた。才能によってではない。もしお金の奴隷なら、あなたはOWOの使い走りだ。彼らは富をコントロールしている。だから富のシステムに組み込まれている人々全員をコントロールしている。

ディック・Fuldというリーマンブラザーズ投資銀行の前CEOだった人がいます。要職に就いている間に5億ドルを稼ぎました。歴史上稀に見る金融カタストロフィを尻目にビリオンダラーの半分を稼いだというわけです。その銀行はもう存在しません。Fuldは刑務所にはいない。告訴されていません。彼の収入は息をのむような投機によりもたらされ、銀行を破壊するほどの無能を今や示しているのだから、稼ぎを断念して国家機関に身柄を委ねるかと思いきやそうでもないようです。


リーマンブラザーズの代償を多くの人民が支払いました。もっとも責任ある人は代償を払っていません。これがOWOの仕組みでです。彼ら以外の皆が苦しむ。そろそろ目を覚ましてコーヒーの匂いを嗅ぐ時ではないでしょうか。変化をもたらすための十分なTruth seekersは既に世界には居るわけです。レジスタンスの炎はまだ燃え尽きていないのです。そして次の事を決して忘れないで下さい。古い世界秩序の背後にはなにかもっと険悪なものがひかえている、ということを。ですがそれは「ザ・ソウル・カメラ」に委ねられるテーマです。

2014/07/10

プレアデス高等評議会ミラ 2014年5月11日 〜目覚め、今という時、共同作業 etc. 〜



プレアデス高等評議会のミラ 2014年5月11 日
http://www.thegroundcrew.com/channeled_messages.htm#message
Mira of the Pleiadian High Council via Valerie Donner: May 2014
11 May 2014
Channelled by Valerie Donner
こんにちは、私はミラです。
私は地球 評議会と共に、地球の次元上昇プロセスについて未だに完全に身を投じています。
私たちの 評議会から、光の領域から大きいハグをお送りします。光の領域の中で、又夜間夢の中で私たちの宇宙船上で如何にあなた方が懸命に働い ているのかあなた方にはほとんど考えが及ばないと思います。
私たちは あなた方と相談をし、あなた方は私たち達と一緒にチームの一員として働いています。あなた方は来て、又去って行き、私たちはあなた方 との一緒の時を楽しんでいます。この去来はお互いを知り合う機会の一部であり、あなた方が自分たちの次元上昇に関して必要なことを理 解する機会でもあります。
今起きて いる大幅な変化は多くの人に難しい時を作り出します。ある人達には次の段階がどこに来るのか分からないままに大きい挑戦が突きつけら れます。不安は暮らしのプロセスと、今という時への信頼に対する学びの一部です。これには熱情、スキル、及びあらゆる事が天のプラン に従って進められるという深い内側の知識が必要です。
これらの 新しいエネルギーの取り入れには、静けさと安息が必要です。答えを求めて外側を探索する事は助けにはなりますが、ほとんどの場合には 内側から学ばなければなりません。新しい地球の上での調和のとれた暮らしの方法を見いだすために、全ての生物が幻想的なことを手放す という理解をし始める統一プロセスが起きます。
ほとんど の人達は、物事が変化しつつあるものの、地上要員のようには気づきが大きくありません。あなた方は変化の先駆者なのです。しばしば、 あなた方は他の一般の人達の休息以前に問題に直面します。あなた方は立ち上がって、道を示す者になる、と合意したのです。
このミッ ションのために署名した、ということを思い出して下さい。あなた方は別の次元上昇を経験したことがあります。この地球の次元上昇は最 も複雑である一方、あらゆる創造物からの最大限の支援を受けています。私たちはあなた方を尊敬しています。あなた方はこの仕事をやり 遂げているのです。
私たちの 内の多くの者は地球との間を行き来していて、あなた方と一緒にいます。私たちは、あなた方が全生涯にとけ込んで学ばなければならな かったのと同じように、私たちの仕事に没頭して学ばなければなりませんでした。私たちにはそれが大仕事だったと言うことがよく分かり ますが、どのくらい多くを学んだかも考えてみて下さい。
真実が明 らかにされ続けて行くので、幻想がはぎ取られて行くでしょう。これが新しい現実を生み出し、平和、愛、調和、統合、ハート、豊かさ、 喜びを創り出します。この混沌はさらに数年続きますが、その後には、より高い周波数が定着するでしょう。このテンプレートは既にこの 惑星上にあり、私たちは一緒になってより高い意識にもはや適合しない古いエネルギーを除去します。
出来る限り最善を尽くして下さい。自分に良く気を 付け、地球上に天を具現化していることを分かって下さい。
私はプレ アデス高等評議会のミラであり、あなた方に愛と感謝の念をお送りします。

翻訳:TAKI

転載元:http://japonese.despertando.me/プレアデス高等評議会のミラ%E3%80%802014年5月1/

2014/07/01

(途中まで)ベンジャミン・フルフォード - 6月30日: ISISは危機なのか、それとも内輪の冗談なのか?



時として、ニュースに見られるイベントはとてもシュールなのでそれらは少なくとも見て感じ取れるような現実のものではない、といった邪推になってしまいがちだ。先週出されたイスラムのカリフの統治、あるいはISIS、の宣言はまさにそうしたものだった。

まず特筆すべきは、注意深い読者により指摘されたように、ISISと呼ばれる軍事請け負いしゃが存在しているということで、このISISは当該エリアにおいて「ロールプレイング」、「実習と評価」「ヒューミント」「特別作戦」そして「無人飛行機システム」といったサービスをとりわけ提供している。


オフィスの大半は中東かアメリカにあり、中東でISIS作戦を実行する契約を彼らが結んでいると予想するのは実に的を射た予想だ。

「セックスのために娘たちをよこせ」とか、クリスチャンは処刑するだとか、「ジハードの黒旗がロンドンへと舞い込むぞ」といった脅しのような、ISIS側の要求で一杯のニュース記事を見ると、


大規模な心理作戦(サイ・オプ)かあるいはロールプレイゲームに対処しているのだ、と思うのはとてもいい推測だ。
これについてのMI5からの回答:

「これはテロリズムをブランド化し、一括してそこにあるかのように仕向けるための企業マーケティイングやPRの通常の範囲に収まるようなPR実践だ。『テロ』集団をならず者のサイコ集団から、もっとこう、まるで飽和状態の球場で勝利のためにプレイするサッカーチームのような捉え方をするようシフトさせる目的を持ったグローバルな心理作戦を我々は目撃しているのだ」

以前にも言及したように、第一次世界大戦後にフランスとイギリスによってつくられた人工的な国境を何か別のものに取り替えるために、イスラムのカリフ統治を創設しようという合意が多くの秘密権力グループ間でなされていた。それが今起きていることだ。

このことは今アメリカに流入している急遽現れた大量の不法移民ともリンクしている。実は秘密の合意があって、といっても大半の人々にはなんの相談もなかったわけだが、それによると南北アメリカを単一のブロックにしようというものだ。アメリカはそれで9億5000万人の人口を持つようになる。これは中国やインド、やがて現れるカリフ・イスラムと肩を並べる人口だ。これは何年も前にこの記者のもとに中央銀行の中央銀行である国際決済銀行(BIS)の上級メンバーが伝えてくれた計画の一部で、世界を大体7から9のブロックに分け、それぞれのブロックの人口を10億人ほどにする、というプランだ。その他の計画上のグループはアフリカ、欧州+ロシア、そして中国以外の東アジアだ。

BISについてだが、年次報告書が出た。