ピタゴラス派イルミナティ

西洋の正統なイルミナティについて情報発信しています

地政学と宇宙情報

世界情勢を宇宙レベルで把握すべく情報発信します

チームメイト募集中

政治家を天職としたいと想っている方、連絡してください。チームで動きましょう。

2018/04/23

アレックス・コリアー:ウェビナー55 20180420 まとめ

テーマ:カーテンの後ろを見ること/大いなるシフトに備える/ハートを通じて世界を見る

https://vimeo.com/ondemand/alexcollierwebinar55

5日前にモラネーとコンタクトがあった。

ディープステートは西洋のすべての政府がそうだ。影の政府は軍産複合体。そしてイルミナティ。ここには中央銀行家がいる。アヌンナキの子孫たちやエイリアンの階層がある。

影の政府はSSPがある。複数の国が様々なレベルで関わってる。飛行士たちも関わってる。SSPは後退的なプログラム。後退的な宇宙フリートがテクノロジーを盗んだ。生存の必要があって盗んだ。善意のエイリアンたちがそれを取り戻そうとしている。

多くの人はETが現存していることを知らない。カシオピアの人たち(とてもニュートラルな種族)が手助けした。盗まれたテクノロジーはとても危険なもの。しかも間違った存在たちが持つのは良くない。取り戻すために時間退行をして後退的グループがテクノロジーを盗めないよういくつかの障壁を用意した。そのおかげで物事が進展し、後退的グループのパニックを誘発している。

主流メディアに目をやると、ネガティブな事柄に意識を向けないことが大事だが、西洋のメディアはすべてassiahだ。メディアの仕事はあなたを絶望させ、変化のための努力を諦めさせサレンダーさせること。それによって支配者の地位を不動にする。

パターンがいつも同じように存在している。スポーツのスコアとか、料理番組ぐらいが本当のことを伝えてる。

エネルギーに敏感な人へ。シューマン共振が跳ね上がってる。跳ね上がりと収斂を繰り返してる。上は300とか行ってる。自然が変化していてそれに注意を払うべき。

シフトと変化が起きている。周波数の変化が起きている。樹木のエネルギーがまるでワイファイのようにこの変化している周波数を伝えている。

あなたのDNAと周波数が調整に入ってる。もうその途上にある。多くの人が目覚めて来てるが、周波数・振動が第四密度へシフトしている。こうなるとよりはっきりとした知覚と意識を獲得できる。

科学界が認めたが、太陽系が銀河のプラズマ平原に完全に入ってる。女性的な周波数。許し、喜び、とても強い周波数である。女性原理があなたをみんなにパワーを与える。

クローンには魂がないがクローンプログラムは間も無く終了する。

クレアヴォヤンスを体験できる人へ。第四密度になると相手のエネルギーが見えるようになる。第五密度になると身体性は必要ない。どんな形にもなれる。光として存在することになる。エネルギー・周波数として存在するようになる。何人かの人はすでに第四密度の知覚を獲得してるが、これはプロセスであり、みんなが通過する。

人類に起きているシフトは、物質的に見えるが実際は意識のシフト。私たちは私たちが想う存在であるということを覚えておこう。

メディア、偽旗、核戦争の脅しぐらいしか支配者にはツールがない。サレンダーしないこと。それが必至。サレンダーするとゲームオーバー。

複数のレベルでものすごく多くのことが起きていて、4つの次元が関わっててすべてのこれらの次元はポジティブである。

学生から先生へととても短期間で変わって行くだろう。

現状、ソフトディスクロージャーが進行中だが、物事、人々は変わることができる。

アジェンダ21はあからさまな計画。人類奴隷化計画だ。

自分のエネルギーフローと意識に注意を払ってください。

自分自身にパワーを与えて強くすること。それがすべて。自分が欲しいもの、それに集中すること。

私たちは一つの意識。ソウルグループでどこかからやって来たが人類は一つのソウルグループ。

第四密度になると仕事・ワークはものすごく楽になる。宇宙と第四密度の周波数がサポートすることになる。

一般的に、助けるのはいいが、問題を解決するのは本人に任せるべき。その人の学習プロセスなのだから。

アセンデッドマスターについて。マスターという言葉に拒否反応する。A'sによればマスターとは意識やその他の要素全てにおいてマスターをマスターと呼ぶ。だからアセンデッドマスターという表現自体がブルシットだ。ヴァセイアスによれば、全てをマスターするのは無理。もしできたらもうマスターしたり成長する余地がなくなってしまうから。

量子力学と意識について。論文記事の紹介。魂は決して死なない、など。次元は12時限まであるというのが私たちの理解だが、科学者にしてみれば第四密度や第五、第六は別の宇宙のように解釈するだろう。だが次元の問題。

意識というものは本来、何かに閉じ込めることはできない。無限の広がりを持つもの。意識が密度を落として狭くなると物質的な領域つまり3Dになってくる。

Biocentrismという本の紹介。全ての結論には賛同しないが、科学は真っ当。ある人々には重要なものだろう。

モラネーはよく言っていた:生まれた惑星で生きるのになんでお金を支払わないといけないの?

金融制度のシフトについて。資産にバックされた金融システムを構築しようとする勢力が中国やロシアを中心にある。

アメリカはフィアット通貨から合衆国ノートにシフトする。金または銀を買ったほうがいい。備えよう。(アメリカ人向けの話)。

セルフエンパワーメントについて:しっかり自分を内観し、何が欲しいのか、それを瞬間瞬間意識して今に生きることが鍵。

質疑応答部分:(ごく一部)大抵の場合、地球には1人ではなくソウルグループとして来ている。コンタクティは未来の自分とコンタクトしてる。ちゃんとミッションをこなしていてうまくいってるか確かめる。このタイプ以外の最高の連携は他にない。

アレックス・コリアー:ウェビナー54〜2018/4/6 〜まとめ

アンドロメダの人たち(A's)とのコンタクティで有名なアレックス・コリアーさんが、しばらく前から毎月ウェビナーを開催しています。今回はその4月6日に行われた54回目のウェビナーの内容をまとめとして紹介します。

参照サイト:
Alex Collier Andromeda Contactee Website: http://www.alexcollier.org
Alex Collier - Webinar 54 - April 6, 2018, Vimeo: https://vimeo.com/ondemand/alexcollierwebinar54


まとめ箇条書き

  1. 人類は今までの支配される状態から癒しの段階に入った。ハートを開く段階へとシフトした。
  2. 後退的なコアグループ(Regressive Core Group)に残された動きはあと2つしかない
  3. 善意のETたちが、後退的なコアグループ宇宙人たちを消去・終了させること(terminate)を決定した。なぜなら、これまでに何度も更生のチャンスを与え選択肢も与えたのに彼らは決して自らのネガティブさ、支配とコントロールというマインドセットを捨てようとせず、もうダメだという判断に至ったので。
  4. 後退的なコアグループ(=地球だけでなく多くの銀河、多くの惑星・星々で支配とコントロール、命の冒涜を行って来たネガティブな宇宙人たち)が行いうる2つの動きは、①地球への偽宇宙人侵略劇(ホログラフィー技術を使って行う)②偽のイエスの再臨(クローンが使われて行われる)のいずれか。両方とも、人類一人一人が最後には自らの主権を諦めて手放す・明け渡す・サレンダーすることを企図して行われる。なぜなら、サレンダーした人は簡単にコントロールできるから
  5. キリスト教に限らず宗教は人それぞれの自らの主権を明け渡し、奴隷のように扱うこと、つまりコントロールが目的である。
  6. 2000年前のヒマラヤの霊能者たちやシャーマンたち、ヨギたちはテレポーテーションやクレアヴォヤンスの超能力を持っていた
  7. 地球の支配者たちはその2000年前のヒマラヤから、アトランティス時代のテクノロジーを記した古文書を全て奪い、教会にそれを集めて知識と英知、テクノロジーについての情報を独占した。
  8. そして彼らは地球に残っていた古来の叡智を伝える痕跡をことごとく焼き払った。例えば、アレキサンドリア図書館の焼き討ちがそう。他に、ローマにあったLibrary of Appollo(アポロ図書館)の焼き討ちとか。
  9. こうした史実は全て今でも文書化されて保管されている。(だから公でアクセス可能な情報である)
  10. ハートは全てを見通し、マインドよりも高性能。そのハートに還ってゆく時代へとすでにシフトした。
  11. 地球は彼女自身が第四密度にシフトし続けていて、さらに大きくなってより多くの生命を育めるよう変わっていこうとしているのかもしれない。
  12. 多くの人は地球に起きている変化に気づかない。「何も起きないではないか」と彼らはいう。だが本当に多くのことが目まぐるしく起きている。金融制度も各国で変容をきたしている。例えばベネズエラは暗号通貨を大々的に打ち出そうとしているし、中国などは金に兌換された金融制度の構築に向けて大きく動いている。FRBの法定通貨によるフィアットな金融制度はますますその終わりに近づいている。
  13. アメリカも変わりつつある。クリントンの時代からトランプ大統領の就任までは支配者たちの影響力が大きかった、特に金融制度面で。だが、トランプ大統領になってからはFRBの銀行券が効力を失う方向付けがなされるようになって来ており、アメリカでも金融制度は大きく変化しようとしている。
  14. 金融制度さらには貨幣制度そのものもいずれはなくなる。なぜなら、広い宇宙の中でどの文明も貨幣制度などなく、地球ぐらいなものだから。だから無い方が宇宙的にみて普通。
  15. この地球で変化をもたらす、夜明けをもたらすことは、まさに宇宙の英雄並みの偉業である。
  16. 地球人のみんながこの大きな、第四密度への地球のシフトに関わる。ある人たちは生まれ変わって体験するだろうし、ある人たちは生きながら体験するだろう。ある人たちは元の星・惑星へと帰って行って新しい創造のプロセスに出るだろう。
  17. 外を向く人たちよ、夢見続けよ。内を向く人たちよ、目覚めなさい。
以上です。だいたいポイントは全て抑えているはずです。コリアーさんはいい人ですね。感心します。人類愛がある。

2018/04/10

フルフォード:2018/04/09 無料分

オリジナルはこちら→ https://benjaminfulford.net/2018/04/09/world-asks-america-gone-insane/

世界が問う:「アメリカは気が狂ったのか?」


アングロサクソン世界の現在の指導層は正気を失っていると描写されるしかない。彼らは第三次世界大戦を引き起こすべく次から次へと明らかに虚構の扇動的な主張を繰り広げる。正義の歯車が確実に近づいてきていることから彼らも存続に必死なのだ。


そういうわけで最近イギリス首相テレザ・メイのヒステリックな主張、つまりロシアがイギリス内で毒ガスを使用したという主張が彼女自身の政権内の専門家からも否定されたのを私たちは確認できる。同じようにアメリカ大統領ドナルド・トランプが脅迫されたか愚者のごとく騙されたか知らないが再びシリア政府が化学兵器で自国民を攻撃していると偽りの非難を繰り広げた。


両方とも、犯罪の実際の下手人たちから非難が起きている。イギリスでは毒ガス事件を起こしたのは諜報機関の一部の人たちであるとCIA、MI5共に確証する。ロシアの国連大使Vasily Nebenzyaはイギリスの振る舞いを「馬鹿者の劇場」と呼んだ。


シリアのケースについては、化学兵器所持の現行犯でアメリカとイギリスのエージェントが逮捕された。
https://www.veteranstoday.com/2018/04/08/proof-intel-drop-trump-bolton-behind-syria-chemical-attacks-confirmed/


ロシア外相セルゲイ・ラブロフは多くの国が抱いている意見をまとめてトランプ政権のアメリカの外交を「激しい議論を呼び起こすもの」「明瞭さを欠く」と評価し、1年以上の実務経験のない人たちにより運営されているとした。
http://tass.com/politics/997996


トランプ政権は近年達成された国際合意を代替案なしで反旗を翻しているというのが一般的な印象であるということに複数の情報源が合意する。
付け加えると、ペンタゴンの助言を無視して動くトランプのアメリカ商務省高官たちは結局は敗北することが確定する中国との貿易戦争を宣言した。「代償を問わず最後まで戦う」と中国はすでに約束している。
いったいここで何が起きているのか?答えは、もちろんのことだが対テロ偽戦争やそれに続く多くの侵略行為へと私たちを引きずりこんだ西洋のリーダーたちが権力を失うこと、結果として複数の戦争犯罪に問われることを恐れているというものだ。これが彼らが集合的に非合理的でヒステリックに振舞っている理由だ。


宣言はされてないが実際には内戦状態となっているアメリカの状況は最も切迫している。911、イラク戦争、福島攻撃を行ったファシストハザールマフィアと西側に民主主義と法の支配を取り戻したい愛国者たちとの戦争だ。
この戦争・内戦はこれまでの内戦のようなオープンな戦争行為ではなく、お金、プロパガンダ、サイバー戦争、標的とされた暗殺、特別勢力の間の未発表の戦いを含んだ大量のマインドコントロール機関を巡って戦われる。
Facebook, Amazon, Google, Twitter, Microsoftへの目下継続中の攻撃は、これらのインターネットの巨人たちはウェブを検閲しようと頑張ってるのだが、この種の新しい戦争の目に見える側面だ。


宇宙戦争と秘教的次元がこれには存在していて、地表の人々にも少しではあるが見える。ちょうどボートに乗ってる人々が水面下で起きる海獣たちの戦いを見ているようなものだ。
そうした少し垣間見えるものの最新の事例は中国の宇宙ステーションTiangong-1の地上への墜落だ。これは中国が仕掛けたように見える最近起きたアメリカ軍艦の沈没へのアメリカ勢力の復讐であるとCIA筋は述べる。3つのアメリカ航空機キャリアグループが南シナ海に向かい巨大な中国のバトルグループに対峙しようとしている、とCIA筋は述べる。
だが実際、両グループは共通の敵に直面しているとペンタゴン筋は述べる。アクションの多くは水面下で起こりそして秘密裏に行われる、と情報源は述べる。


CIA筋によれば、「西側の軍事権力によるサーベルをガタガタと言わせる(物騒な)動きの本当の理由は…」



*****

無料掲載分ここまで。完全版をご覧になりたい場合は、「嗚呼、哀しいではないか」ブログでご確認ください。→ http://fanblogs.jp/jicchoku/

英語版オリジナルを読みたい方は→ http://www.stillnessinthestorm.com/

日本時間の木曜日午後にその週の全編がアップされます。

当ブログで完全版をアップするにしても、有料部分をアップできるのがどうしても毎週金曜日以降となってしまい、新鮮味が乏しくなります。それぐらいならば、毎週木曜日の夜に更新されるJRPtelevisionの「国家非常事態対策委員会」をご覧になることをお勧めします。その方が効率的。その週のフルフォード情報はほぼカバーできるはずです。

→ 【ベンジャミン・フルフォード】【国家非常事態対策委員会】YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/playlist?list=PLGMVFUrW3GJbzbdnkG4_fM9cfcCXRKo6N



2018/04/05

ノルディック宇宙人についての情報

Ascension Glossaryという英語サイトがあります。様々な項目が記事として述べられていて一時期とても重宝していました。その中にNordic Aliensという記事がありますので、記事の冒頭部分だけ翻訳しここに紹介します。

オリジナルはこちら→ http://ascensionglossary.com/index.php/Nordic_Aliens



概要

ノルディック・エイリアンまたはノルディック・ブロンドは、コンタクティを自称する人たちと何人かのUFO研究者によって、プレアデス星団から来たとされるヒト型宇宙人である。彼らは北方(ノルディック)のスカンジナビア半島の人々に容姿が似ているとされている。また、北方系の人々に似ている容姿を持つ他の種族も存在しており、彼らは地球内部から来ている。彼らノルディックは秘教儀式や人種の純粋さ、優生学の概念と直接的な関わりがある。それに加えてナチス親衛隊(SS)に関わる地球外の軍事技術情報とも関わっている。彼らはまたオリオングループ内から主な指揮命令を受けている黒い太陽(Black Suns)と直接的な同盟関係にある。

第二次世界大戦時のドイツ

ノルディックはオリオン座から来ている金髪の存在であり、捕食的で戦争を好む性質がある。この種族は宗教にまつわる暴力、レイシズム(人種主義)、女性蔑視、遺伝にまつわる差別、遺伝子実験といったナチスのイデオロギーに見られるような事柄に責任のある存在で、またそうしたことを広めたりもした。そして彼らは優生学の霊的な悪用を通じた「遺伝的な優勢」という独自の信念体系の旗振り役でもある。このノルディックグループはヒトラーのドイツと第二次世界大戦に直接関わっていた。シュヴァルツヴァルト(黒い森)やヒマラヤといった接触地点でSSに軍事技術、マインドコントロール技術を提供していた。(以下略)

現代でいうSSP(秘密の宇宙プログラム)にも関連しているみたいです。

2018/04/03

フルフォード:2018/04/02 無料分


出典:Cabalists plot anti-Trump counterattack in Tokyo
https://benjaminfulford.net/2018/04/02/cabalists-plot-anti-trump-counterattack-tokyo/


反トランプのカウンター攻撃を日本で仕掛けるカバル


追加コメント:誤植と表現を改善しました (2018.04.04 14:10時点)

***

存続に躍起になっている日本のハザールマフィア奴隷政権が日本から米軍を排除しアメリカ大統領トランプ政権の終焉を画策している、と天皇に近い日本の右翼筋が伝えている。これが原因でオバマ元大統領やタクシン元首相が先週来日していた、と情報源は告げる。日本の政権はイギリスのメイ首相やフランスのマクロン、ドイツのメルケルというハザールマフィア系の政権と共同作業していると彼らは言う。そしてアジア在住のCIA情報源が確認することとして、この動きの背後にロスチャイルドのフランス分家が暗躍しているという。

https://sputniknews.com/asia/201803281062974191-japan-china-north-korea-visit/
https://www.reuters.com/article/us-japan-us-trade/japans-aso-rules-out-bilateral-trade-deal-with-u-s-idUSKBN1H50B7

最近のトランプ軍事政権による挑発によって日本の政権はトランプ降ろしの動きに加担せざるを得なくなった。トランプ政権による最大の動きは、朝鮮半島の和平交渉に関して日本を完全に蚊帳の外に置くということだろう。また、他のアメリカの同盟国と違って日本には鉄鋼やアルミのアメリカによる関税措置の免除がなされてないことも日本の政権を苛立たせる原因となっている。こうしたわけで日本政府はいま、前例のない(いつもの追従的なけつ舐め路線から逸れて)公でのアメリカに対する非難をしている。
https://sputniknews.com/asia/201803281062974191-japan-china-north-korea-visit/
https://www.reuters.com/article/us-japan-us-trade/japans-aso-rules-out-bilateral-trade-deal-with-u-s-idUSKBN1H50B7

情報源によれば、安倍政権は北朝鮮を言い訳にして中国と戦争を始めるつもりでいたのだが、この度の和平への動きに完全に驚かされているとのこと。戦争をけしかける安倍政権が揺らぐ一方で、朝鮮半島の平和条約と非核化を評価されてトランプ大統領、習近平国家主席、プーチン大統領がノーベル平和賞を受賞するかもしれないとペンタゴン筋は説明する。

対照的に、2011年3月11日の日本への津波と核攻撃に加担したことで戦争犯罪に問われることを安倍政権内の一部のメンバーは恐れている。サタン崇拝者であるイスラエルのネタニヤフ首相の逮捕が迫っていることからこの懸念は生じた。ネタニヤフは、情報源によれば、福島でのテロ攻撃の黒幕である。ロスチャイルド一族が認めることだが、この攻撃は、日本人4000万人を北朝鮮に避難させるという実現しなかった企みによりロスチャイルド家により画策された。これらの情報源によれば、この計画の目的は北朝鮮に新たなロスチャイルドのアジア本部を設立することだった。

今ではこのことは明るみに出てきている。朝鮮半島の和平合意がいずれ結果的にすべての殺人的計画が公に明らかにされることに繋がる、とCIA、ペンタゴン、日本の右翼筋は述べる。だから下手人である犯罪者たちが今、恐怖におののいているのだ、と彼らは言う。


タイ在住のCIA筋が言うのだが、タクシン・シナワトラが東京に呼び寄せられたが、それは「日本の首相安倍晋三が亡命先を探している。筆頭候補がドバイ。安倍が国民に対してしたことが明らかになれば、逮捕されて排除されるのを避けるために逃げねばならないことは必至。彼の命運も尽きる」からだそうだ。情報源が説明してくれたが、シナワトラはドバイに追放されたが安倍も政権のつながりからそこへシェルターとして逃げ込むことを期待している。

また、先週NSAのメンバーが個人的にこの筆者のもとを訪れて警告するには、日本の財相麻生太郎が私(フルフォード)を殺そうと画策している通信を傍受したとのことであった。NSA職員が説明するには、日本におけるロスチャイルドのエージェントとして暴露されたことに麻生は腹を立てているそうだ。獣医学校を装い生物兵器を開発する工場として運営しようとしていた彼の政権(安倍政権)が筆者によって暴露されたことにもとても麻生は腹を立てている、と彼(NSA職員)は述べた。

安倍政権が犯した決定的な失態は、アメリカ軍への鉄鋼販売において規格未満の品を明らかなサボタージュを施して売りつけたことである、とペンタゴン筋は述べる。安倍政府は高い代償を払うことになる、と情報源は約束する。

鉄鋼の話で言えば、アメリカ軍の情報機関筋が筆者に以下の情報を送ってきた:

「The Chinese are reacting to Pentagon claims of substandard steel with great composure. Senior Chinese officials point out that this was a known problem in 2015 and wiped out by 2017, the Chinese leadership recognizing that their reputation for quality was a priceless national asset. Interestingly, in the same conversation it was mentioned that China kept many samples of the waste from 9/11, and tested for…



*****




無料掲載分ここまで。完全版をご覧になりたい場合は、「嗚呼、哀しいではないか」ブログでご確認ください。→ http://fanblogs.jp/jicchoku/




英語版オリジナルを読みたい方は→ http://www.stillnessinthestorm.com/

日本時間の木曜日午後にその週の全編がアップされます。




当ブログで完全版をアップするにしても、有料部分をアップできるのがどうしても毎週金曜日以降となってしまい、新鮮
味が乏しくなります。それぐらいならば、毎週木曜日の夜に更新されるJRPtelevisionの「国家非常事態対策委員会」をご覧になることをお勧めします。その方が効率的。その週のフルフォード情報はほぼカバーできるはずです。フルフォードさんへの質問も受け付けてるようで、「視聴者からのQ&A」というコーナー(動画)で紹介されるようです。2018/02/08放送分から始まった企画かもしれません。 

→ 【ベンジャミン・フルフォード】【国家非常事態対策委員会】YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/playlist?list=PLGMVFUrW3GJbzbdnkG4_fM9cfcCXRKo6N