Illuminati

西洋の伝統的正統派イルミナティの紹介をしています

惑星解放のための情報ハブ

様々なテーマで記事を提供しています。Tagsから気になるカテゴリーを選んでお読みください。

Illuminate yourself, and illuminate others

強い個になってください。私達はチームで動きます。

New Meritocratic World Order

新しい政治団体を一緒に生成・発展させましょう!情報収集をした上で私にコンタクトしてください。メアドは公開しています。

国民運動のススメ

国民運動を生成発展させてみませんか?。

2017/01/14

Adam Weishaupt - 神秘主義に傾倒するすべての成員に告ぐ

出典:Adam Weishaupt著「Das Verbesserte System Der Illuminaten」

世界の起源は何か

人類の幸福を希求する者、すなわちその喜びと平和を増大し、不満を減じようとする者は、人類の喜びと平和、人類の幸福をさまたげるすべての元凶を探求し、それを打破しなければならない。打破すべき対象には以下の体系がすべて含まれる。世界と人間本性の改善改良を非難する体系、必要もないのに悪を広める体系、あるいは悪を実際以上にいかがわしいものと喧伝する体系、人間の価値と尊厳を貶める体系、人間が本来有する力への信頼を減少させる体系、そして、まさにそれによって人間を臆病で打ちひしがれ地べたを這いつくばる迷信深い存在となす体系、人間理性を罵る狂言へと道を開き、続いて欺瞞が大手を振ってご入場とあいなる体系。これらの体系をすべて打破しなければならない。

神智学(Theosophy)的すなわち神秘主義的体系、あるいは多かれ少なかれこれに類するもの、神智学に由来するあらゆる原理原則、この由来は往々にして隠蔽されているままだが、結局これらを余すところなく考察するのがこのクラスの課題である。
この種の体系のなんと多いことか。そして今日それらがなんと広く蔓延っていることか。なんと多くの人がこれに感染しているのだろう?人々は修道士の亡霊を放逐しようと努力したが無駄だった。それは他の様々な形姿の下からふたたび立ち上がり、その活動が隠密であればあるほど影響は速やかなのである。人間はすべて全時代を通して次の点で一致する。すなわち人間以外にもおびただしい数の実体が存在し、その総体を人間は世界という枠組みのもとに表現している、のだと。しかし別の考察、さらに自然な、「この世界の起源は何か」という問いにおいては人々の見解は分かれるのである。
ただ二つの解答が是認されうるだろう。すなわち、この世界はそれ自体の現実性を自ら与えるか、あるいはこの世界以外の一つの存在がその世界の創始者であるか、いずれかである。はかない時間の相で、あるいは永遠の相においてながめるのかという点は、この考察にとって同じく重要である。前者は無神論の体系であり、世界の秩序、連関、ハーモニー、すべての存在の目的そして最高のもっとも普遍的な共同体の目的すなわち全存在、とりわけ思考する存在の最終規定、という無神論諸体系であり、この教説にたいていの人々が嫌悪を感じているのは否めない。つまりいつでも無神論とは正反対の、救済を約束し精神に重きを置く理神論少なからぬ残滓が付きまとっていたのだ。

無から有は生じない

しかし、この理神論自体が、まじめに考え神様に満足しない思想家にとっては新たな難題となった。この世界の外側にいる世界の創始者という存在は、そもそもその世界の材料をどこから持ってきたのか?アポリア(解決不能な問題)の迂回路は二つしかない。無から創造したのか、何かあるものからか、いずれかしかない。我々はこのいずれか一方を選ばねばならない。古来すべての文明は、例外なく「無からの創造」を認めていない。古代世界に支配的な教説に従えば、「世界は何かあるものから生成した」のであり、ユダヤの、すなわちモーセの世界創造物語でさえそうである。「無からの創造」の消息が初めてはっきり見て取れるのは『旧約聖書』の「マカバイ記2」(7-28)である(「子よ、天と地に目を向け、そこにある万物を見て、神がこれらのものを既に在ったものから造られたのではないこと、そして人間も例外ではないということを知っておくれ。」)。「無から無が生成する」という命題は、古典古代すべての体系で排除された帰結から導かれた原則なのである。全古代体系に従えば「世界は(無からではなく)何かあるものから生成した」のである。だとすれば一つの世界ができる前にそもそも何が存在しうる、というのだろう?それでもって世界が生産されるというならば?

さてこの前提に従えば、次の二点しか考えられない。すなわち世界は神から流れ出た、これは後述するいわゆる「流出説」であるが、もうひとつは、神に次いで何らかの物質、素材が存在していなければならず、これを神(性)が加工し秩序を与える、というものだ。この素材はそれぞれの教説ごとに様々で、「力」、「オルペウスの卵」、「カオス」といった姿形のない物質とされていた。この二つの説が他のすべてと共通の根本体系なのだ。すべての体系は、無神論体系を除けば、結局この2点に帰着する。この一方もしくは他方から様々な変形が生じた。最初のものからは、ゾロアスター教の哲学、オリエントの哲学、ユダヤのカバラそしてグノーシス的錯誤とともにピタゴラスープラトン体系の一部分が生じた。この体系の他の部分から生じたものとして、ピタゴラスープラトン学派とその後代の派生態であるアレクサンドリア学派、その他様々な亜流が目を引く。それから現代の神智学や神秘主義者どもも付け加えておく。
ここでこの両体系を吟味しておこう、我々は「古代の賢人たちが、以下の二つの前提から何を論理的帰結として導いたのか」を理解しよう。
前提1 世界は神からの流出物である
前提2 定型のない物質(素材)が永遠の相のもと神と共存している

前提1 流出説

流出説とは何か

もし無から何も生成し得ないならば、必然的に世界は神(性)の流出物である。
⑴ある種構成的存在である神は、その神性の構成物である限りにおいて、身体を持たず、ラフな物質とは区別される。従って古代人のイメージとして神性は、純粋な光の海つまりエーテルであり、そのシンボルは太陽と火である。
⑵この太陽から、また火から、そして光の海から、不断に光が注ぐように、まさに神性からあらゆる力、事物の存在者が生じる。
⑶世界のすべての部分は、それ故、根底的に神の諸部分なのである。
⑷従ってすべての魂、我々の精霊は神から由来し不死である。
① ここから見て取れることは、精霊の不滅説は古くからある教説ではあるが、ここに示されているのはまったくの別物であり、古くからの不滅説は誤った根拠に基づき主張されたものである。
② また、精霊の前世での存在という教説の起源も以下に示すように、精霊のさまざまな身体への転生や親の霊が引き継がれる、精霊の繁殖説から生じたものなのだ。
③ これらの流出がいわゆる輪廻というものなのである。
⑸この「流出」概念には、何がしか不変でない神の部分が含まれる。これは隠蔽されているが到底受け入れることはできない。
⑹あるいは次のように説明されるかもしれない。すなわち、最初の直接流出が本来の神の流出であり、他の諸々の流出はこの第一の流出に続いてさまざまな条件下で流れ出たものである。
 ①それ故、少なからぬ流出説体系、最高神を頂く流出論体系では、世界はこの直接の世界創始者ではなくデミウルゴス等、仲介者によって創造されたとしている。
 ②下位に置かれた流出は従って、神を災厄の根源と見なさぬよう案出されたのである。この世界は災厄に満ちているとしか思えないので。
⑺流出で生じた存在はその根源である最高神から近ければそれだけ完全であり、離れれば離れるほど不完全である。
 ①この命題は全流出説体系、すなわちさまざまな古代の神統記を理解する鍵である。ここからそこにある神々の誕生が理解され、一致する意義を得ることができる。
 ②したがって、この教義からしてある部分、流出物は男性であり、この場合、流出作用を自ら産み出し続け、また流出を受け入れるばかりの場合、それが女性のこともある。
 ③というわけで西欧においてこの体系は大概「天使の交合」という教義になる。
⑻それ故、序列上下位の良い、または邪悪な一連の霊魂が存在し、それらには、種々様々な流出説体系の中でそれぞれ階層や名称が与えられている。


2017/01/11

神々と天使についての考察(仮説)

「目覚め3.0」の意識・理解レベルに読者がある事を想定して「神々」と「天使」についての基礎的な情報・見地・仮説を紹介しよう。

前提知識
存在領域(あるいは宇宙)の規定:1~7D(第1密度~第7密度)を一つのオクターブとした存在領域を前提とする。諸説あるマルチバース理論に沿えば、宇宙はいくつもあることになっている。問題は宇宙は唯一無二かそれとも複数あるか、ではなく、諸宇宙を内包するさらに大きな領域を想定し得るということである。つまり、いくつも宇宙があるとしてそれらはいずれも物質的なものであればそれは3D領域の範疇に過ぎないことになる。周波数帯域の違う宇宙が複数あるのであれば、そこで初めて物質領域(3D)より上位の存在領域を演繹し得る。4D以上の領域は漸進的に物質性が放棄されてより霊的な存在領域へと進んで行く。オクターブによる規定に依拠すれば、高位領域を含む全宇宙ないし存在領域の全体は、7Dを外側としてマトリョーシカのように下位の領域が中に中にと含まれている、と仮定する。存在領域においては、無次元領域つまり0次元があり、これが始源的領域と言えるのではないだろうか。0次元すなわちモナドの世界。光(あるいは作用量子のユニットとしての光子)の世界。0次元領域は全てを可能態として有る領域であり、有次元領域は元をたどればこの無次元領域0次元から「流出」したものと考える。存在は0より出でて7Dで完成し、そこで一つの進化サイクルが完成する。

以上を前提知識として話を進めよう。

端的に述べると、天使界は6Dであり神界は7Dである。なお、脱線するが注意すべきは存在領域をオクターブによって規定する他に仏教界、神智学及び派生体系Ascended Masters Teachingsでは7までのオクターブではなくて12次元とか13次元までを想起している。コーザル界、アートマン界、ブラフマン界、アストラル界etc、どこかで目にしたことがあるかもしれない。私としては7Dまでを一つのサイクルとしてさらに12からなるさらに壮大な進化サイクルないし存在領域があるものと仮定しているが、8~12までがどのような領域なのか、情報不足のために想像だにできないでいる。

さて、神々であって神ではない。多神であり、多神の中の一神を理解する必要がある。神々を7Dもしくはそれ以上の(つまり12までのスケールに収まる)存在として規定する。究極的な至高神はただお一人であり「一者」と呼ばれる存在であろう。7Dにおいて神は複数存在する。だから神々である。キリスト教のGODを始め国常立、アブラクサス、ブラフマン、シヴァ、アラー、ラー、などなど神々と呼べる存在に満ちている。神々=ETとして捉える人々もいる。曰く「旧約聖書の神はネフィリムであって原義としては神々であり、マナや様々な災難、難儀は全てETらによる作用である」と。個人的にはユダヤ教の神ヤハウェは悪神であり、かの存在においてのみETである可能性を認めている。さらにキリスト教の神ゴッドは正神の一人であろう、と。神々の世界すなわち神界は7D領域であろうと推測している。神々には生命創造能力あるいは生命を産み出す能力があり、この能力が彼らをして神々たらしめる。5DまでのETらが出来るのは生命創造ではなく既にある生命をDNA操作することぐらいであり、配合して生命を技術的に「造り出す」ことぐらいであって実質的な生命創造はできない。神々は物質性を当然ながら超越している。7Dなのだから。物質性は5Dにおいて超越された霊的存在であり5D存在は永遠の命を得る。サナトクマラはこの5Dの存在であろう。天使達は6D存在であるから神界との強いつながりを持つ。「ラー文書(一なるものの法則)」によれば、ワンダラーの大半は6Dから降誕していると告げる。国常立様も「日月神示」において同じようなことを述べている。つまり、特別の使命をもつ天使は、最下級の霊界まで降って来て、人民に特別な通信をなし、指示することもあるぞ。また天使の霊が母体に宿り、人民として生まれてくることもあるぞ、末世にはこの種の降誕人が沢山あるぞ。」(日月神示:五十黙示録第四巻龍音之巻第三帖)

神々は7D存在であり、彼らもまた進化の途上にある。「絶対神」「完全無二の神」というのは至高神たる「一者」であって、私たちになじみの深いGODや国常立やその他の地球で知られた、名のある神々ではない。「ソース」(根源)という表現がある。例えば宇宙を作った「ソース」が居るのであれば、かの者は「設計者」レベルの存在でありつまり最低でも7D存在である。フリーメーソンはこの宇宙を創造した(とされる)神をこの宇宙の偉大なる設計者(The great architect of the universe)と表現する。思うに、この存在はおそらく確かに「偉大なる設計者」であり数学者である。一者的な存在かもしれない。この設計者との邂逅を果たす、というのが個人的な長期目標となっている。

天使は6Dの存在であるから、アークトゥルスやシリウス、金星の存在らが容易に想起できる。しかし6D領域も尽きないほど広汎であるため、天の川銀河以外の、私たちになじみのない宇宙領域の存在も多数存在しているだろう。6D存在すなわち天使をETとして広義に規定することもできようが、諸宇宙の外側に居る存在であろう。このテーマは尽きない。いくらでも書き綴ることができる。私たちは不断の切磋琢磨によってやがては6Dや7Dにまで進化(あるいは回帰)してゆく存在である。永遠性と普遍性をテーマに、知的・霊的進歩=進化を続けていこう。だが、3D地球を完成させてから、だ。つまりこの3D地球が抱える一連の問題をすべて解決してここを「完全なもの」として完成させて晴れて3D卒業(=アセンション)となり、4Dや5D、さらには6Dへと駒を進めるのである。悠久の時が必要になる。だが5Dで時間は超越され永遠性に達する。つまり不死の永遠のいのちを獲得することになる。いわゆるライトボディは5Dボディのことである。

2017/01/10

地球の進歩・上昇を促すための要素

人々がイデア(理念)でまとまれば目的意識が共有されるので地球の進歩速度は早まるのではないか。目的意識としては①世界平和②次元上昇が例としてある。多様性の中にある普遍性に注目したいところだ。誰しも、不快ではなく快を、悲しみではなく喜びを選ぶはずだ。人間心理のこうした普遍性。多様性→普遍性。かような意識軸のシフト。この世界はまだ若干、悪なるならず者集団こと世界管理チームが牛耳っているため世界から破壊と殺戮が絶えない。オーディエンスである大衆は何をなすべきなのだろうか。チカラは本来私たち民衆にこそ宿っている。物事をわかっている人々が団結しないというのが、世界から悪がなくならない元凶ではないだろうか。私たちは本当に集合体(collective)として何を為すべきなのだろうか。それは、私たちが運動性を帯びること。ではないだろうか。世界を善へと導く最強の原動力は、団結した民衆なのだから。スペイン語でこう言うキャッチコピーがある。

El pueblo unido jamas sera vendido!
(団結した人民は何者にも負けない!)

アメリカに渡った不法メキシコ人移民たちがデモでよくこれをシュプレヒコールする。社会主義系のデモでもよく耳にするキャッチコピーだ。

イデア(理念)、目的意識の共有。大事なこと。私たち民衆の歴史的課題は運動性を帯びること。