ピタゴラス派イルミナティ

西洋の正統なイルミナティについて情報発信しています

地政学と宇宙情報

世界情勢を宇宙レベルで把握すべく情報発信します

チームメイト募集中

政治家を天職としたいと想っている方、連絡してください。チームで動きましょう。

2013/08/31

経済学への疑問と経済学の昇華

伊藤元重著「マクロ経済学入門」を学生時代に戻った気分で読んでいる。
ふと思った。価格には適正価格と言う概念は経済学には存在するのだろうか、と。絶対的適正価格の有無。また価格は恒常的であるのか可変であるのか。経済学は後者を説く。需給バランスにより調整される、と。だが私達がいつもお店で目にする価格は一様にほぼ安定している。原材料価格の高騰により最終産出品(すなわち製品)の価格は上下するだろう。だが商品の定価に原価も併記すればどうだろう。消費性向に影響が出るのではないだろうか。

さて、ここで成長方程式について考えてみたい。技術革新が今後もし、封印された技術が解放されることによって、人類の生活はがらりと変わって飛躍的に豊かになれば、既存のモデル計算式では説明がつかないような事態になると私は看破した。グリア博士はその著書「ディスクロージャー」で技術解放が起きればそのようになると推測している。

熟慮の末、経済学や金融理論は三次元的な学問領域だと結論付けるに至り、もう吸収はしない事にした。であるから、伊藤著「マクロ〜」はもう読まない。同様にスティグリッツ著「新しい金融理論」も読まない。

経済学者がその創造力を工学や哲学、物理学に応用していたら世界はもっと変わってたはずだ。経済学は、お金の理論であり(=金融)、社会経済についてはお金を所与としているので20世紀までの産物であり今後のお金のない社会経済を考えれば、到底堪えうる代物ではない。

2013/08/19

経済学の存在意義について




学生時代は経済学を専攻していましたが、卒業後職業人生活をするにあたって色々と見地を得るようになり、また中央銀行の私有と社会経済の仕組み=世界経済の管理の仕組み、を知るようになり、いよいよ既存の経済学について疑問に思うことが多くなりました。オーセンティックでオーソドックスな経済学の理論の全容を学生時代には生半可な状態でしか吸収しなかったので、私の教養不足は否めませんが、まず大きく経済学についての疑問点を列挙してみたいと思います。

1.
なぜ利子率やお金、税金、国債が所与となっているのか

2.
なぜ経済学は理論上さまざまなモデルや用語、仮定を演繹的に用いるにもかかわらず、社会経済の現象から帰納して理論を構築しないのか。

などです。

経済学は社会科学として類型化されますが、経済学の教科書を読んでみても、経済学は演繹的に考案された理論体系であって、科学的検証(=科学的方法)には堪えないだろう、と私は疑っています。経済学を専攻したものの、学習した内容を今となってはほとんど忘れているので、改めて、オーソドックスな経済学の理論を修得した上で、経済学にお詳しい方々と議論したいと思いますが、少なくとも「通貨発行」について、現行法の「通貨の単位および貨幣の発行等に関する法律に基づいて、コイン(硬貨)の他に紙幣も発行すればいいではないか、ということ、
(↑この政府紙幣発行については有名な経済学者であるスティグリッツ・コロンビア大学教授もその有効性を指摘しています。ウィキペディアで「政府紙幣」の項目をお読みになって下さい。ウィキ「政府紙幣」→ http://bit.ly/j7HGPH

及び、もし政府紙幣発行により政府の財源が無尽蔵に確保されるのであれば、政府の歳入として税収や国債発行に頼る必要は全くないではないか、ということ、つまり税金は廃止出来るし、国債も発行する必要がないではないか、ということ、こうしたことを既存の経済学者の皆様はお分かりなのか、ということ。要はインフレーションにだけ気をつければいいですよね、物価安定にだけ精を出せばいいですよね、ということです。国会議員でも例えば渡辺喜美議員が政府紙幣の発行を呼びかけたそうですが「インフレになる」「日本円の国際的信用が落ちる」という理由で棄却された経緯があります。また某国会議員はかつて政府紙幣について「円天」のようなものだ、と一蹴した経緯もあり、このことからも、究極的には通貨発行権の所在の問題であり、通貨制度というのは究極的には兌換性に関係無く信用(=credibility)の問題でしかない、ということを国会議員の方々はお分かりになっていないようです。
兌換性の問題など関係無く、信用が維持されればどうでもいい、ということをとてもよくわかっていたのがFRBであると思います。19718.15のニクソンショックではドルとゴールドの兌換性が停止されたわけですが、その後アメリカは石油に裏付ける形でドルを運営してきました。この点についても、ご理解してらっしゃる経済学のエキスパートの方々はどれほどいらっしゃるのか。

2.について。
詳細は省きます。まずは私がしっかりと経済学の教養を得て、その上で再び俎上に載せてみた方がいいと思います。

結局のところ、私がかつて将来の我が党が採るであろう政策について述べた通り(http://bit.ly/ZKXxvk )既存の経済学と私たちのモデル・理論とは互換性がほとんど無い、ということです。互換性を持たせる必要も無い。新しいわけですから。ですが既存のオーソドックスな経済学について、ちゃんとその理論は(苦渋の思いを抱きながらも)吸収しようと思います。


2013/08/15

終戦記念日に寄せて


本日は終戦記念日。国に殉じた死者を顕彰化し、反省と感謝の念を祝詞として英霊に奉る日。と、書いてしまえば、さも先の戦争(=太平洋戦争)で戦没した兵士たちの慰霊になるとでも思うのだろうか。問題意識を持つ余地はあって当然である。あまり知られてはいないが、靖国神社には日本兵、各級戦犯ら周知の魂の他、朝鮮の方々の魂も合祀されている。本稿では私の近代日本に対する歴史観を大掴みに述べてみようと思う。

2.26事件:
分水嶺となった事件だ。青年将校らによる決起文をバーガミニ著「天皇の陰謀」で読む事が出来る。私はかの書籍を手にしていないが、故・太田龍氏が重要図書として推薦していた。Youtubeで氏(=太田氏)の件(くだん)の書籍について講演した動画を見ることが可能なので是非ご覧頂きたい。陸軍青年将校らによる決起文は、彼らのその反戦的・愛国民的な決意がにじんだ涙ぐましい嘆願書であった。満蒙(=大陸)侵攻に2.26以前までの軍部は一様に反対していたのだと太田氏は解説している。それを国賊である裕仁が当初黙殺し、そして勅命でもって229日に鎮圧した。以後、我が国は敗戦に至るまで、陸軍による暴虐なまでの国内における圧政が敷かれた。
いきなり小結論:
ここまで書いたところで、さして線形論理で導くには無理があるものの、先の大戦および総じて帝国時代の日本について結論付けてみると、私感では、大日本帝国は大いなる失敗だった、となろう。ABCDラインにより日本資産凍結、石油禁輸が実施された時点で、大いなる犠牲を強いる事となる太平洋戦争を避ければよかったのだ。同盟国であった第三帝国ドイツは、したたかにAGファルベン社を通じ軍需を、また米国前大統領ジョージ・ウィリアム・(ボーイ・)ブッシュの祖父であったプレスコット・ブッシュにより潤沢な資金提供を受けていた。この点で窮鼠となった大日本帝国とは違う。むしろ、(タラレバになり恐縮だが)ヒトラーが旧日本軍に願っていたように、アメリカを相手にせずに対ソ戦線に舵を切っていれば、歴史は変わっていたかもしれない。
日本はまんまと嵌められた、という解釈もできよう。先の大戦について、日本軍がもたらしたものには功罪の両方がある。対アジアに対しては全般的に解放戦争であったことは、よもや日教組管轄下にある自虐史観教育という洗脳を脱した諸氏には周知のごとくだろう。300年にわたってオランダに徹底的に搾取されていたインドネシアをわずか一週間弱で解放したのはどの国か?戦後のアジア諸国の、列強からの独立をもたらす引き金・原因となったのはどの国か?
先の戦争は、アジア諸国が一致団結して列強に立ち向かうべき戦争であったのを日本が一国で肩代わりして戦ったと言える。日本だけだ、アジア解放(大東亜共栄圏)を掲げて戦ったのは。国際連盟に「人種差別撤廃条約」を提出した国はどこか?日本だ。ことあるごとに謝罪を要求して来る中国ですら、当時の毛沢東は、
「あなた方がやってきたからこそ、中国の人民は権力を手にする事ができました」
と旧・関東軍に感謝したぐらいだ。このように、戦後脈々と見られる左右両派に分かれての単純な自虐史観と賛美史観という二項対立は今やバランスを欠いた歴史観であり、両者の総合こそが肝要となる。

戦後:
これは一言で言って、もう終わりだ。旧GHQCIA、カバルによる対日心理戦争と国内のガイコク分子やジャンク・メディアによりとことん社会洗脳が浸透している状態である。
しかし希望はある。
目覚める人民が少なからず出て来ているからだ。あとは覚醒層の連帯であろう。草の根レベルからの変革こそが目下望まれるところだ。中央政府はもはや信任に値しないと見てよい。気概のある国会議員もいらっしゃるのは確かなのだが、彼らはセクト主義ゆえに団結しない。

2013/08/07

既存の経済システムの限界

お金システム=貨幣制度は私たちの経済の根幹を担うOSのようなものです。
お金の作られ方をご存知ですか。
1.
与信(クレジット)として個人や企業に貸し付ける。この際、銀行は預金者からの預貯金から貸し出すのではありません。実際は預貯金を準備率として設定して実際の預貯金の数倍数十倍数百倍のお金を数字として借り手の口座に数字を打ち込みます。これでお金は作られる事になります。部分準備制度、と呼ばれています。
2.
貸し出されたお金は画面上でのみ存在します。実際に、世界に流通しているマネーのうち現金として流通しているのは全体の3%です。ですのであなたが手にしている紙幣やコインは全体の3%の存在なのです。
借り手は借金を現金化されたリアルマネーで返済しなければなりません。しかもそれに利子を付けて返す事になります。ですので、結論付ければ銀行家がボロ儲けする仕組みなのです。
3.
小結論:現在の金融システムはロスチャイルド一族が作り出した一大詐欺金融システムである。

こうした欺瞞性に気付いた少なからぬ人々が既に動いていて、金庫番であるロスチャイルドさんら銀行家群れ等、陰謀を企むカバル(=陰謀をたくらむ結社、という意味の英語です)は一部アメリカに巣食う「サバタイ派マフィア」が世界から一掃される動きが目白押しになっています。

金融システムは新しいものに近日変わってゆくと思っています。

そしてなによりお金システムは支配のための道具であり現状のこの愛すべき惑星地球ちゃんは奴隷制度という辛苦をなめる境遇下にあります。

兼ねてより私は貨幣制度廃止に基づく万事無償世界が次にやってくる時代だと豪語しておりました。貨幣制度廃止は目的論的に達成されるべきで、この広い多次元宇宙で貨幣制度のような「悪しき」交換システムを採用しているのは私が知るかぎりでは地球だけです。
宇宙系の話になりますが、この太陽系の高次元領域諸文明も既に貨幣制度のような劣悪な交換システムはとっていません。地球だけが未だに太陽系の動物園なのです。
とはいうものの、地球人のポテンシャル(潜在能力)はとても高いですね。有史以来のテクノロジーの進化を、とくに20世紀の技術革新をご覧頂ければ分かるはずです。

世界のGDPは55兆ドルで、デリバティブ市場では京単位のお金が市場規模になってます。
既にお金は数字・情報でしかないのです。

貨幣制度の廃止は人類にとって宇宙文明に迎え入れられるためのイニシエーションになると確信しています。

しかし、私は何も貨幣制度を全否定するつもりはありません。この三次元地球というゲームを行う上でのいわばゲーム設定だと思っています。楽しくお金を自分のもとへ巡らせたいものですね。

前回の記事で書いた通り、私たちは力を合わせて何か大きな社会変革を起こす必要があります。力を合わせられるか、和合できるかにかかっています。一人一人の力は強くとも、和合できないがゆえに幽界人は弱いのだ、とかの日月神示では述べられます、とは既報の通りです。

一緒に力を合わせてなにか啓蒙活動をしてみませんか。願わくば日本人の、あるいは広義で述べるのであればこの日本列島に住む人々の一様な目覚めをもたらすために...。

今回は私のツイッターアカウントをご紹介しておきます。
ご連絡お待ちしています。

@agneam45

宜しくお願いします。繋がって行きましょう。